プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ivbtjhzfkdpeqb
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
PCも“超らくらく”、シニア層+αに訴求──富士通、らくらくホン連携機能付き「らくらくパソコン3」 / 2010年07月27日(火)
 富士通は7月27日、シニア向けPC「FMVらくらくパソコン3」を発表。2010年7月29日に発売する。

【拡大画像や他の画像】

 らくらくパソコン3は、同社の携帯電話「らくらくホン」シリーズと同様の想定ユーザーや利用シーンを想定して展開する「かんたん」「使いやすい」「あんしん」の機能や性能を追求したPC。新たにらくらくホン7で撮影した写真を容易にPCへ取り込める専用機能や、画面のタッチ操作で扱える機能を強化し、シニア層に定評のあるらくらくホンシリーズの特徴を、PCにも──と強く訴求する。携帯電話とPCを連携・統一したブランドイメージで展開し、CMキャラクターもらくらくホンシリーズと同じ大竹しのぶさんを起用する。

 ラインアップは、20型ワイドのディスプレイを備える液晶一体型デスクトップモデル(FMV ESPRIMO FH/R3)と15.6型ワイドのディスプレイを備えるノートモデル(FMV LIFEBOOK AH/R3)の2モデルで展開。それぞれ画面に触れて操作できるタッチパネルを標準で搭載し、らくらくホン7専用の卓上クレードルが付属する。価格はオープン、想定実売価格は液晶一体モデルが16万円前後、ノートPCモデルが14万円弱と予想される。

 携帯電話のらくらくホンは、累計約1800万台出荷に達する人気シリーズ。ターゲットを絞り、その層に向けた機能向上に徹底して努めたことで、特に60代以上のターゲットユーザーが名指し購入するほど受け入れられている。2008年に第1弾を投入したらくらくパソコンも「らくらくホンのいいところをPCにも」を訴求メッセージに展開する考えだ。

 「なぜ、らくらくパソコンなのか──。富士通は、人間を中心とした“新しいサービスビジネスの創造(ヒューマンセントリックなインテリジェント・ソサエティ)”をスローガンに掲げ、その中でPCは重要なフロントエンド(利用者が直接操作する機器)として位置付けている。60代以上のPC普及率は、まだ携帯電話(らくらくホン訴求層)に比べて20ポイント強ほど低い現状があるが、この層は何に困っているか。“つなぐ”と“入力する”。この2つの項目がPCを使うにあたる障壁になっていたことが分かった。今回で3代目となるFMVらくらくパソコン3は特にこの2点に注力して開発した。らくらくホンと今まで以上に連携を強化すれば、(今後の老齢化社会も見据え)PC利用率も上がっていくと考える」(富士通執行役員の佐相秀幸副社長)

●ターゲットはらくらくホンとまったく一緒、プレゼント“する”側も実はあんしん

 FMVらくらくパソコン3の想定ターゲットは、らくらくホン7と「まったく同じ」だ。新たに、らくらくホン7で撮影した写真を容易にPCへ取り込み、PCで“らくらく”活用できる機能を設けた。付属するらくらくホン7専用の卓上ホルダを使い、携帯電話を置くだけでPCへ自動的に取りこめるようにしたのがポイントで、データの転送は赤外線通信で行うが利用者はそれを気にしないで利用できる。PCに取り込んだ写真データは、PCの大きな画面でスライドショー再生、付属するアプリケーションでそのままハガキ作成、メール作成など、“その後”をサポートするタッチスタイルの簡単メニューで操作できる。

 Windows 7の標準機能“Windows タッチ”とタッチパネル搭載ディスプレイにより、従来のキーボード+マウスによるPC操作に不慣れなユーザーも直感的に扱える、画面に触れて操作するスタイルも用意する。ATOKによる予測変換入力機能を備えた50音順かな配列型の「タッチ文字入力機能」で、キーボードのキー配列を覚えていないユーザーも簡単に文字を入力できる機能を設けた。

 このほか、大きい文字で見やすい「らくらくパソコン専用マニュアル」やケーブルをどこにつなげればいいか一目で分かる「つなげてほシート」や「卓上型ローマ字入力表」のほか、1年間無料で利用できる「購入者専用電話相談窓口」、専任スタッフが訪問してPCの設定を行う「専用訪問サービス(有料)」や「パソコンレッスン」メニューなど、らくらくパソコン“ならでは”のサポートサービスも多数展開する。

 らくらくホンの認知度はかなり高く、想定ユーザーが自身で選ぶシーンはもちろん、誕生日や父の日/母の日、敬老の日などを機会に「買ってあげる」例も多い。PCとなると単価が携帯電話より少し上がるものの、「親にプレゼントする」シーンがあるのは同様だ。

 一方、PCは何でもできるが、それだけに使い方に困ることもある。おそらくプレゼントされる親がそうという例は多い。この点で、らくらくパソコン3のように、あらかじめ「これができる」がはっきり分かりやすく示されているPCであれば、教える側も簡単に、かつ具体的にポイントを伝えられるメリットがある。「買ってあげて、そのままおまかせでもOK」そんな“かんたん”さを備える実力も持っている。Windows 7のSensorAPIやWebカメラなどを利用した“みまもり”用途の人感センサーなど、プレゼントする側にも便利な機能を加えた発展なども想定できる。

 増加するシニア層を軸にした製品展開──想定ユーザー以外に、その子ども層も購買ターゲットにするらくらくホンと同様の戦略がPCでも一般的になるか、今後の動向に注目したい。【岩城俊介,ITmedia】

【7月27日17時13分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100727-00000053-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 17:34/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!