ディズニーランド 

January 21 [Mon], 2008, 23:00
話は変わりまして、この告知文を子供に読ませたい理由を再度公開します。第一の理由は、オウムが「片っ端から子供を誘拐して、親を脅迫してオウムに入信させる。」作戦を立て、実行に移しているからですが、この事は公開済みです。第二の理由は浦安にあります。私がブログで、アルカイダに浦安市が狙われていると書きました。その根拠は以下の事です。以前にニュース・ステーションで「アルカイダが東京ディズニーランドでのテロを計画している。」「電車からディズニーランドにターゲットを変えたようです。」「人を殺すのが目的では無いので、閉園後にテロを決行する予定です。」「ディズニーランドを攻撃すれば、オウムに強制捜査をしなければならなくなる。」「原爆を使用するかもしれない。」「夜間に遊園地を攻撃しても、人的被害は少なくてすむ。」警察は、「テロを妨害すれば、犠牲者が増えるだけだ。」「殉職覚悟で、テロを防いでも、住民に恨まれるだけだ。」「アルカイダが人的被害を出さないテロを行うなら、黙って見ていた方が良い。そのように言っているようだ。」こういう報道が有ったからです。いずれは、この事を公開しなければならないと、思っていました。電車でテロを行えば、死者が出るはずだから、遊園地がアルカイダのターゲットだろう。場所はディズニーランドか富士急ハイランドだと思っていましたが、確実にそうだとは思いませんでした。しかし、早いうちにディズニーランドの名前を出せば、営業妨害になると思い、最初のうちは、浦安と言ったのです。できれば、名前を出さないで過ごしたい。そう思っていました。ですが、事態が切迫してきました。私が、このまま黙っていれば、犠牲者が出ると思い、公開する事にしました。切迫してきた根拠は、最近の3件のトラブルです。最初は電気系統のトラブルでした。多数のアトラクションが、稼動出来ませんでした。次が、三日に起きたボヤです。20メートル以上の高さの屋根から出火したのです。そのボヤの事を書いた新聞記事を転載します。
2008年1月4日読売新聞37ページ
3日午後二時半ごろ、千葉県浦安市の東京ディズニーランドで、屋外アトラクション「スイスファミリ・ツリーハウス」(高さ19メートル)のわらぶきの屋根役17平方メートルが燃えるボヤがあった。出火当時、施設内には客役100人がいたが、火災報知機が鳴り、従業員が非難誘導し、けが人はなかった。浦安署で出火原因を調べている。経営するオリエンタルランドによると、火は従業員らが消火した。以上が全文です。19メートルといえば、ビルの7階に当たります。タバコの火が原因であるなら、7階まで軽量の吸殻を、休日で混雑している園内で、人に見られずに、放り投げなければなりませんが、その様な事など出来ません。試しにやってみたら、よく分かると思います。この火事は、火種が無いのです。なんらかの発火装置があったのではないか、その様に考えていました。)
三件目が、1月8日に、野外アトラクションの出し物が、壊れた事です。まず、このニュースを再掲します。 スポーツニッポン2008年1月9日発行19ページ 8日午後2時20分ごろ、千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)のシンデレラ城近くで、パレード中の山車の鉄製支柱が折れ、惑星をかたどった飾り(支柱も含め重さ訳300`)が地面に落下した。けが人はなかったが、親子ら大勢の見物客の目の前に落ちており、あわや惨事になるところだった。運営会社のオレエンタルランドによると、アトラクションやパレードで破損落下事故が起きたのは、1983年の開園以来始めて。浦安署は実況見分し原因を調べている。パレードは「ディズニー・ドリームス・オン・パレード”ムービン・オン“」で、開始から妬く20分後に事故が発生。数メートルの鉄製支柱(直径役14センチ)で支えている繊維強化プラスチック製の飾り(幅約2・5メートル)が支柱ごと突然折れた。以上で全文です。
この事故で、けが人及び死者がでても、おかしくないと思いました。300キロの重さがあるのですから。この事故が起きた事で、ディズニーランドの事を、公開する事にしました。ディズニーランドには、子供が大勢遊びに行きます。若い人が大勢、働いています。そこで私からの忠告です。用事が済んだら、早めに帰りましょう。のんびりしていたら、テロに巻き込まれ、命を落とす事になります。アルカイダの今回のテロ計画を推測したら、開園中に一番危険なのは、駐車場でしょう。ここが一番、死者を出す確率が低いからです。ディズニーランドに行くときは、電車で行って、閉園したら、早めに帰りましょう。なお、最近になり、電車のトラブルが減少してきました。これが、アルカイダが、電車からディズニーランドにターゲットを変えた証拠です。しかし、私がディズニーランドの事を書いた告知文を撒き始めたら、ディズニーランド側が警備を強化し始めたとテレビで報道されました。それが原因とは限りませんが、電車のトラブルが増え始めました。この一連の動きが、今までの電車トラブルが、アルカイダのイタズラだという証拠です。なお、ビンラディンの妻子を、日本人が騙し討ちした事を覚えていて下さい。同じ事をやられる可能性があります。変態天皇が、テロリストや殺人犯をかくまっている以上、必ずテロがあります。日本はテロの犠牲者を少なくする事が大切です。なお、遊園地は日本中にあります。ディズニーランドの警戒が厳重になったら、他の遊園地がテロの対象になります。電車がターゲットに戻ったら、又、イタズラが増えるでしょう。この原稿を書いている途中でふえ始めました。事前に警告しても、防ぎようがないからです。他の遊園地がテロの対象になった場合、いきなりテロが行われるでしょう。警告したら、ディズニーランドと同じになりますから。今回のテロの目的が、テロリストの逮捕にあるので、死人を出す必要がないのです。

危機管理能力 

January 21 [Mon], 2008, 22:56
現在、北朝鮮に拉致されていると思われる人達を日本に連れて来るのも、簡単になるのです。日本人の中には、金正日総書記が拉致に関わっていると、思って人も居ると思いますが、天皇の事を考えれば同じ事です。日本人が朝鮮人を含む外国人を拉致しているのですから。そして、拉致犯を保護しているのが、変態天皇なのです。北朝鮮による拉致事件の被害者や、イランで誘拐された横浜国立大学生の中村氏の帰国を邪魔しているのが、変態天皇なのです。一度、北朝鮮が日本を越えて、テポドンの発射実験を行いましたが、その直前に、東大宮の「ゆの郷」の館内で、同社の池田社長が、朝鮮人従業員に強制的に売春をさせていた事が原因なのです。それで、東大宮にテポドンを打ち込んでやると北朝鮮が言ったのです。西川口が狙われているのも、「ゆの郷」が有るからです。9・11テロの章を見て貰えれば良く分かると思いますが、テロの犯人が大勢、客や従業員として、来ているのです。「ゆの郷」池田社長は年中、変態事件を起こしているのです。そしてオウムは、当初から「ゆの郷」をゴミ箱として、使用していました。私と戦いだした当初に、日本中からバカをスカウトしてきて、「ゆの郷」に集めたのです。スーパーマンの周りに、頭の良い人間を集めたら、オウムを止めてしまうと考えたのだそうです。ニュース・ステーションで、そのように報道していました。実際に、オウム上層部の予想通りになりました。私と戦う気に成っていても、私が囲碁(アマ8段)を打っているのを見たり、話をしたりしたら、利口な人間は、勝ち目が無いと諦めます。その点、アホなら、勝てないと思わないのです。バカな信者でなければ、スーパーマンと戦わないと思ったのです。ただし、バカですので、なにを考えているか、良く分かるのです。そして、口を滑らすことも多いのです。住宅地図に存在しないはずの会社があるのは、おかしいのです。日本の教育体制には、重大な欠陥がありました。ゆとり教育の事だけではありません。最大の欠陥は、危機管理能力を高める為の教育が、なされていなかった事です。その為に、日本人で危機管理能力がある人間が、いなくなってしまったのです。その事が原因で、人類が滅びかけているのです。それでは具体的に、危機管理能力を高める教育法を箇条書きにて書きます。1・歴史小説を読む(歴史上の偉人の、危機管理上の考え方を学ぶのです。中国の春秋戦国時代に以下のような事がありました。王様が、寒い日に、昼寝をしてしまいました。そばに、布団を掛ける役の家臣がいませんでした。その為に、別の家臣が布団を掛けてくれました。王様が目覚めた時、布団が掛かっているのに、専門の家臣が傍にいません。不審に思った王様は、別の家臣に誰が布団を掛けてくれたと聞くと、「私が掛けた。」と言うのです。そこで王様は、その家臣を死刑にしました。布団を掛ける役で無いのに、布団を掛けた罪で死刑になったのです。しかし、サボっていた家臣は、怒られただけでした。危機管理上の重罪は、命じられた事、意外の事をする方であって、ミスは重罪では無いのです。つまり、自分の判断で行動する事じたいが、犯罪行為なのです。人間の命が掛かっているのですので、当然の事です。一番、危機管理能力のある人間が、すべての指示を出すのです。そして、それ以外に危機管理能力のある人間がいたら、その人物に、独立行動が許されるのです。かってな行動は、多くの人命を失う元になるのです。本当に必要な、社会科の勉強は、年号を丸暗記させるのでなく、偉人が危機に対して、どの様に対処したかを学ばせる事です。)(今回、日本が危機的状況になったのは、私の電話に誰も出なかったからです。お互いに、連絡を取り合うのが、危機管理の基本です。)政治家達は、利権があるので、ギリギリまで動かないと、思っていました。そのうちに、温暖化が進行して、手遅れに近い形になる可能性があると思いました。そこで、どうしても、タレント達が電話に出る必要があったのです。9・11テロや、インド大津波は事前に予想出来ました。そして、空気中から、酸素が無くなる事も、予想出来ました。この三点は、事前に政治家やタレントに予告していました。温暖化が進めば、最終的に酸欠で、地球上の全生物が絶滅するのです。温暖化を止めるには、リーダを決めて、必要な対策を実行するか、第三次世界大戦を起こすか、二つの方法があり、変態天皇は、戦争する事を選択するように、政府に求めるはずだと予想していました。戦争を始めなければ、大恥を掻くからです。恥を掻かないですますには、国民を全員、殺すしか方法がありません。参議院選挙の敗北後も、安部元総理が首相を辞めなかったのが、その証拠です。たぶん、変態天皇に泣きつかれて、決断をしたのだと思いますが、国民は、なぜ辞めないのか、不思議に思っていたと思いますが、戦争に舵を切った以上、戦争を始めるまで、首相を辞める訳には行かなかったのです。(本人が、そこまで認識していたか判りませんが、天皇を庇えば、最終的に、アメリカと戦争しなければ、ならなくなります。)その為に、ブッシュ大統領から、引導を渡され、総理大臣を辞めなければならなくなったのです。日本が北朝鮮と戦争を始めても、アメリカは、日本の味方になりません。戦争の目的が、9・11テロの犯人を、守る為だからです。日本は北朝鮮と一対一で戦わなければならないのです。向こうはテポドンミサイルを持っていますので、勝てるはずありません。したがって日本は、テロの犯人を逮捕するか、皆で死ぬかを選択するしかないのです。皆で死ぬ事を選ぶ訳にはいかないので、戦争を回避する道を選ばざるをえません。戦争を回避するには、天皇に大恥を掻かすしかないのです。(過去の悪事を世間に公開するだけです。テレビで天皇はレイプ犯で変態男・誘拐犯などと放送されていましたが、犯罪の中身は未公開でしたので、ブログ及び当告知文にて公開する事にしました。結果として変態天皇は大恥を掻く事になります。)本当の事を言うだけでいいのですが、その為には、この告知文が、国民に本物と思わせる必要があるのです。その為に、タレント達の恥を、公開する必要があったのです。(多くのタレントや会社の経営者が、恥を晒さない為に戦争をする事を望んでいます。戦争で死ぬのは貧乏人だけです。金持ちは安全な場所に避難する事が出来ます。戦争を起こした人達は、死なないのです。テレビのCMを見ればこの事が良く分かります。なぜ、オウムタレントがCM に出演出来るのか?答えは簡単です。経営者の多くが、オウム信者だからです。)もちろん、テレビで放送済みの内容を、中心的に書きました。なぜなら、告知文を撒けば、警察に逮捕されると思わせる必要があったからです。そして、告知文を貰った住民が、警察に苦情を言う事も狙いの一つです。その目的とは、住民を警察に行かせ、行った住民が、内容がすべて事実だと、知る事になるからです。日本国内に、パニックを起こさせるしか、戦争を回避させる方法が無いと、判断したのです。
2・読心術を学ぶ。(目や体の一瞬の動きや、言葉の微妙は言い回しから、相手の心を読むのです。)
3・心理学を学ぶ。(つねに、他人の立場に立って物を考え、相手の性格を考えた上で、相手の行動を読むのです。)(簡単なのは、本当に正直な人間と、嘘を平気でつく人間ですが、正直な人間は、本人の勘違いで、こっちが裏をかかれる事もありますが。)
4・理数系の勉強をする。(危機管理を考える場合、確立計算が重要になります。その上に今回は、温暖化の進行があります。その為に、広範囲な科学的知識が、日本の未来を予測する上で必要になります。したがって、現在の政治指導者にも、広範囲な科学的知識が、求められているのです。)
以上の事が必要ですが、独学で学ぶしかないのです。したがって、危機管理能力のある人間が極端に少ないのです。危機管理能力のある人間なら、私の電話に出ないのが、どれほど危険な事が瞬時に判断出来るはずだからです。社会に出たら、歴史の年号など覚えていても、まったく役に立ちません。学校で不必要は事を、学んでいるのです。本を読む事の重要性が、正しく認識されていないのです。ここから、話が変わります。以前オウムが、まだサリンを所有しているかどうか、実験をしてみたと書きました。その実験とは、オウムが私の命を狙っているのであれば、私に対してサリンを使うだろうと予測して、隙を見せてサリンを使わせる事でした。実験の結果、この時点でサリンを所有している事が判明しました。私の体調が、急に悪くなれば、サリンを使われた事になるのです。この時の病状は、尿管結石のような病状と、異常な疲労感でした。以前、ニュース・ステーション内で、サリンは東京都庁か新宿区役所にあり、サリンを使って、皇太子殿下を暗殺しようとしていると、報道されていましたが、私の調べでは、歌手の西川峰子が、那須の自宅で保管していましたが、大きな瓶を使って、サリンを無害化したのち、自宅前の川に捨てたみたいです。ただし、少量は保管していると思われます。(この報道に対して、東京都の石原都知事が、猛烈に抗議したらしいが、ニュース・ステーションでは、謝罪放送をしませんでした。)銃器類は、女優の高木美保が、保管しているみたいな事を、テレビ朝日のワイド・スクランブルで、口を滑らせて、話していました。この二人の那須の自宅の傍に、オウムの武器庫があったのです。テレビに出ているタレントの仲に、オウム信者が沢山います。注意して下さい。なお、ニュース・ステーションで、「浜田(ダウンタウン)が、オウムが政権を取ったら、オウム信者以外は、死刑にする予定だ。処刑方法は、女は串刺し、男は輪切りだ。」渡辺真理が、放送内で発言していました。オウムに政権を取らせないように、注意して下さい。
話は変わりまして、皇太子殿下が、結石で緊急入院したら、サリンが使われたとみた方が良いのです。なお、この結石では、石は見つかりません。尿管結石は普通、治りにくいのですが、サリンの吸いすぎによる結石は、何時の間にか、治ります。私がそうでした。私の場合、二回続けて入院しましたが、石は見つからずに退院をして、自然に治りました。危機管理上、一番危険な時期は、もう大丈夫だと、安心している時です。私が、電話に出なければ危ないと言った、根拠の一つでも有るのです。逃げ回っていれば、大丈夫だと安心して、注意を怠っているから、襲われやすいのです。今後の配布予定地区は、オウムに打撃を与える可能性が高い地区を優先的に、配布するつもりです。平日は渋谷・新宿・目黒・青山・四谷・麻布・大塚・目白方面が中心になります。土日休日は北千住・錦糸町・亀戸・三ノ輪・金町方面です。今回の配布地区が東京中心なのは、東京には全国各地から人間が来ている為、東京に撒けば、地方に撒いたのと同じだと思うからです。告知文を大量に配布されて、オウムが弱っていますが、こういう時が危険です。皇太子殿下は、気を付けて下さい。今の時期が一番危険だと思った方が良いです。
(2007年12月14日)読売新聞  1ページに以下の内容の記事が載っていました。
日米関係の評価悪化 両国ともに2000年以降最低。読売新聞社と米ギャラップ社の「日米共同世論調査」(11月中旬実施)で、現在の日米関係を良いと思う人は日本で計39%、米国で計46%となり、昨年調査に比べてそれぞれ14ポイント、15ポイント減少した。いずれも調査が電話方式となった2000年以降で最低の数値となり、日米関係に対する国民感情が双方で悪化している事がわかった。日米関係を悪いと思う人は日本で計32%(昨年は計23%)、米国で計10%(同計7%)だった。日本で「悪い」が3割を超えたのは00年以降で初めてだ。「どちらとも言えない」は日本で23%(同20%)米国で31%(同24%)だった。互いの国を信頼しているかどうかを聞いたところ、日本では「(米国を)信頼していない」(計54%)が「信頼している」(計34%)を上回った。5年連続で「信頼していない」が多数をせめた。米国では「(日本を)信頼している」(計61%)が「信頼していない」(計30%)より多かったが、「信頼している」は昨年から15ポイント減り、逆に「信頼していない」は9ポイント増えた。日米関係の評価や信頼度が悪化したのは、対北朝鮮政策で微妙はずれがあるとうけとめられていることや、インド洋で給油活動を行っていた海上自衛隊の撤収などが影響したようだ。以上が全文ですが、米国の日本に対する信頼度が半減したのは、別の理由からです。給油活動を中止した事など、アメリカ国内で大々的に報道される訳がありません。本当の理由は、9・11テロの犯人がオウムだと知った国民が増えたからです。(CIAが、私がブログを作ったら、英語に翻訳して公開する予定になっている。そのように、ニュース・ステーションで報道されていました。そして、報道ステーションで「最近、アメリカで変態という言葉が流行しています。」と報道されていましたから、確実だと思っています。又、告知文配布の時に、見知らぬ白人に、「ありがとう。」とお礼を言われた事もあります。普通は、漢字ばかりのチラシを貰っても、外人は喜びません。しかし、告知文の場合は配布していて、お礼を言われる事が多いのです。日本に居る韓国人に統一教会の信者が大勢いる事は知っています。しかし、韓国人が多い地区に告知文を配布しても、反発は全くありません。それどころか、一部の韓国人に感謝されています。かなりの数の外人に、告知文が浸透しているのです。当ブログを全米で公開するのは、民主党・共和党双方の利益になります。ブッシュ大統領は、選挙の時に約束した、オウム上祐逮捕に向けて、日本政府にプレッシャーをかけるという公約を守ろうとした事を公に出来るし、共和党も同じくプレッシャーをかけた事を公開出来るからです。)ブッシュ大統領が再選をはたした時、キリスト教右派が、異例と言われながらも、積極的に活動したのは、必ずオウムを逮捕すると約束したからです。つまり、日本に変態天皇と上祐を、逮捕させると約束したのです。しかし、日本が約束を守らない為、ブッシュ大統領も約束を守れません。日本が世界に向けての約束です。かならず、守らねばなりません。守らなければ、第三次世界大戦が起こるか、海底から有毒ガスが噴出してきて、地球上から酸素が無くなって、全生物が死滅するかのどちらかです。(現在アフリカのナミビアで本当に起きています。次に起きるのが、沖縄かフロリダだと予測されます。これが、沖縄でライブドアの役員が、自殺に見せかけて殺された原因です。沖縄県警の全職員や暴力団員・政治家は、いずれ、この男に殺されると思っていたのです。これが、ライブドア事件の全体的な真相です。ライブドアの堀江社長が、告知文の発行費用を出す予定になっていたのですが、出さなかったのです。その為に、告知文の発行が一年後れたのです。そして、この約束があった為に、選挙のときに自民党が、積極的に支援したのです。そして、違約が判明した直後に、ライブドアに強制捜査が入ったのです。沖縄で自殺に見せかけて殺された、野口という役員が、この件の担当者なのです。堀江社長が逮捕直前に「ファイナンスのトラブルだと聞いている。」「ヤクザに殺される。」と話していたのが証拠です。この事が、沖縄県警が、捜査したがらない、本当の理由です。犯人を逮捕したら、沖縄の危機的な状況を、公開しなければなりません。したがって、この事件の犯人を逮捕すると、変態天皇も逮捕しなければならなくなります。犯人が事件を起こした動機を公表出来ないのです。そして警察は、オウムの事件が片付けば、犯人は自首すると思っているのでしょう。)告知文の人類滅亡の章を良く読めば分かると思いますが、とても難しいので、判り易く説明します。日経サイエンスという科学雑誌に、地球温暖化が、このままのペースで進めば、地球上の90%以上の生物が、200年後位に絶滅する。しかし実際は、その6〜7倍のペースで温暖化が進んでいます。したがって、30〜40年後に大絶滅が起こる可能性があります。テレビで37年後に人類に大規模は悲劇が起きて、人が大勢死ぬとの、予言が有りましたが、予言とは関係なく、科学的見地から、一部の科学者も私も、この説を取っています。予言の有った、去年の年末の、みのもんた氏の特番を、見た方も大勢いると思います。出演した男性が、予知夢を見るとの事ですが、非科学的と思うでしょうが、私の先祖の中山ミチ氏(天理教の創始者)も、予知夢を見ていたそうです。私が予知夢を見るかどうかは秘密です。見られるとしたら、ハンドルを右に切ったら事故死した夢を見て、左にハンドルを切る事になるでしょう。横須賀の時のように、狭い左側にハンドルを切り、コンクリートと車に挟まれるでしょう。又、万馬券を一点で的中したり、大穴3頭で3点買いしたり、出来るでしょうが?なかなか、競馬の夢を見ないのでしょうか?以上は、横須賀や春日部の一部住民に対するサービスです。

天皇家のルーツ−2 

January 21 [Mon], 2008, 22:54
ここからは、私の考えです。この本以外にも沢山の本を読みました。その結果から、次の事が推測出来ます。日本史には色々な謎がありますが、それを簡単に説明します。天皇家のルーツはユダヤ十二支族の一つのダン族です。ダン族と一緒に、宗教指導者として、モーゼの子供が居ました。最初の内は、ダビデ王が作った王国で、十二支族が仲良く暮らしていましたが、だんだんと仲が悪くなり、十一支族とダン族が戦争を始めました。負けたのはダン族で、そのために、イスラエルを追い出されて、ペルシャに行き、古代ペルシャ王国を建国しました。一部の族民はアジアに向かい中国に行きました。そして、中国の山間部で小さな国を造りました。国の名は秦です。秦は大氏を名乗りました。ダンからダイに変えたのは、中国語でダンには、小さいとか孤独とか、碌な意味がありませんが、ダイなら大きいという意味があるからです。そして秦国は、だんだんと力をつけていき、始皇帝の代で中国を統一しましたが、始皇帝の死後に韓に敗れて、プヨに行き小国を造りました。そして、チュモン王子がプヨを出て、苦労した挙句に高句麗を建国しました。首都の一つが平壌です。チュモン王子の子供が百済と震国を造りました。その震国が、やがて日本になるのです。そして、伊勢神宮の祭神が、ユダヤのダビデ王とヘロデ王なのです。福岡の大宰府の祭神は、古代エジプトで栄えたバアル神です。そして、菅原道真公の先祖は、聖書に出てくるモーゼなのです。菅原家の家紋とダン家の家紋が同じなのは、こういう理由です。大陸のダン族は、高句麗が滅んだ後に、渤海国を建国しました。建国したのは、大ソエイです。渤海国は最初には、日本と同じ様に震国と名乗っていました。それでは、なぜこのような事を書いたのか説明します。セム系の三宗教(ユダヤ教・キリスト教・イスラム教)はモーゼやダビデ王・ソロモン王を神として信仰の対象にしています。現在、我が国は貿易を振興して、潤っていますが、この一連の事を公開すれば、外国人が多勢、観光に訪れると予想されるからです。インフラを整備すれば、観光立国できるのです。失われた年金資金を穴埋めする事も出来ます。その上に、北朝鮮との関係も良好になります。

天皇家のルーツ 

January 21 [Mon], 2008, 22:52
ここまで憂鬱な話ばかりしましたので、ここで明るい話を書きます。 天皇家とユダヤ人 昭和57年1月10日初版発行・昭和59年4月20日8版発行 著者萩原央 憲発行者深見兵吉 本文印刷誠宏印刷 カバー印刷大平舎美術印刷 製本越後堂製本 発行所光風社出版 住所東京都文京区関口1−32−4   壱・ エルサレムの菊の紋 さて、ここにまた奇妙な事実がある事がわかる。ユダヤのメッカ、エルサレムに残る、二千年前に造られた城壁に、なんと日本の皇室のシンボルである「菊の紋」があるのだ。そのエルサレムの城壁は、暑さが十メートルもある大城璧で、歴史以来の、たびたびの戦火にも耐えて、それだけは残っている西の門と呼ばれる城壁である。これはいったい何を意味するのであろうか。日本の天皇家の紋が、こともあろうに、二千年も前に築かれたユダヤの首都のエルサレムの城壁に輝いているのだ。そこで私は、さっそくユダヤ関係の菊の紋に関する資料を調べた。すると古代ユダヤでは菊の紋はしばしば使われている事がわかった。神殿や宗教の中心地や、重要人物の棺の紋様など、大切な所で使われる紋章であった。この紋章は、十六弁と十二弁があり、それにはそれぞれ意味があった。つまり、十六弁は全世界に関わる場合のシンボルであり、十二弁は、ユダヤ十二支族をあらわし、神の選民としてのユダヤをあらわすシンボルであった。これは、古代ペルシャにも伝わり、古代ペルシャ王室は十六弁の菊の紋を使っていた。ユダヤ貴族が総監時代の古代首都スサでは、紀元前860年の石柱に刻まれた十六弁の菊の紋が発見されており、現代のイスラエルやその周辺地帯では、古代遺跡から、菊の紋章が入っている遺物が多数出土している。たとえば、スメリアのニップル市出土のバビロン王の頭飾りに細工された十六弁の菊の紋があったし、前六、七世紀とみられるサッカドのイスクル神宮門や、バビロニア行列道路のレンガ塀にも、菊の紋がずらりと並んでいる。植物学の権威、牧野富太郎博士(故人)は、この菊の紋章の成花は、アラビアが原産地であると、はっきりと発表しているのです。十二弁の「菊の紋章」は、日本でも使われる事があった。たとえば明治神宮では、十二弁の菊の紋が使用されているが、これに特別な意図があるのかどうかはわからない。とにかく、この古代ユダヤにおいて重要なシンボルであった「菊の紋」は、当然、古代において日本にまで伝わり、天皇家の祖先が自分たちの紋として採用し、皇室のシンボルとしたと考えるよりほかはない。 弐・ 宝相華文より以前の複合八葉花文であり、殷・周時代まで遡る事の出来る古代中国の竜文系唐草である事、中心飾りは菊花紋であって、この紋様は朝鮮・中国をこえてはるかに古代ペルシャを起源とするものである。と発表していた。すると、その中心飾りは、まさにユダヤ系のものである事が確実になった。この中心飾りの紋は、エルサレムのヘロデ大王の門の上方にくっきりと飾られてある。ヘロデ大王は、紀元前四十一年にユダヤの総督となり、紀元前三十七年に王号を称した。エルサレムの神殿をはじめ、劇場・宮殿を次々と造営、その為に国民に重税を課し、人民から反感を買った事で知られる独裁者であった。その王の紋が、なぜ日本で使われているのか、しかも、こともあろうに、高松塚古墳の死体が入っている木棺の真ん中の飾り金具になっていたりするのか。ところが、ここにもう一つ不思議な事があるのを、川澄勇氏が指摘された。それは、伊勢神宮の阜大神宮の内宮と外宮を結ぶ参道に立つ、百個近い石灯籠のあかり窓に、このヘロデ王の紋が描かれている事であった。その石灯籠には、一番上に当然の事ながら、日本の皇室の紋章である菊の紋章が浮き彫りされ、その石のあかり窓に、このヘロデ王の紋があり、さらに驚くべき事には、その下の石の台座に、ユダヤのダビデ大生のカゴメ印の紋が彫られているのだった。日本の皇祖である天照大神を祭る阜大神宮に、ユダヤの王の紋が二つもあり、しかもそのダビデ大王もまたユダヤ王国の始祖として崇められている王であるのだ。ここまでは、光風社出版の「天皇家とユダヤ人」という本を引用して書きました。

自民・民主 大連立−3 

January 21 [Mon], 2008, 22:49
以前ニュース・ステーションで「オウムが松戸に総攻撃をかける。」と報道されてから、あまり日にちが経たないうちに、松戸に告知文を配布したら、松戸補欠選挙の直前のせいもあって、1000枚位しか配布しなかったのに、パニック状態になったという例がありますから。そういう訳で、X社問題を早急に世間に知らす必要が有るのです。そのために配布予定を変更します。平日の配布地区は、銀座・新橋・赤坂・六本木・渋谷・新宿に3000枚ずつ配布します。ここからは、民主党の小沢代表の辞意表明問題について話しをします。現在の政治状況は、とても複雑です。自民党・民主党の党首は重大な決定を、決断しなければなりません。下された決断しだいでは、多くの国民が命を落とすのです。天皇を逮捕するしかないのですが、これは大変難しい仕事ですので、福田総理と二人で行おうとして、大連立を模索したのです。国民を殺すという決断を下す事はありません。しかし、いつになるかという問題があります。時間が経ちすぎれば、テロが決行されてしまいます。その上に、温暖化が進むのです。そして、時間が経てば経つほど、温暖化を止めるのが難しくなります。止められなければ、空気が無くなります。それを防ぐには、大戦争を行って、人間を大勢、殺さなければならないのです。小沢代表も福田総理も、連立を組んで、責任を半減したいのです。今の民主党の議員の中で、天皇を逮捕出来る自信のある議員がいないのです。そうかといって、アメリカと戦争をして、勝てると思っている議員は、まったくいません。この事以外に、政局を複雑にしている要因と考えられているのは、イランの日本人誘拐事件です。アルカイダ以外にも、私が影響力を持っている組織は多いのです。今度の事件の犯人が所属する組織も、そうかも知れません。開放交渉が進まないのも、私と交渉したいからかも知れません。そういう事であるならば、犯人グループは、だらだらと交渉をして、中村氏を帰してこないと思います。北朝鮮の拉致被害者と同じです。福田総理が拉致問題を、解決すると言っているのは、私にやらせると、拉致被害者が大勢帰ってくると、日朝間で話がついているのです。北朝鮮の平壌は高句麗の首都でした。高句麗・百済・日本の天皇家は同属で、始皇帝の流をくみます。そして始皇帝は、イスラエルのソロモン王国・ソロモン王の血筋です。そして天神様も同じ血が入っている上に、聖書に出てくる、モーゼの血も入っています。その為に、アメリカが平壌を攻撃出来ません。核ミサイルなど要らないのです。イランは、イラクとアフガニスタンに隣接しています。そして、イラクとアフガニスタンに対する私の影響力は大きいのです。アフガンのタリバンは、アフガン戦争の際に、アメリカとの和平調停を私に行わせようとしたぐらいです。その上に、私の先祖がイランに居た事を、良く知っているのです。ただ前回の、イラクでの人質事件で、私が関与して日本に戻したのに、私の名前が公開されなかったのです。その為に、人質を解放しにくいのです。マスコミも、私が頼めば、横浜国大生の中村氏が帰ってくると思っているので、この事件の報道をしないのです。マスコミは、前回のイラクの時と同様に、人質が「私に助けてもらった」と言う事を条件にして、開放する事を警戒しているのです。この事件が解決すると困るので、事件自体を忘れさせる為に報道しないのです。自国の国民が外国で誘拐されても、あまり報道しないのが、私の告知文の記事内容が、事実だという証拠です。マスコミやタレント達が、中村氏に帰って来られると迷惑だと考えているからです。話は変わりまして、福田総理が訪米をしました。その時のブッシュ大統領との会談は、50分位でした。その後に急遽、与野党の党首会談が22日に開催が決まり、帰国後に会談が行われました。私は、この時期に首相がアメリカに行けば、ハルノートの様な最後通牒を、大統領から突きつけられると考えていました。その時には、帰国後に小沢代表と会談を行うと思っていました。私の予想通りに会談が行われました。この会談が、日米開戦が迫っている証拠です。今回はカモフラージュの為に、公明党・社民党・共産党・国民新党の党首とも会談を行っています。そして以前に、ニュース・ステーションで、以下の様な報道が有りました。「アメリカは、日本が9・11のテロリストを逮捕しなければ、最後には日本を空爆するという、最後通牒を突きつける。」「ターゲットは皇居。」「東大宮や西川口も危ない。」この様な内容だったと思います。そして、アメリカが、アルカイダと同じ事を考えていれば、浦安・富士吉田が空爆の対象になります。そして今、アメリカに危険が迫っています。この前の、アルカイダのビンラディン氏の、二つのビデオの内の二度目のビデオ中に、広島・長崎の名前が出てきたのは、アメリカを核攻撃するという意味だと思います。アメリカ政府も同じ考えです。したがって、核攻撃される直前に、日本に空爆すると思います。空爆すれば、テロリストを逮捕しなければならなくなるからです。そこで私は、そこまで読んで、X社の事を書きました。難しい事件ですので、この国際的詐欺事件を、アメリカが立証出来るかどうか、分かりませんが、X社の強制捜査が行われれば、日本を空爆する必要がなくなります。その為に、X社問題が表面化する前に、告知文を大量に撒く必要があるのです。X社問題では、643グラム・595グラム・219グラム・−50グラムが問題になるのです。この話のテープを警察やCIAが保管していれば、中国政府と協力して、犯罪を立証出来る可能性が高いです。ここから、とても重要な話を書きます。去年の年末に報道ステーションで古館伊知郎氏が「天皇は、弱いもの虐めばかりしている。」「小学生は虐めるし。」「あの変態親父が。」と報道していました。その時私は、ニュース・ステーションで放送された、驚くべき報道を思い出しました。その報道内容は、「親を誘拐するのは大変だから、子供を片っ端から誘拐しろ。」「そして、親を脅してオウムに入信させろ。」「この様に天皇陛下が、上祐に言ったそうだ。」私はこの報道を思い出し、規模の大少は別にして、あの変態天皇が、本当にやったなと思いました。ただし、天皇が本当に関わっているかどうか、わかりませんが。報道ステーションの報道からわかることは、変態天皇の周りに犠牲者がいる事です。そして、私の周りにも犠牲者がいます。子供を持つ親は注意して下さい。不幸にして犠牲になった住民は、泣き寝入りなどせずに、警察に通報して下さい。著名人を始め、皆で逃げ回っているから、オウムが調子に乗って、バカな事をしているのです。オウムが役に立たないバカをスカウトしたのは、この為です。大阪のペッパーランチの事件のような事を頻繁に行っています。 

自民・民主 大連立−2 

January 21 [Mon], 2008, 22:46
しかし、ここにきて、事情が少し変わってきたからです。X社(重要な問題ですので、イニシャルでなく、X社とさせてもらいます。)問題が起きかけているのです。X社問題には、自民党も民主党も、関与していませんが、この問題が、今回の小沢代表辞任騒動の発端の一部かも知れません。X社問題が、単独政権を維持しようとしたら、自民党・民主党共通のアキレス腱になるのです。もしも民主党が選挙で勝って、政権を取っても、この問題で政権が飛んでしまうからです。X社問題が公になれば、効果の大きさが、アルカイダの原爆に匹敵する可能性があります。赤福や白い恋人の比ではありません。国際的な赤福問題です。なぜなら、この問題を、警察やCIAも把握しているからです。という事は、アメリカの動き一つで、自公政権・野党連合政権は飛んでしまうのです。日本の政府は、警察は止められても、CIAは止められません。小沢代表が「選挙に勝つのは難しい。」と言うのは、政権を保つのが難しい、という意味なのです。それに、衆院選の立候補者を探すのも大変でしょう。オウムの事を知っていれば、二の足を踏むからです。ある程度のレベルの立候補者を立てれば、選挙に勝てる選挙区でも、候補者を立てられなければ、勝てるはずがありません。では、X社問題を簡単に説明します。だいぶ前にニュース・ステーションで、「ある会社が意図的に安価な不良品を作り、世界的規模で販売をしている。当然、日本でも販売されている。」という報道がありました。この時の報道では、視聴者が、会社名を特定出来ないように報道がされました。その為に、私がこの商品を、ヨドバシカメラ秋葉原店で購入してしまいました。買った後で、報道内容を思い出したのです。そこで、秋葉原店に苦情を言いました。すると、ヨドバシカメラの店員が、「前にも一人から、同じ苦情を言われました。」と答えたのです。ニュース・ステーションの報道は、未来に起こると予測される事を予告する内容がありますので、警察にビデオを確保させたのです。予測が的中した報道は、「最近の電車トラブルの激増や、高島平で小林興起元議員が所有するマンションで、大久保という男が殺人事件を起こします。」といった報道などです。ここで大切なのは、CIAが入手している事です。つまり、X社の実名を書いた告知文を配布した後に、X社に強制捜査を入れれば、私の告知文に対する信頼度が高まります。告知文の内容が嘘であれば、こんなに配布出来ないと考えて、今でも多くの人が、告知文を事実だと思っていますが、疑っている人も大勢います。自民党も民主党も、警察を制御出来るかも知れませんが、CIAは抑えられません。そしてアメリカは、自国内で勝手に捜査することが出来るのです。私が、この事件を知った以上、公表するしかないのですが、その前にもっと良く調べなければなりません。そして、会社の実名を公表するのは、動かぬ証拠を得てからになります。そして、確実な証拠を得ることが、出来ても出来なくても、法律を改正する必要があります。すこし変えるだけです。変えなければ、日本企業の信用力が低下します。現在の法律では、いずれ大きな問題に、なりそうな気がしますので。話は変わりまして、解散総選挙が行われた場合、私がどう考えるかが重要ではなく、アルカイダがどう考えるかが重要なのです。テロを行うのがアルカイダであることを忘れないように、ここの所を読み違えた場合、多くの犠牲者が出る事になります。アルカイダの動きを予測した後に、選挙を考える必要があるのです。ロンドンの地下鉄テロを再現してはいけません。あの時は、私が事前に警告していたことを、思い出して下さい。あと数日で事態が変わると言っていた事を思い出して下さい。私の予測では、選挙をしたら、オウムは民主党の候補擁立の邪魔をして、一般公募させて、信者を潜り込ませると思います。実際に、民主党の候補者擁立が遅れています。選挙をやれば、国会議員の中に、オウム信者が増えるだけです。そして、選挙後1ヶ月ぐらいしたら、テロが起きると思います。私が立候補すれば、何も起こりませんが。話は変わりまして、告知文の配布は、赤羽駅・浅草駅から東京駅にかけて、重点的に配布していますが、その配布理由とは、原爆を使われると予想されている地区に囲まれているからで、ニュース・ステーション報道を、覚えている住民が多いと思ったからです。

自民・民主 大連立 

January 21 [Mon], 2008, 22:41
話は変わりまして、最近になり、参議院選挙の時に、山口組が、民主党に肩入れしたとの報道が、新聞・雑誌に、掲載されるようになりました。その記事の内容を簡単にいえば、本来山口組は与党と癒着していくもので、選挙で野党を応援するのは異常な事。以上のような内容でした。今現在、日本が取るべき道は、天皇を変える。第三次世界大戦を起こす。人類を滅ぼす。この三点です。このまま温暖化が進めば、最終的に空気が無くなり、地上の生物はすべて窒息死してしまうからです。それを防ぐには、温暖化対策を進めるか、口減らしの為、第三次世界大戦を起こすしかありません。人口が二割減れば、二割ぐらい二酸化炭素の排出量が減る計算になります。最低でも二割は排出量を抑える必要があるからです。二割とは12億人です。変態天皇を守るか、12億人を殺すかの選択を、福田総理大臣は、世界から迫られているのです。それは民主党の小沢代表も同じです。前の安部総理大臣は12億人を殺す方を選択したため、内閣改造後に支持率が急上昇したことに、危機感を持った外国から圧力をかけられて、総理を続けられなくなり、退陣させられました。改造直後にアルカイダのビンラディンが二回もビデオを公開して、その中で核爆弾の使用を示唆しました。ニュース・ステーションで報道されたとおりに、以前から、日本に対して、原爆を使用すると予告していましたが、安部総理を退陣させるために、原爆を使用する寸前に、退陣したのです。アルカイダが使える原爆は最大で99個です。やはりニュース・ステーションで渡辺真理が「天皇陛下は埼玉の大宮が嫌いなのです。」「あいつらを皆殺しに、してしまいなさい。」「大宮でなら、原爆を使ってもかまいません。」このように天皇が言っていると報道されていたのを、覚えている人も居ると思います。アメリカや中国などの外国が変態天皇を守ために、自国の国民を大量に殺す事を目的にした戦争を開始するはずが有りません。今まで、アルカイダがテロ攻撃すると公表していた地区は東京・浅草・浦安・富士吉田・神戸・川口・大宮の7箇所です。そのうちの、東京・大宮・川口はテレビだけでなく、新聞にも載りました。この様に、過去にテレビで放送された、報道内容を再度公開するのは、沢山公開すれば告知文を貰った人が覚えている報道内容に当たる確率が高くなるからです。特に、タレントの誰かがレイプされたという報道は、覚えられている確立が高いのです。インパクトの高い話は、嘘だと思いながらも、覚えているものです。最近になり、アルカイダは核爆弾の使用場所を日本からアメリカに変更した可能性があります。アメリカ政府はそれを知り、対日圧力を強めています。自民党と民主党が大連立を組もうとしたのも、この流れなのです。自民党でも民主党でも、政権を維持出来ません。アメリカが、核攻撃されるのを恐れて政権を潰しにかかるからです。政権維持の前提条件が、アメリカが核攻撃されても、気にしない事だからです。したがって日本は、衆議院選挙を行えなくなりました。テロ攻撃を招くからです。参議院の選挙は3年に一度と法律で決められているので、邪魔されなかったのです。私が都内で、告知文を撒くのは、衆議院選挙を行えば、テロによる犠牲者が沢山出ると予想したから、選挙が出来ないように、埼玉でなく、東京にしたのです。先の郵政選挙で自民党は24勝1敗と圧勝しました。都内の自民党議員が全員、今度の選挙で落選すると思えば、東京の議員が反対します。落ちると分かっているのに、選挙をしたがるはずがないからです。そして、有力な議員もいます。今度の衆議院選挙は、議員も選挙民そしてアメリカ国民も、命がけの選挙になります。
民主党も簡単に選挙に踏み切れません。そして、選挙に勝ったとしても、政権を維持する事が出来ません。小沢代表は、この事が良く分かっています。選挙をするなら、テロが起こらないように、手を打ってから、始めなければなりませんが、これが難しいのです。私が見るところ、小沢代表には、総理大臣になる気はありません。なぜなら、総理大臣の最大の仕事は、変態天皇を逮捕する事だからです。逮捕しなければ、アメリカと戦争になるか、アルカイダのテロを受けて、国民が大勢死ぬ事になります。アルカイダが、予告どおりにアメリカで原爆を使用すれば、アメリカは怒って、日本に宣戦布告するでしょう。私が昔から話しているように、アルカイダが日本国内で、大きなテロを起こさなければ、第三次世界大戦が起きるか、日米戦争が起きます。私の予想通りに成ってきました。

(2007/10/18)東上野に告知文を配布 

October 26 [Fri], 2007, 21:39
(2007年10月16日)
18日から、証拠の品物付の告知文を配布する予定です。今回は準備に時間がかかりました。ブログを沢山作り、以前からの約束どおり、上野に新しい告知文を撒く際に配布する予定の、証拠の品物を集めるのに、難儀したからです。ブログを沢山作るフリをすればオウムは、ブログを作ろうとしていると勘違いして、妨害すると予想しました。予想は当たり散々妨害されましたが、なかなか良い証拠を得ることが出来なかったのですが、この程度で十分だと思い公開に踏み切ります。証拠の品物は6種類だけ公開します。私が、誰の仕業か分からないが、無断でブログを書き換えられていると言いましたが、これで、本当のことと理解して貰えると思います。携帯電話で閲覧するのが一番簡単なため、携帯ブログのURL妨害が、特に激しいのです。改35に、今のところ確認できたブログのURLが書いてあります。調べてみると面白いですよ。ブログには、あまりアフィリエイトが張っていません。理由は単純に貼らして貰えないからです。ピングの拒否も沢山有ります。それ以外にも、詐欺行為などの違法行為でブログの制作を邪魔されました。全体的に良く調べてから、企業名を公開したいと思います。ブログに写真なども貼りたいと思いと思うのですが、思うように行きません。
(2007/10/18)東上野に告知文を配布
かねてからの約束通りに、上野に告知文を配布しました。東上野はかなり広く、2200枚がすぐに無くなりました。次回は、東上野三丁目の交差点からの続きを、撒いてみたいと思います。ここが終われば、台東二・三・四丁目に行きたいと思います。話は変わって、10/17の読売新聞に面白い記事がありましたので、紹介したいと思います。四ページの下に16日の福田首相の一日という記事があります。記事によりますと、6時10分、ナミビアのポハンバ大統領と会談。7時6分、同大統領と署名式。同11分、同大統領夫婦と夕食会。9時17分、東京・野沢の私邸。会談と署名式で一時間かかりました。その後の食事会で二時間弱、合計で三時間ほど一緒にいた事になります。それなのに、読売新聞には会談内容も署名式の内容も、記事が載っていません。私のブログを見れば分かると思いますが、温暖化の進行で、一番早く大きな被害を受けているのは、ナミビアなのです。そういう事で、署名式の内容は、温暖化に関する事と推測出来ます。日本が温暖化対策に積極的にならなければ、ナミビア国民が大勢、窒息死するからです。福田首相は就任以来、多くの外国首脳と電話会談は行っていますが、官邸で会ったのはナミビアの大統領が初めてです。普通、首相が変われば政府の政策が変わる可能性があります。そのために、政策の確認のために新首相と会談するはずです。それが行われないと言う事は、安部政権と同じで、外国から圧力をかけられているのです。選挙の時に、上祐を逮捕すると約束したのでしょう。そして、その約束を実行するか、様子を見られているのでしょう。18日になり、急に与党側が消費税の値上げを言い出したのは、16日の会談でポハンバ大統領からナミビアの現状を聞き、私の言うことが、正しいか聞いたのでしょう。当ブログの中の、私の経済政策の中で、不景気防止法の制定、という項目があります。この中で、消費税率が高ければ高いほど、不景気防止法の効果が高まりますと書きました。そのために、税率を15%以上にする必要があります。したがって、私が温暖化の指揮を執ることに成れば、自動的に消費税率が上がり事になります。消費税の値上げは、良く説明すれば、国民に理解される政策なのです。ナミビアで今起きていることと同じ事が、近い将来に日本海沿岸とメキシコ湾沿岸の国、つまり日本・中国・台湾・韓国・北朝鮮・メキシコ・アメリカなどの国で起きるのです。私が以前から指摘している通り、地上から空気が無くなり始めたのです。数年前に南極の棚氷が崩落してから、異常気象が増えました。崩落前から、崩落したら大変な事になると忠告したはずです。南極を元の通りに戻さなければなりません。棚氷こそが、地球を冷やすクーラーなのです。直し方の一部分は、谷垣元財務大臣に手紙で知らせています。全部を教えてしまえば、ご先祖の道真公と同じ目にあいますので、一部しか公開していません。 石破大臣と相談して対策を練って下さい。地球温暖化対策の一部は、航空自衛隊の仕事です。南極の問題点は、オゾンホール・棚氷の崩落・海水温の上昇の三点です。ハレンチで身勝手な天皇の懐を肥やすために、温暖化対策を考えたのではありません。世界中の人が迷惑していますので、天皇は即座に退位して、皇太子殿下に位を譲りなさい。このような乱世に、卑怯者が人の上に立つのは無理です。天皇は、助けてもらった人物に対して礼も言えないから、追い詰められたのです。逃げ回っていれば、御一族や国民がオウムに襲われるのです。オウムに時間を与え過ぎたのです。日本の法律をそのまま適用すれば、国民がいなくなります。自民党の国会議員の中には、安部元総理の事を、バカ殿様と呼んでいた人もいましたが、天皇もバカ殿様です。国民を犠牲にして、自分一人の身だけを、安全な場所に置こうとした行為が、地球上の全生物を、危機的状況に追い詰めたのです。今のペースで温暖化が進めば、二百数十年後に、地球上の生物は、恐竜の二の舞を演じてしまいます。それを防ぐには、上祐を逮捕するか、第三次世界大戦を始めるかの、二つに一つしか有りません。そして、上祐を逮捕すれば、仲間の天皇も、逮捕することになります。天皇は、自分を守るために、自分の娘をオウムに引き渡した。あの時の流れを考えれば、ある程度、意図的に襲わせていると、考えるべきでしょう。ただし、天皇家の中の別人か、その関係者が、仕掛けた可能性はありますが、どちらにしても、天皇が逃げ回った結果、起きた事件です。この事を、誰も公開出来ないだろうと、考えたのでしょう。その為に、サーヤを生贄にしたのです。しかし、公開をしなければ、日本の国が亡くなるのが分かっている以上、私が公開するしかなかったのです。国民は天皇の玩具ではありません。勝手に殺さないで下さい。日本の国を、自分の代で終わらすつもりですか。自分の子供や孫を、地獄の道連れにするつもりですか。私は最後まで戦いますよ。オウムを恐れて逃げ回った人間が、どういう目に会っているのか、予想出来るので。
もともと、9・11テロ自体が、日本とアメリカを戦争させる為に、行われたのですから、当然です。
9・11テロの前に、飛行機テロが起こるという報道が、雑誌やテレビであったのを、覚えている人もいると思います。私のブログに載った記事は、ほとんどがテレビ・新聞・雑誌などで、過去に何回か報道された事なのです。その中には、私が調べて政府や警察に、情報を提供したものが多いのですが、他の人がスクープした話もあります。色々な理由で電車が止まるのも、9・11テロと同じで、戦争を始める為の口実を作るため、アルカイダに電車テロを、遣らせようとしたのです。アルカイダは、この手に乗らず、イタズラされ続けているのです。JR大宮駅の1Fに不思議な物があることに気づいた人もいると思います。その不思議な物とは、廃交番のことです。わずか10メートル先にプレハブ交番を建てて移動しています。大宮駅はアルカイダの最大のターゲットで、駅がいつ吹き飛ばされても不思議はありません。そして、爆薬の量によっては、廃交番が押し潰される、可能性があるのです。その為にテロ対策として、今の場所に移動したのです。大宮警察も気持ちが悪いのです。アルカイダにテロ予告された場所に、居たくないのです。テロの前に、電車のトラブルが多発すると予告されて、本当に、トラブルが多発しているのですから。その上に、那覇の飛行機炎上事故が起きる直前に、もうすぐアルカイダが大きなテロを起こす。飛行機テロかも知れない。しかし、死者は一人も出ないと書いた告知文を、浅草地区に撒いたからです。そして私は、当ブログの記事が本物だと思わせる為、会社や著名人の実名を出して、スキャンダルを公開してきました。このような物を撒けば、警察に逮捕されるか、殺されると思わせる必要があるのです。当ブログの内容がウソであれば、名誉既存で警察に訴えられるはずです。そして、皇室や山口組の話がウソであれば、右翼や暴力団に殺されます。したがって、私が昼間に告知文を撒いているのが、記事が本物だという証拠です。実名を出した企業と団体は、皇室・東京都庁・警察・自民党・オウム真理教・五代目山口組・JR東日本・NTT・三洋電機・コカコーラ・日清食品・グーグル・ジャパネットたかた・吉本興業・日本テレビ・TBS・テレビ朝日などです。そして主な人物は、小林興起元議員・橋本龍太郎元総理大臣・DTの浜田と松本・八代亜紀・高木美保・竹下景子・西川峰子・江頭2:50・反町隆史・唐沢寿明・竹之内豊・藤井隆・関口宏・中居正広・稲垣吾郎・タモリ・小倉智昭・宇多田光・小野伸二・三浦厚宏・北沢豪など大変な人数です。これらが、警察に被害届を出さないのが、証拠です。もっとも、最初に報道したテレビ局や雑誌社が問題なくて、二度目の私が訴えられるはずがありません。

(人類滅亡―7) (温暖化から生物絶滅に至るメカニズム) 

October 16 [Tue], 2007, 8:42
(人類滅亡―7) (温暖化から生物絶滅に至るメカニズム)
強烈な地球温暖化が起こると、海と陸の両方で生物の大量死を招く。ペルム記末と三畳紀末の大量絶滅それぞれ2億5100万年前、2億100万年前に関する新しいモデルは、そのメカニズムを説明する。まず、1・大規模な火山活動によって、大量の二酸化炭素とメタンが放出され、急激な地球温暖化を引き起こす。 2・海水温が上がり大気から海に溶け込む酸素の量が減る。 3・この低酸素状態によって、ケモクラインの位置が不安定になる。 4・ケモクラインは、酸素が豊富な水と、深海にいる嫌気性の硫黄塩還元細菌が作り出した硫化水素に満ちた水との境界面だ。硫化水素濃度が高まり、酸素濃度が低下するにつれ、ケモクラインは上昇して海面に達する。 5・光合成を行う緑色硫黄細菌と紅色硫黄細菌は硫化水素を消費しながらケモクラインの深度で生きているが、いまや硫化水素に富んだ表層水に生息するようになり、一方で酸素呼吸をする海生生物は窒息死する。 6・硫化水素は大気にも拡散し、陸上の動植物の命を奪うほか、上空のオゾン層を破壊する。 7・オゾン層の保護が失われ、太陽の紫外線によって残りの生命も死に絶える。
(2007年10月12日)
前日から印刷作業を始めました。そおしたら本日の早朝にJR・私鉄で大規模な改札のトラブルが起こりました。中華航空機炎上事故の直前に当ブログで近くアルカイダが大きなテロを起こすと掲載し、予告した告知文を浅草方面に配布しました。警察にも警告しました。今回のトラブルは、告知文を配布する前に日本国民に告知文の信憑性を高めるという作戦なのでしょう。事前にビデオで核爆弾の使用を示唆しています。アルカイダは9・11テロの犯人を許すはずがありません。ビンラディンは自分の妻子を騙して皆殺しにした上祐と天皇の逮捕を要求しています。アルカイダだけでなく、アメリカを初め各国も同じ要求をしています。天皇は卑怯な振る舞いを止めて、退位するべきです。国民に迷惑を掛けるべきでは有りません。浦安や富士吉田なら原爆を使われてもかまわないと思っているみたいですが、アルカイダはアメリカにターゲットを変えたみたいです。したがって、福田内閣でもオウムと組むような姿勢をみせれば、安部内閣と同じように外国から圧力をかけられます。温暖化の進行状況が早いのです。

(人類滅亡―6)(再び忍び寄る脅威) 

October 16 [Tue], 2007, 8:40
(人類滅亡―6)(再び忍び寄る脅威)
最後に、この仮説が関係するのはペルム記末に限らないことに注意しておきたい。今から5400万年前、暁新世の末に起こった小規模な絶滅は、短期的な地球温暖化が引き金となって起きた海洋の低酸素化によるものだとかねて考えられていた。バイオマーカーや地質学的な記録から、三畳紀末や白亜紀中期、デボン紀末にも海洋が酸欠状態だったとみられ、異常な温室効果状態による生物絶滅が地球史のうえで何度も繰り返された可能性を示している。しかし最も深刻な問題は、私たち人間の現在の行いによって、将来これと同様の脅威が生じるのではないかという点だ。過去に実際に起こったことなら、再び起きても不思議は無い。太古の絶滅期に二酸化炭素がどれぐらいのペースで大気に放出されていたかは、はっきりしないものの、大量絶滅が起きた時点での濃度は分かっている。暁新世末のいわゆる「温暖化による絶滅」は大気中の二酸化炭素濃度が1000ppm弱に達したところでん始まった。現在の二酸化炭素濃度は385ppm程度で、まだ安全に思える。しかし、しかし、増加ペースは現在の毎年2ppmから3ppmに加速するとみられており、そうなると来世紀末には900ppm近くに達して、海洋低炭素化が実際におき始める条件に近づく。その後どのぐらいで、新たな温室効果絶滅が現実になることか?人間社会がそれを知ることがあってはならないだろう。
(昇り来る有毒ガス)アフリカ南西部、ナミビアの沿岸に噴出する硫化水素をとらえた衛星写真(本には掲載)海面上の緑色の渦となって見えている。海面の堆積物にたまった硫化水素が上昇してきたもので、この地域では定期的に見られる。太古の大量絶滅期のうちいくつかは、これに似た硫化水素の湧昇がもっと大規模に、地球の至る所で起こっていたと考えられる。大気は硫黄臭に満ち、水辺には魚の死骸が散らばり、酸欠に苦しむエビ類が海岸に上がってもがいていただろう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iwakikazuhisa
読者になる
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像トマト
» 天皇家のルーツ (2011年05月23日)
アイコン画像たむら
» ディズニーランド (2008年01月29日)
アイコン画像たむら
» 危機管理能力 (2008年01月29日)
アイコン画像たむら
» 天皇家のルーツ−2 (2008年01月29日)
アイコン画像たむら
» 天皇家のルーツ (2008年01月29日)
アイコン画像たむら
» 自民・民主 大連立−3 (2008年01月29日)
アイコン画像たむら
» 自民・民主 大連立−2 (2008年01月29日)
アイコン画像たむら
» 自民・民主 大連立 (2008年01月29日)
アイコン画像たむら
» ディズニーランド (2008年01月25日)
アイコン画像たむら
» 危機管理能力 (2008年01月25日)
Yapme!一覧
読者になる