寺川がフジミ

August 15 [Mon], 2016, 14:10
看護師の国家試験は、1年に1度おこなわれます。看護師の人数の不足が問題視されているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率はおよそ90%とおもったより高い水準を示し続けています。看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上だったらパスできる試験です。看護師の資格を得るためには、何通りかのコースが考えられます。

看護師の資格を取るためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。


試験を受けるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護を学ぶことが必要です。よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、辞めるより先に次のしごとを決定しておいた方がいいですねね。

そして、3ヶ月は使ってじっくりと転職先を捜したほうが良いでしょう。
先走って次のしごとへ行くと、次も辞めなければならなくなることもあるので、希望の条件に合うしごとをしっかりと見つけるようにしましょう。



以上から、自らの希望の条件をハッキリさせることが重要です。育児をするために転職しようとする看護師持たくさんいます。特に看護師の場合、子どものこととしごととの両立が困難であるので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、はたらく日の少ないしごとだったりが探せると良いと思います。



子育ての期間だけ看護師を休業するという人も多くいますが、お金がなければ育児ができないので、看護師の資格を無駄にしない転職先を見つけた方がいいでしょう。
ナースがしごとを変えるタイミングとしていつが良いかというと、大半の人は賞与が出てから退職するため、6月、1月あたりが狙い目です。


看護職員の価値は市場では依然高いのですが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来るしごと場が見つかるよう、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、落ち着いて情報蒐集するのが安心です。
急ぎしごとを変えたいという事情がないようでしたら、転職情報が多くなる時まで様子を見るのがベターです。

他の職業の場合も同じだと思うのですが、看護職員の方が別なしごと場を検討するとして、苦心するのが志願の根拠です。

どういった根拠でその勤め先がよいと考えたのかを肯定的な雰囲気で表明するのはたやすくはありません。高給料であるとか、休みがちゃんと取れると言うのは実際には判断要素になりますが沿うした好待遇にフォーカスするより、ナースとしてスキルアップしたいといった、やりがいをもとめているような応募理由の方が合格へ近づきやすくなります。日本での看護師の年収は平均して437万円ほどです。ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均593万円ほどになるのです。
公務員看護師は給料のアップ率も民間病院よりも高く、福利厚生の点でも充実しているのです。
準看護師の場合であると、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師のことをいいます。
看護師ときけば病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室などを設置している企業もあって、沿ういう場所に勤務している人もいます。しごとの中身や役割ははたらく会社によって異なりますが、社員達の健康を維持し、管理することは基本的なしごとでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruto
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/itrbasuirgothn/index1_0.rdf