震災復興

August 24 [Wed], 2011, 18:56
戦後の混乱期には働き手を戦争で無くし生き残った家族が家の無い不動産を維持できずになけなしのお金で処分したり半ば騙し取られるようなことが起こりました。今度の大震災ではこのようなことは無いでしょうが弱者は誰かが守ってあげる必要があります。政府や官僚は平等に言いますが見掛けの平等こそ強者に有利な仕組みです。復興計画はは官僚だけに任せずに民間のちからを活用して行うと費用も余りかからず平等に被災者の生活を復活させることが可能です。被災地は一括して国が買い上げて証券化する。証券の一部は被災者の方に持分に応じて分配できますので親をなくした子供達にも分配可能です。被災地を開発するのはURに任せてその土地にあった都市計画を実現して証券の価値を高める。証券が値上がりした利益で高台を開発して安全な住宅地を提供し証券を持っている方々に等価交換で住んでいただく、もちろん資金のる人が変える仕組みも必要です。安全になれば都会の人のリゾートとしての価値も高まります。土地を開発したの後の利益が政治家や強者に独り占めされないところが証券化して再配分するいいところだと思いませんかそれから都会に住んで現地を支援したい人々が新しい資産として購入することで開発経費をまかなうことも可能です先の戦争でも戦艦大和や武蔵を作ったようにとかく官僚機構は過去の成功事例に頼りがちです。高度成長期のようなマンモス団地や工業団地を作っても町は再生しない。もっとコンハクトで住民が楽しめる街くりと職場の作り方を総合的に研究して欲しい。(官僚機構は縦割りで柔軟な発想が難しいので。)大規模な港湾や防潮堤で自然に立ち向かうのでなく無くて自然と調和したこれかからの日本に必要な新しい地場産業を生み出すチャンスとして多くの尊い犠牲者の方々に報いて欲しいものです。写真@A石屋さんの店先伊勢原市大山の近辺は石屋さんが多い。B八重桜
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iuja31wxdy
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iuja31wxdy/index1_0.rdf