キバラヘリカメムシとサム・ジョーンズ

July 02 [Sat], 2016, 9:13

実のところ、探偵事務所、あるいは興信所における料金システムや設定基準について、共通の基準や規則などがないうえ、探偵社ごとで作成してる仕組みになっているから、なおさら難解になっています。

収入額とかどれだけ長く不倫や浮気をしたのかの日数といった差によって、支払われる慰謝料がかなり違ってくると思っている方が少なくありませんが、本当はそんなことは全然ないのです。かなりの割合で、最終的に支払われる慰謝料の額は約300万円と考えてください。

いろいろと全く異なるものなので、明言することは不可能ですが、不倫問題で離婚せざるを得なくなった夫婦であれば、慰謝料として請求する金額は、大体100万円〜300万円程度というのがきっと一般的な相場だと考えていいでしょう。

もしも夫婦のうち片方が不倫や浮気(不貞行為)に陥った・・・そんな時は、被害者側の配偶者は、貞操権侵害によって引き起こされた心の痛みに対しての慰謝料が発生するわけですから、損害賠償の要求が許されます。

「調査員の優秀さや最新の機器を使っているか」、こういった要素で浮気調査は決まります。実際に調査を行う人間のチカラについて細かく知ることなんて不可能ですが、いかなる調査機器を完備しているかだったら、確認・比較ができるのです。


使い方は違いますが、狙いの人物が入手した品物やゴミの中身であるとか、素行調査の結果で思っていたよりも大量の資料を手に入れることが可能なのです。

女性の第六感っていうのは、恐ろしいくらい的中するものみたいで、ご婦人の側から探偵事務所や興信所に調査依頼された不倫問題や浮気に関係する素行調査では、約80%もの案件が見事に的中しているとか。

離婚相談している妻の理由でナンバーであったものは、夫の浮気・不倫ということでした。浮気を突き止めるまでは、一生関係ない!なんて考えて生活していた妻が少なくなく、夫の裏切りの証拠を前に、あまりの驚きで信じられない気持ちと怒りがあふれています。

いわゆる素行調査とは、ターゲットの言動を尾行・監視することで、普段の行いや言動などを明確に調べることが主な狙いで行われる調査です。驚くような事実を把握することが可能です。

裁判所など法的な機関ですと、客観的な証拠や第三者からの証言等が提出されないと、不倫や浮気をしていたという判断はしないのです。離婚調停や裁判による離婚っていうのは意外に面倒で、適当な理由を示すことができなければ、OKはでません。


浮気の相手に慰謝料を求める際に必要な条件をパスしている状態でなければ、賠償請求できる慰謝料がすごく低い額になるとか、ケースによっては浮気相手に対してわずかな請求もできない事案だってあるんです。

仮に配偶者の浮気や不倫についての証拠を入手して、「離婚しかない」という判断をしても、「配偶者の顔も見たくない。」「会話するもの嫌だ。」ということで、何も決めずに離婚届を一人で役所に提出するのはNGです。

要するに浮気・不倫のしっかりとした証拠を手にするのは、夫に説諭する時にももちろん間違いなく役に立ちますし、例えば離婚することも考えているなら、証拠の価値はさらに高まるはずです。

感づかれてしまったら、それからは有利な証拠を押さえることが大変になってしまうのが不倫調査です。こういったわけで、実績がある探偵に任せることが、最優先されるべきことであることは間違いない。

近頃、探偵等に依頼しての不倫調査っていうのは、そこらへんで常に実行されています。そのほとんどが、希望条件での離婚を強く望んでいる状態の方が頼んでいるのが現状です。うまく別れるためのベストな方法なのは間違いありません。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイナ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/itrrseraaensig/index1_0.rdf