冷え性と頻尿の関係

July 04 [Mon], 2016, 1:27
冷え性(生活習慣を改善することで治すことができることも少なくありません)だと頻尿(尿漏れや残尿感が起こる可能性があるでしょう)になる可能性が高いと言えます。ハッキリと言わせていただきますが、冷え性は頻尿の原因になるのであります。

冷え性(筋肉量の問題から女性に多くみられる症状で、「頭痛」「肩こり」「免疫力低下」「不眠」などの症状が現れます)になると、頻尿になりやすいのであります。

どうして、冷え性(万病の元ともいわれますが西洋医学では病気扱いとなっていません)になってしまうと頻尿(生理前になると頻尿になりやすいのであります)になるのかって言うと、体が冷え(朝起きた時に腹部に触れて冷たいと感じる場合は内臓が冷えていることを意味します)ると、尿を作るのに必要となる内臓の腎臓も冷え(疲れやすさやどこかしらの不調を感じることになりますね)てしまうんですね。

腎臓が冷え(最近では低体温の人が増えているそうです)ると、血液の循環が悪化することになるんですね。尿とは、血液をろ過した物ですから血液の循環が悪化すると腎臓の働きも悪化することになります。

腎臓がしっかりと働かなくなりますと、排尿障害を起こすことが少なくありません。そのために、冷え性(漢方薬やサプリメントなどで改善できることもあるでしょう)になった場合は頻尿(神経性頻尿や過活動性膀胱、泌尿器系の臓器の疾患、慢性腎不全、糖尿病などが原因となって発症することもあります)になってしまうのです。

冷え性(多くの場合、自律神経失調、鉄分不足、ホルモンのバランスの乱れなどが原因となります)による頻尿(一回の排尿量が50ccから150cc程度で排尿してもすっきりした感じがなく、またすぐにトイレに行きたくなる場合には泌尿器科を受診してくださいね)は、努力次第では改善する事が出来ます。

体を温めることで、頻尿(過活動膀胱が原因のことも少なくありません)は改善可能です。衣類での調節、体を温める食べ物や飲み物の摂取、体をマッサージするなどで、体を温める事ができるでしょう。何と言っても体を冷やすと事は、体にはあまり良い事ではないのです。

ということで、冷え性が原因の頻尿対策は何よりもカラダを温めることが大切です。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうきiw20k7zd
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iw20k7zd/index1_0.rdf