独立記念日

May 31 [Tue], 2016, 16:30
今日はアメリカの独立記念日。映画でもおなじみになった英語での呼び名は「インデペンデンス デイ」
公的な場所で大きな花火が打ち上げられるのも今日。
しかし今年は不景気で取りやめになった町も多いと聞く。
三便宝
線香花火でさえも一般人には許可されていないLA市なので、この日はドサクサにまぎれて、他の町で購入してきた花火をする人も少なくない。上の子が赤ちゃんのころからこの日は大学構内、屋外音楽堂、公園と、めぼしい場所を見つけては家族で花火を見に行ったものだった。それが離婚した前後から、子供たちも友達中心の生活になり、ひとり減り、二人減り、とだんだん私と花火を見に行く数が減っていった。

4、5年ほど前から花火を打ち上げるようになった近所の公園では、今週は日曜日コンサートの代わりに、今日、オーケストラの演奏会と花火大会があった。
ところが今年は、昨年まで一緒だった末娘も「昼間は友達とビーチに行って、夜はパーティがある」といって、今年初めて私から離れてこの日をすごすことになり、とうとう子供たち全員が不参加。
ビグレックス
これこそ、子供たちの精神的独立、インデペンデンス デイだった。場所は、オーケストラのいるステージは見えなかったが、生演奏は十分に聞こえ、木々に視界をさえぎられることもなく、目の前が大きな私専用のスクリーンのように花火がすぐ目の前に見え、大満足。携帯で写真も撮ったが、出来上がりはよくなかったのでアップはしない。

近所の公園とはいえ、3キロくらいあるので途中まで車で行ったら、近くの駐車場は満杯か、普段無料のところが今日は有料になっている。その範囲が年々広がっていっているのがわかる。
そのため、毎年、遠くにしか停められなくなっていくし、加えて花火終了後の渋滞も年々ひどくなっていく。終了から帰宅するのに50分かかってしまい、これなら、歩いていったほうが早かったかと思った。

11時前に帰宅すると、なんと、近所でも個人で大きな花火を打ち上げていて、裏庭で花火が見られた。しばらく庭で花火見物。それにしても個人であれだけの花火って、予算はン千ドルくらいかかったのでは?と思うほどの規模。

玉や〜!金や〜!どこにあるんや〜!