1?10月の訪日客、1100万人突破 円安・中国人増

November 20 [Thu], 2014, 12:42





 日本政府観光局は19日、1?10月の累計の訪日外国人客数が前年同期比27・1%増の1100万9千人(推計値)だったと発表した,ゴヤールバッグスーパーコピー。これまで年間で過去最高だった昨年の実績(1036万人)をすでに上回った。日本への旅行が割安となる円安や、買い物目的の中国人客の増加などが追い風となった。



 観光庁の久保成人長官は同日の会見で「年間では1300万人前後になる見込みだ」とした。



 政府は、東京五輪が開催される2020(平成32)年に向けて訪日客数を2千万人に拡大する目標を掲げている。



 国・地域別の1?10月の累計は、台湾が前年同期比26・4%増の238万1200人で首位。次いで韓国が6・8%増の224万5400人,ゴヤールバッグスーパーコピー。3位は中国で、80・3%増の201万1800人と大幅に伸びた。



 一方、10月単月の訪日客数は前年同月比37・0%増の127万1700人(推計値)。今年7月の127万48人を上回り、月間としての過去最高を更新した。国慶節の大型連休があった中国が84・0%の大幅増だったほか、韓国が57・7%増、台湾が21・9%増と、訪日客数の多い国・地域が2桁の伸びを示した,ゴヤールバッグスーパーコピー



 10月からは、訪日客への消費税の免税対象が食料品や化粧品なども含めた全品目に拡大。久保長官は「中国からの訪日客は買い物に関心が強く、免税制度改正のプロモーションが効いていると思う」と述べた。