プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iurseuotlpsnkg
読者になる
2010年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
【ライズ】大番狂わせ!日菜太が新必殺技“三日月蹴り”でキシェンコにKO勝ち / 2010年08月01日(日)
KGS
「RISE 68」
2010年7月31日(土)東京・後楽園ホール
開場17:00 開始17:30

【フォト】この大会の模様

▼メインイベント(第13試合)SUPER FIGHT -71.0kg契約  3分3R延長1R
○日菜太(湘南格闘クラブ/Toshin Family/初代RISEミドル級王者)
TKO 3R1分23秒 ※三日月蹴り
●アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ/キャプテン オデッサ/K-1 WORLD MAX 2008準優勝)

 日菜太は以前より同じ23歳ながら世界の舞台で活躍するキシェンコを意識しており、対戦を熱望していたところ、今回この闘いが実現。RISE、K-1のリングでこれまで数々の下馬評を覆し、格上選手を降してきた日菜太。過去最大アップセットとなるか!? キシェンコの強打か、日菜太の黄金の左ミドルキックか? リングサイドではかつてキシェンコと激闘を演じた魔裟斗と佐藤嘉洋が並んで座って試合を見守る。

 1R、日菜太の左ミドルをキシェンコは大きくステップバックしてかわす。相当警戒しているのが見て取れる。キシェンコもロー、ミドル、ハイキックと蹴りを繰り出し、蹴り勝負を挑む。

 日菜太が左ミドルから右バックキック! キシェンコは一瞬、腹を押さえて苦悶の表情を浮かべ距離をとる(試合後、キシェンコはこの時から肝臓=レバーが痛かったとコメント)。

 キシェンコが左フックとロー。日菜太も左ミドル一辺倒ではなく、ローも多用。日菜太が左ハイキック、バックブロー、左ミドルと回転しながら連続して繰り出す。

 同じく蹴りを多用するキシェンコに、日菜太はパンチ勝負を挑み、右フック、左ストレート。キシェンコは前蹴りで日菜太を突き飛ばす。

 2R、ハイキックを連続して繰り出すキシェンコに日菜太は左ロー、左インロー、さらに左ハイ。「今は左だけで7種類の蹴りを使える」と戦前に言っていた通り、左ミドルだけではなく様々な蹴りを使う。

 キシェンコは日菜太がパンチに来ると左フック。キシェンコの右ハイキックがヒットし、すかさずパンチに行くキシェンコだが、日菜太も右フックを打ち返す。

 左フックの相打ちから日菜太が左ハイから右バックブロー、キシェンコもローとヒザ蹴り、そして左ハイキック。場内は日菜太が左ミドルを蹴る度に「オーイ!」という掛け声の大合唱。

 しかし、キシェンコはパンチで迫って右ローで日菜太を傾かせる。左ミドルとフックの打ち合い、日菜太の左フックがヒット。

 3R、日菜太がキシェンコの蹴り足を掴んでの蹴りを2度やってしまい、イエローカードが提示される。キシェンコは首相撲を応用したコカしで日菜太を何度もマットに転がし、打ち合いに行くと両者バッティングと試合は荒れ模様に。

 ここで日菜太のセコンドから「三日月! 三日月!」という声が飛ぶ。実はこの試合に向けて密かに特訓してきた秘策“三日月蹴り”だ。この左の三日月蹴りがキシェンコのレバーにクリーンヒット! 続いて左ロー、そしてまた三日月蹴り! これでキシェンコがレバーを押さえて座り込むようにしてダウン!

 追い討ちの日菜太の頭部蹴りが当たってしまったが、これはレフェリーが制止する前で流れの中として認められた様子。キシェンコはうずくまったまま立ち上がることが出来ず、日菜太のKO勝ちが宣告される! ガッツポーズでリングを何周もする日菜太! 大番狂わせに場内は総立ちだ! 歓喜の日菜太は手を上げられると男泣き。

「ありがとうございました。僕は3月のK-1MAXで凄く悔しい思いをしていました。でも、歯を食いしばって凄く練習してきて、日菜太はKO出来ないとか日菜太は弱いとか、言ってる人もいたと思うんですけれど、今日まで努力してきてよかったと思います。この試合が“23歳最強決定戦”だと思ってやってきました。自分では世界チャンピオンだと思って、今週だけは喜ばせてください。来週からまた頑張ります。次、またいい試合をするので応援に来てください。RISEも面白いですからまた来てください!」と、日菜太は思いのたけをマイクでアピールした。

<その他の試合結果>

▼セミファイナル(第12試合)SUPER FIGHT -60.0kg契約 3分3R延長1R
○板橋 寛(スクランブル渋谷/第2代RISEスーパーフェザー級王者)
判定3−0 ※三者とも30−26
●カノンスック・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックス/WPMF世界ライト級王者)

▼第11試合 RISEバンタム級タイトルマッチ 3分5R
○寺戸伸近(青春塾/王者)
判定3−0 ※49−46、50−46、50−46
●九島 亮(ヌンサヤーム/挑戦者・同級1位)
※寺戸が初防衛に成功。

▼第10試合 SUPER FIGHT -63.0kg契約 3分3R延長1R
○吉本光志(ヌンサヤーム/初代RISEスーパーライト級王者)
KO 2R2分54秒 ※右ショートストレート
●TURBφ(FUTURE_TRIBE ver.O.J/RISE FLASH to CRUSH TOURNAMENT’07王者)

▼第9試合 ライト級(-63.0kg) 3分3R延長1R
○渡辺理想(極真会館/同級5位)
判定2−0 ※30−29、29−29、29−28
●巨輝(TARGET/同級3位)

▼第8試合 ヘビー級 3分3R延長1R
○上原 誠(士魂村上塾)
KO 3R1分24秒 ※左ハイキック
●清水賢吾(極真会館/同級4位)

▼第7試合 ミドル級 3分3R延長1R
○守屋拓郎(スクランブル渋谷/2009年RISE 70kgトーナメント準優勝)
KO 2R2分45秒 ※右ローキック
●KEN(OGUNI-GYM/NJKFウェルター級7位)

▼第6試合 バンタム級 3分3R
○Dyki(TARGET/2009 RISING ROOKIES CUP 55kg級準優勝)
判定3−0 ※三者とも30−28
●出貝泰祐(バンゲリングベイ・スピリット/J-NETWORKスーパーバンタム級3位)

▼第5試合 RISING ROOKIES CUPヘビー級決勝戦 3分3R延長1R
○羅王丸(TARGET)
TKO 3R1分39秒 ※パンチ連打
●木村秀和(パワーオブドリーム)
※羅王丸がRRCヘビー級優勝。

▼第4試合 RISING ROOKIES CUPミドル級決勝戦 3分3R延長1R
○塚越仁志(シルバーウルフ)
判定3−0 ※30−28、30−27、30−29
●HIRO(シルバーウルフ/2009年KAMINARIMONオープントーナメント70kg級優勝)
※塚越がRRCミドル級優勝。

▼第3試合 RISING ROOKIES CUPスーパーライト級決勝戦 3分3R延長1R
○丹羽圭介(HAYATO/2009年KAMINARIMON全日本大会65kg級優勝)
判定3−0 ※30−24、30−25、30−25
●松村直人(リアルディール)
※丹羽がRRCスーパーライト級優勝。

▼第2試合 RISING ROOKIES CUPスーパーフェザー級決勝戦 3分3R延長1R
○TASUKU(リアルディール/2009年KAMINARIMONオープントーナメント60kg級優勝)
判定3−0 ※三者とも30−27
●高田彰二(村澤道場/2009年KAMINARIMON全日本大会60kg級優勝)
※TASUKUがRRCスーパーフェザー級優勝。

▼第1試合 RISING ROOKIES CUPバンタム級決勝戦 3分3R延長1R
○田中 富(STRUGGLE/2009年 KAMINARIMONオープントーナメント60kg級準優勝)
延長R 判定3−0 ※三者とも10−9
●鈴木優也(TSX/2009年 KAMINARIMON全日本大会 55kg級優勝)
※本戦は30−29、28−30、29−29
※田中がRRCバンタム級優勝。

【関連ニュース】
キシェンコVS日菜太は71kg契約3分3R延長1R、前売り券完売
これは裏K-1MAXか!?日菜太とキシェンコが後楽園ホールで激突
“ローキック魔”守屋VSKEN、DykiVS出貝の2カードが追加決定
“寺戸が九島と防衛戦、板橋VSカノンスック、巨輝VS渡辺理想
“「RISE」特集 8月1日0時20分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100801-00000000-gbr-fight
 
   
Posted at 10:38/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!