アオゲラの西野

July 31 [Sun], 2016, 15:27
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くということも考えていきましょう。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。確定申告で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。これはなぜでしょうか。一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。インプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工歯づくりを指します。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず維持費がかかることを知っておきましょう。普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医に診てもらうことになります。この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでください。また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。でも、気にしなくて良いです。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属があれば、そこは乱れて映ります。しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、そのマイナス面も知らなければなりません。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが優位に立ちます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、やはりインプラント適用が一番でしょう。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば長い間、問題なく使うことが可能になります。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることもほとんどありません。義歯だと思われたくない方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい方にすすめられる治療なのです。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどで必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。インプラント治療の大きな問題は、何といっても費用の問題でしょう。おおむね保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方も決して少なくありません。クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:海翔
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iuo1hnsptgstb3/index1_0.rdf