食道性逆流炎の原因ってなに?

July 26 [Tue], 2011, 16:23



食道性逆流炎で胸焼けや胃もたれ、ゲップといった症状があるなら
先ず、原因を調べてみるのがいいかもしれません。

原因が分かれば、あとは見直していけば、多少なりは改善できるでしょう。

そこで、今回は、食道性逆流炎の原因について詳しく解説していますので
ぜひ参考にしてみてください。


●食道性逆流炎の原因は・・・

食道性逆流炎の原因には、様々な事が挙げられます。

ストレスなんかも実は、食道性逆流炎の原因の1つなのですね。

心因性のストレスで、自律神経のバランスが崩れてしまい、胃酸のバランスも
崩してしまうことが要因で食道性逆流炎が起こる事もあります。

また、ストレスを解消するために喫煙量や飲酒量が増えたり、
暴飲暴食をする回数がふえることで胃に負担が掛かってしまい、
食道性逆流炎が起こりやすくなるでしょう。

でも、食道性逆流炎の一番の原因は、胃酸過多です。

なので、胃酸過多を引き起こしてしまうような要因は全て食道性逆流炎の
原因にもなってしまうと言っていいでしょう。

食べ過ぎ飲み過ぎは別として、てんぷらやからあげのような脂分の多い食事や
塩分の多い食事が胸焼けになりやすいのはご存知ですよね。

焼肉の食べ過ぎで、激しい胸焼けを起こした人もいるでしょう。

勿論、焼肉だけではなく、一般的にカロリーが高くて、塩分の多い外食は
胃酸過多を引き起こしやすいと言えますね。

そして、お腹に大きな圧力が掛ってしまえば、その中身が出口を求めて
逆流するのは自然の原理でしょう。

だから、必要以上にベルトで腹部を締め付けたりすると、食道性逆流炎が
起こりやすくなります。

同じように、腹部の大きい妊婦さんや下腹部にたっぷりと脂肪がついた
肥満体型の方、便秘症で腹部がふくらみがちな方も食道性逆流炎が
起こりがちだといえますね。

先ずは、原因を突き止めて、大事な仕事などがある場合は、
食道性逆流炎の症状が出ないためにも、極力それらを避けることが
大事です。

また、胃薬に頼る人もいますが、これも対策の1つで一時的なことです。

当たり前ですが、これでは、根本的には治っていません。

では、食道性逆流炎を根本的に改善させるにはどうすればいいか?

その答えがこちらにあります。

薬に頼らなくても食道性逆流炎は根本的に改善できます!

多くの方が改善!こちらで実践者の声をご覧ください。















P R
http://yaplog.jp/ituu188/index1_0.rdf