みのるのよわし

March 23 [Thu], 2017, 11:45
妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。例えば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体がむくむといった症状です。妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。そのため葉酸を摂りすぎる場合がありますので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。簡単に摂取したいのであれば、サプリメントがおススメです。サプリメントは、葉酸の摂取量がすぐに分かりますから、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には大変便利だと思います。不妊体質を改善するために、いつもの食事を改めてみるのも大切だと思います。卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、乱れた食習慣を続けていては卵子や精子の活発さは、望めません。妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、偏らない、健全な食生活を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。葉酸は、ビタミンのひとつです。その効果は定期的な摂取の結果、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。胎児の健康を考えて、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は葉酸の摂取を心がけてみてください。妊娠を希望する女性や妊娠中の女性など、妊娠に関わる方が一番気にする栄養素と言えば、葉酸ですよね。葉酸は胎児の正常な発達に寄与する栄養素なのですが、大切な栄養素とは言っても、適切な摂取が必要です。特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く入っているため、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は胃腸がダメージを受けるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意してください。また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。それでは、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、決してそうではないんですよね。お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を低減してくれるという話では、妊娠初期が大変重要な期間という事ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを下げる効果が認められています。厚生労働省が推奨するように、妊娠の初期の段階で葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。手軽に摂るならば葉酸のサプリを利用するのが大丈夫です。胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。ですから妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが適切な摂取方法だと言えます。サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。葉酸を効率よく働かせるためにも、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。ですからサプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで胎児の先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が判明しました。そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生省が推奨しているんです。今では葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品に指定されているものもあります。こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦が利用する場合も多いそうなんです。妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんはご家庭での普段通りの食事に加え、よりたくさんの葉酸を摂るよう正式に厚生労働省が推奨しています。葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。その場合には赤ちゃんに悪影響が無いように、無添加の葉酸サプリメントを見極めることも心掛けたいですね。みなさんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは食事で摂る事です。葉酸はビタミンの一種で、色々な食べ物に入っている栄養素です。その中でも含有量が多いものは、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが大変だという方は、無理をせずサプリメント等を活用するのがおススメですね。サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:一華
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる