ウェットフライのキャスティング 

2013年01月09日(水) 19時45分
ウェットフライのキャスティングは、言うまでも
ないと思いますが、ドライフライの様にキャス
ティングしてしまうと、リーダーが簡単に、ター
ンオーバーしてしまい絡みやすくなります。

ドライフライに比べ、ウェットフライは、空気抵
抗が少なくて、重いから、こういったトラブルが
起こります。

この、トラブルを回避するためには、極力、
フォルスキャストしないことです。

ドライフライと違い、フォルスキャストで、水気
を飛ばすこともなく、渓流においては、投げる
距離も短いことが多いので、キャストの際は、
フォルスキャストは少なめで。

そして、ロッドをふる角度は少し大きめにして、
ループは丸く、広めにすることで、簡単に、
ウェットフライを投げることができると、思います。

できれば、柔らかめのロッドを使用することで、
さらに簡単に投げられます。

リトルプレゼンツ ウェーダー

<リンク:★リトルプレゼンツの商品★>



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:イワゴ
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
電話連絡付きのサポート