ペイの桜井青

January 23 [Mon], 2017, 14:25
人はそれぞれで肌の質が違います。普通肌、乾燥肌、敏感肌など、多種多様な肌質がありますが、その中でも、敏感肌の方は、どんな肌のお手入れ商品でも効果があるわけではありません。仮に、敏感肌用以外のスキンケア商品でお手入れしてしまうと、肌に負担を与えてしまうかもしれないので、注意深くチェックしましょう。最近、スキンケア目的でココナッツオイルを使っている女性を中心に急増しているのをご存じですか?化粧水を付ける前や後のお肌に塗る、スキンケア化粧品に混ぜて使うなど、使い方は様々。

メイク落としにも利用でき、マッサージオイルとしても活躍するそう。もちろん、日々の食事にとりいれるのもスキンケアに効果があります。ただ、品質はとても重要ですのでしっかりこだわりたいですね。



ヒアルロン酸とは、体内にも存在するたんぱく質と結びつきやすい性質の「多糖類」というゲル状の成分なのです。大変保湿力が高いので、化粧品やサプリメントの中には、ほとんどと言ってよいほどヒアルロン酸が使用されています。


加齢とともに減っていくので、できるだけ積極的にとっていきましょう。


以前から敏感肌でおおよそメイクをした経験がありませんでしたが、昨今は敏感肌用やアレルギー反応試験済みの化粧品も増してきました。

敏感肌でも肌に損害をもたらすことなく使用できる化粧下地も数が伸びてきて、大変好ましいです。
これからはある程度はおしゃれを享受できそうです。私自身、乾燥タイプの肌質なので、しっとりと潤った肌作りのために化粧水にはこだわりがあります。化粧水はトロッとしたものを使用しているので、顔を洗った後、化粧水一つで過ごせるほど潤って、すごく気に入っています。



化粧水というものはあまりケチケチせず惜しみなくつけるのがコツではないかと思います。

私の母親は数年前からできてしまった顔のシミにじっと考え込んでいました。



そのシミのサイズは十円玉ほどの大きさが一つ、もうちょっと小さいものがいくつか左右の頬に散らばっていました。



約1年前、母の美肌友達から「シミには発芽玄米が効果がある」と聞き、すぐに毎食時にできるだけ取り入れてきました。

それ故に、シミは薄くなっています。もし、プラセンタの効果を上げたいなら、取るタイミングも重要です。最大限にいいのは、腹が空いている時です。反対に満腹の時は吸収の効率が低く、摂取したとしても本来の効果を確認できないことがあります。また、床に入る前に摂取するのも推奨できます。



ご存知の通り、人の体は就寝中に修復・再生されるので、寝る前に摂取すると効果が発揮されるのです。バランスのとれた食事は必須です。

特に青汁は身体に必要な栄養を摂取できるため効果が肌へも期待されます。普段の食べ物を改め直すとともに適度な運動や代謝アップできるように入浴やスキンケアは肌にあったものを使用するなど美はまさしく一日にしてならずであると実感します。


僅かでも若々しくいたいと思うのは女性なら大体は共感して頂けることだと思います。
実際の年齢より若く、とまでは言いませんが、やっぱりエイジングケアは心にとめていたいものです。


昔からよく使われてきた馬油は保湿・菌を殺す力が強く、血行を活発にする効果もあり、シワを消す効きめが期待できると思われるそうです。基礎化粧品は誰もが使用するものですが、同じく使用するならばエイジングケアの化粧品を使うほうが良いと考え、最近、基礎化粧品を変えることにしました。
やはり自分の年齢にあっている商品のようで、使ってみたら肌の色艶やハリなどが全く異なり化粧のノリがとてもよくなって、こんなことならもっと早くに使えば良かったと少し後悔しています。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ショウタ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる