アスペの思考回路

September 27 [Mon], 2010, 15:25
あまりにもツグの思考回路に疲れ果てて、長いこと更新出来ていません。
うんざり&絶望です。

アスペルガーのツグと結婚した事は間違っていたのかもしれません。
そしてなずなが生まれてきてくれたことはとても嬉しいけれども、アスペルガーのツグとの子育ては心労がとてつもないです。ツグと子供を作ったことも間違いだったのかもしれないと思ってしまいます。
私が優しい人間ではないからなのかもしれないけれど、普通の子育てなんて出来やしません。疲れ果てます。

言ってることが通じない。
額面どおりの事しかしない。
その上、私の話は信じない。

障害がないよその旦那さんでも同じような方がいるかもしれないですが...。

ツグの場合、私がメインで子育てをしているのに、それすら理解出来ないようです。
夜中も何度もなずなの為に起きるから、ツグに丁寧に物事を説明する時間なんかないって事も理解してくれません。

なにより、「絲の為にやっている」=「ツグ目線でしかない思いやり」なので、やっかい極まりないです。

保健師さんに子育てというか夫との問題について少し話したら表情が変わって、「絶対に一人で抱え込まないこと」と言われました。
今の土地に越してきてから1年半、誰にも相談出来ないでいたので、SOSが出来てよかった。

手作りお弁当への一言

September 04 [Sat], 2010, 15:03
一緒にいた頃、休みの日にお弁当を持って出かける事になりました。
お弁当作りは私がする事に。
料理は苦手でしたが、「作って欲しい」と言っていたツグに食べてもらいたい一心で頑張りました。

そして出かけた先でお弁当を見てツグは一言。
「なにこれ」

決してひどいものを作ったわけではありません。
出かける前に母が見て「おいしそうだね」と言っていたので見た目は問題なかったと思います。

その後、どんな展開になったのかは覚えていませんが、早起きして一生懸命作ったお弁当にかけられた第一声は忘れる事が出来ません。

他にも、ツグ宅に泊まる時にはご飯を作れ作れと言われましたが、なかなか作る機会がなく(実家暮らしだったため、ツグ母が作ったものを出されるので)、よし!と早起きして朝ご飯を作った時には「今日はいらない」とご飯を見もせずに言い放たれました。

食べ物を粗末には出来ないので、一人寂しく食べました。

「作ってくれ」と言ったのなら、頑張った人に対して言っていいことと悪いことがあると思います。
これは...アスペルガーの影響があるのかはわかりませんが、人の気持ちがわからない部分丸出しの事柄でした。

絲 20歳の誕生日

August 11 [Wed], 2010, 16:52
ツグとの8年間を何と呼べばいいのかわかりません。
人に「何年付き合ったの?」と訊かれても、「8年くらい一緒にはいた」と濁す感じの返事しか出来ません。
なのでここでも付き合っていた期間、ではなく一緒にいた期間、と呼ぶことにします。

一緒にいた期間、お互い8回くらい誕生日を迎え、その度に一緒にいました。
ツグからの初めてのプレゼントはツグが撮った私の写真。

自分の写真なんていらないし...どうしたらいいのかな...でもせっかくくれたから「ありがとう」でした。
ツグはアーティスト的な事をしていたので、「自分の作品」としてプレゼントしてくれたんだと思います。

自分が嬉しい事は他人も嬉しいだろう。

自分がこう思うなら他人も同じ思いだろう。
=他人の気持ちを想像出来ない。

今思えばアスペルガーが垣間見える出来事だった気がします。

もっとも、一緒にい始めた頃ツグは、他に好きな人がいたので好きでもない私に(ならなぜ祝おうとするのか?義務???)お金を掛けたくはなかったんでしょう。
お金をかけて欲しいわけでは全くないけど、ツグには申し訳ないけど、ちょっと悲しくなった20歳の誕生日でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:絲
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/itotsugu1979/index1_0.rdf