プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iubbigrnkesaiu
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
溝端淳平 首だけの演技にトラウマ? 「テンション下がる…」 / 2010年06月28日(月)
覆面作家・舞城王太郎の原案を舞台化、映画化した『NECK ネック』。舞台版は今年2月に東京の青山円形劇場で上演され、連日多くの観客が詰めかけたが、こちらの作品の2週間限定での映画館のスクリーンでの上映が新宿バルト9で始まった。初日となった6月26日(土)、舞台版、映画版ともに出演している溝端淳平、舞台版の演出の河原雅彦による舞台挨拶が行われた。

【関連写真】この記事のほかの写真


8月21日(土)公開の映画版では、“NECKマシーン”と呼ばれる装置を使ってお化けを作り出そうとする大学院生と、その研究に付き合わされることになった周囲の人々が巻き起こす騒動が描かれるが、舞台版でも同じモチーフで異なる物語が展開する。

上映後に登場した溝端さんが、客席に向けて「怖かったですか?」と問いかけると「怖かったー!」との声が。これに満足そうにうなづき「でも笑える面白い部分もあったでしょ? 楽しんでもらえたなら嬉しいです」と笑顔を見せた。

溝端さんにとっては今回が舞台初挑戦となったが「首だけを出して、体はずっと埋まっていたのが大変でした。動きのある演技ができないし、アドリブを入れられたりすると分からなくなってしまうので、一言一言のセリフを間違えないようにしましたね。大変でしたけど勉強になりましたし、楽しかったです」と充実した表情。溝端さんについて尋ねられた河原さんも「素晴らしかったに決まってるじゃないですか! (共演の)市川しんぺーが、野球の素振りをする場面があるんですが、しんぺーさんに素振りを熱血指導したのが溝端くんです。あと、のどが強いよね。長い公演で、しかも主演で喋りっぱなしなので心配していたんですが、もったもんねぇ。若さかね」としみじみ語ると会場からは笑いがわき起こった。

のどに関しては溝端さん曰く「途中で1回調子が下がったんですが、盛り返しました」とのことだが、河原さんが「朝、溝端くんが楽屋入りすると、僕が溝端くんののどに薬をスプレーしてたんですが、それを嫌がる顔が…可愛かった」と語ると再び会場は笑いに包まれた。

8月に公開の映画についてコメントを求められると、溝端さんは「舞台版の方が舞城先生の世界観がより出ていると思うのですが、映画はもっとポップで、遊園地のお化け屋敷に入ったような感じで怖さが後を引かないんです。しかも笑えて楽しめるので珍しいと思います」と舞台とは違った魅力を明かしてくれたが、“NECKマシーン”に入るのはもうこりごりのようで「映画の完成披露でNECKマシーンに入ったのですが、すごく…テンションが下がりました」と本音を漏らした。

最後に行われた写真撮影では、場内が突如、暗転し、映画版のキャラクター“ゆかりちゃん”が花束を持って登場! 2人と共に写真に収まった。

舞台版「NECK ネック」上映は新宿バルト9にて7月9日(金)まで、大阪・梅田ブルク7にて7月17日(土)より7月30日(金)まで公開。

映画『NECK ネック』は8月21日(土)よりシネマサンシャイン池袋、新宿バルト9ほか全国にて公開。


【関連作品情報】
NECK ネック
 2010年8月21日よりシネマサンシャイン池袋、新宿バルト9ほか全国にて公開
 © 2010『NECK』製作委員会

【関連ニュース記事】
覆面作家・舞城王太郎が出版界をジャック! 数種類の「NECK」の物語を楽しめる
溝端淳平 相武紗季に胸キュン「男らしくてかっこいい!」
相武紗季×溝端淳平『NECK』主題歌に今年注目の新人MAGIC PARTY
“好青年”返上? 溝端淳平が携帯ドラマで初の不良役に挑戦 ヒロインは蓮佛美沙子 6月28日14時5分配信 cinemacafe.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100628-00000002-cine-movi
 
   
Posted at 14:35/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!