四季の移ろい

February 02 [Thu], 2017, 23:00
暦の上では、大寒ももうすぐ終わり。あと数日で立春ですね(*´ω`*)



能年玲奈さんを応援するために始めたヤプログ。この辺で終わりにしようと思います。

……あ、突然決めた訳ではなくて、始めた時から1年間だけと決めていました。最も辛い時期を乗り越える時に、多少は助けになればと思い、これまでつらつらと書いてきました。



のんちゃんにも読んでもらえたかな?と思える事もひとつだけあったので、私としては満足してます。


※最後に書きたかった事をまとめておきたいと想います。なるべく読みやすく書いたのですが……、もとより論理的な人間ではないので、はてさて理解してもらえるかな。
<(_ _*)>








『のんさんの魅力』って何ですか?


……と聞かれたら、これを読む皆さんは、何と答えるのでしょうか。


ひと言では表現できない何かがのんさんにはあって、どうにかそれらを表現できないか、という想いに駆られます。


のんさんが役を演じると、誰もが実在しているかのように感じる。

演技の技量ではなく、観ている人に喜んでもらうにはどう役柄の人となりを解釈して、どういう風に演じるかを一番大切にしている。

演じる存在には、自分らしい表現を必ず取り入れる。すずさんでは、ユーモアと明るさ、とおっしゃっていた。


のんさんの魅力から派生したそれらによりながら、すずさんという役になりきる。


そしてもう、聴く人達にはすずさんの声にしか聴こえなくなる。そこにはのんさんの魅力を纏った生きた声が存在する。


片渕監督の作品、『この世界の片隅に』で表現されていた普遍的な日常という存在。


季節や人々は移ろいゆくけれど、普遍的な日常はずっと続いていく。



春は梅や桜が咲きほこる。季節を人々の感情に例えるなら、喜び。



夏は新緑がおいしげ、川がせせらぐ。感情に例えるなら、楽しみ。



秋は樹々が紅葉し、落ち始める。感情に例えるなら、哀しみ。



冬は雪が降り始め、地面が凍てつく。感情に例えるなら、怒り。



春夏秋冬。喜怒哀楽。それらは移ろいつつも、自然の中に、人間の中に連綿と続いていく。季節が移ろう細やかな変化を捉えるように、人間の中にある細やかな感情を捉え、さらに、その根元にある普遍的な生命感を表現するのが、のんさんの役の解釈。



それには、ある日偶然見かけた虹のような、理由はなくても、何か嬉しい気持ちにさせてくれる、キラキラしたものも内包されている。


のんさんの魅力を言葉で表現するなら、何と言えばよいでしょうか。


例えるなら、それは『四季の移ろい』です、と言いたいと想います。



風が吹けば能年玲奈さんが好きになるm(__)m
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:風が吹けば能年玲奈さんが好きになる
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像風が吹けば能年玲奈さんが好きになる
» 四季の移ろい (2017年02月11日)
アイコン画像バイク馬鹿
» 四季の移ろい (2017年02月11日)
アイコン画像バイク馬鹿
» 四季の移ろい (2017年02月11日)
アイコン画像風が吹けば能年玲奈さんが好きになる
» 四季の移ろい (2017年02月03日)
アイコン画像といぷうどる$07
» 四季の移ろい (2017年02月03日)
アイコン画像風が吹けば能年玲奈さんが好きになる
» 四季の移ろい (2017年02月03日)
アイコン画像風が吹けば能年玲奈さんが好きになる
» 四季の移ろい (2017年02月03日)
アイコン画像風が吹けば能年玲奈さんが好きになる
» 四季の移ろい (2017年02月03日)
アイコン画像サーフK
» 四季の移ろい (2017年02月03日)
アイコン画像バイク馬鹿
» 四季の移ろい (2017年02月03日)
ヤプミー!一覧