重きを置かず

September 14 [Sat], 2013, 13:45
残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜に放送されるスポーツ中継・翌日の夫のお弁当や朝食の下準備…。皮膚に良くないというのは承知していても、毎日の生活では満足できるだけの睡眠時間を持てない人がほとんどだと思われます。
日本皮膚科学会の判断基準は、@激しい痒み、A独特の皮疹とその分布域、B慢性的に反復する経過、3点全部チェックが入る病気を「アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)」といいます。
運動や入浴でたくさん汗をかいて体のなかの水分が少なくなってくると尿の量が減らされて汗のための水分がストックされるために、このだぶついた水分がそのまま浮腫みの原因になっていることは、あまり知られていません。
ことさら夜間の歯のブラッシングは大切。歯の表面に付着した“蓄積くすみ”を取り除くため、夜間はきちんと歯磨きすることをおすすめします。歯のブラッシングは回数が多ければ良いというものではなく、1回1回の質を向上させることが重要です。
「デトックス」というワードはさほど目新しいものではないが、これはあくまでも「代替医療」や「健康法」のひとつに過ぎないのであり、医師による「治療」とは違うということを意外にも少ないようだ。
日本に於いて、肌色が透き通るように明るく黄ぐすみやシミの見られない状態を理想とする習慣は現代よりも昔から広まっており、「色の白いは七難隠す」という有名なことわざもある。
美白化粧品だということを正式なカタログで謳うには、まず薬事法担当の厚労省の認可が下りた美白に効果のある成分(特にアルブチン、コウジ酸など)が混ぜられている必要があるということです。
美白(びはく)という概念は1990年代の終わり頃に美容家で化粧品会社創業者の鈴木その子が火付け役となってブームになったが、それより昔からメラニンの沈着が原因の様々なトラブル対策のタームとして使われていたようだ。
「デトックス」術に危険性や問題はまったくないと言えるのだろうか。第一、体に蓄積される「毒素」というのはどんな物質で、その毒物とやらは果たしてデトックスで排出できるのだろうか?
アトピーは「不特定な場所」という意味の「アトポス」というギリシャの言語が由来で、「何かしらの遺伝的な原因を保有している人だけに症状が出る即時型アレルギーを主とする病気」に対し名前が付けられたのだ。
アトピー性皮膚炎とは、アレルギーのような反応と関係している状態の内、皮ふの症状(発赤・掻痒感など)が現れるものでこれも皮膚過敏症の一つだ。
メイクアップでは傷などを隠すことに重きを置かず、メイクを通して最終的には患者さん自身が自らの外観を受け入れ、復職など社会に復帰すること、かつQOL(生活の質)をもっと向上させることが目的です。
さらに挙げると、お肌の弛みに大きく関わるのが表情筋。いろんな表情を生む顔の筋肉のことを指します。真皮に存在するコラーゲンと同じく、この表情筋の機能も歳を取るに従い鈍化するのです。
スカルプは顔の皮膚と一続きになっており、おでこも頭皮に等しいものだと捉えることはあまり知られていません。加齢に従いスカルプが弛み始めると、その下にあるフェイスラインのたるみの要因となってしまいます。
更に毎日のストレスで、メンタルな部分にも毒素は山のごとく積み重なり、体の問題ももたらす。「心も体も毒まみれ」というような意識が、多くの人々をデトックスに駆り立てている。


エビカツカレーVSお子様カレー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:itrdspafj
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/itrdspafj/index1_0.rdf