ヒラタクワガタと大江どん

August 04 [Fri], 2017, 16:43
母親はニキビが多くて、自分も中学からニキビに悩まされ、大人になった現在でも、すぐにニキビができるので、顔面のお手入れは意識してやっています。


そして、三歳になる息女もすでに鼻周辺の毛穴に角質がつまり始めています。
不憫なことに絶対にニキビ肌になりそうです。
遺伝は恐ろしいなと思いました。

ヨーグルトはニキビにとっては良くないと言われていたり、その逆で良いと言われたりしますが、こういったような情報の真偽というものは明らかではありません。
実際、限られた食品にだけ頼るのではなく、常日頃からバランスのとれた食事を努めるようにすれば、ニキビ予防になると感じます。


ニキビ跡としてよくある悩みが、肌にくぼみができてしまうことや肌に黒い跡が残ってしまうことです。


クレーターの悩みは専門の医療機関である皮膚科で医師に相談しないと治せませんが、お肌の黒ずみの治療は美白化粧品を使うことで少しずつ薄くするという対策もあるのです。
ニキビを予防するために気をつける事は、菌の温床にならない環境を生み出すことです。ファンデーションのパフに汚れが付いたまま、枕を不潔にしている、手で直接肌に触るといったことは、顔に菌を塗っているのと同じです。

普段から清潔にできるように意識していきましょう。



アクネ菌がニキビの原因なので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を他の人と共有したり、直接肌が触れてそのまま洗わないで放っておくと、他の人のニキビがうつる可能性も少なくありません。
また、自分のニキビを触った後で、顔の他の部分に触れると、その場所にもニキビができてしまう可能性があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kotarou
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ivaerelnlvfoge/index1_0.rdf