皐月最後の日に… 

2004年05月31日(月) 15時38分
蒸し暑い毎日にございますが大奥にお住まいの皆さまは如何お過ごしでございましょうか。
気付けば皐月も本日で終わり明日よりは水無月になりますね。

暫くこちらの草子を綴っておりませんでした間に悲しい出来事がございました。
萩の間の中臈でいらっしゃった涼さまが落飾遊ばされました。
上さまより賜られた院号は涼さまの字を取り『涼芳院』さま。
私どもはもちろん、上さまもまさかこのような早く院号を贈ることになるとは思わなかったと仰り大変お嘆きになられていらっしゃいました。
漸くこちらに慣れて楽しげに御文を交わしていらっしゃっただけに此度のこと、本当に悲しゅうございます。
されど涼さまがお決めになられたこと。
遠目からでも見守らせて戴きとうございます。
涼さま…涼芳院さまの選ばれた道が希望に満ちておりますこと、祈らずにはいられません。

さて、本日はこちらも久方ぶりとなる上さまよりの御文がお手元に届かれたのでは無いでしょうか。
私の草子と違い、こちらのほうは楽しみにしていらっしゃるご内室さまが多いのでは無いかと思います(笑)
それにしても上さまの御文がお手元に届く折はいつも私が草子を書く日にございますね。
ただえさえでも目立たない草子ですのに上さまときたらわざとしていらっしゃるのでしょうか…。
今度は上さまが御文をお書きにならない日を見計らって綴らねばなりませんわ。

それでは本日はこの辺にて…
今宵も恙無くお過ごし下さいますよう

お茶会にて… 

2004年05月23日(日) 15時26分
薄曇りの中、雨が降ったり止んだりと困ったお天候でございますが大奥にお住まいの皆さまは如何お過ごしでございましょうか。

本日は常香院さま御主催のお茶会にご出席お疲れ様でした。
常香院さまも大変お喜びになられ私どもも久方ぶりに拝見するほどの晴れやかなるお顔をなさっておいででございました。
これも一重にご内室さま方とおかげにございましょう。
常香院さまも皆さまを大変お気に召され「あのような姫君方なれば上さまの中臈に相応しい」と仰せでございました。
常香院さまは西の丸にお住まいになられ皆さま方とはお逢いすることはあまりございませんからまた折を見てお茶会を…との仰せ。
上さまはお断りにはなれませんので(笑)きっと催されることと存じますがどうかその折にはご出席のほどをお願い申し上げます。

されど本日のお茶会での常香院さまとご内室さま方の様子を拝見し、一番お喜びになったのはきっと上さまでいらっしゃいましょうね。
本当に微笑ましそうに見ていらっしゃいました。
常香院さまは上さまにとっては御母君。
ご内室さま方は大切な奥方さま方。
仲良くしていらっしゃる姿をお喜びになられるのは当然のことですわね。
これからもこのような微笑ましいお姿を拝見出来ますように…。

それでは本日はこの辺にて…
今宵も恙無くお過ごし下さいますよう

梅雨なる時期にございましょうか… 

2004年05月22日(土) 15時07分
梅雨を思わせます雨が降り止まぬお天気にございますが大奥にお住まいの皆さまは如何お過ごしでございましょうか。

御文のほうも皆さま、盛んにやり取りを行って下さいましてこちらと致しましても嬉しい限りでございます。
ご内室さま方のお部屋を行き来するようなお話も出ているようでございますね。
上さまもご内室さま方が仲良くなされているとお聞きになられて大変嬉しそうなお顔をなさっておいででございました。

上さまは本日は藤の間の静李さまをお尋ねになられたご様子。
されどご公務がお忙しいからとお泊りにならずに夕刻には退出なさるお姿を見るとまだまだといえましょうか…。
今までも敦子さま・尋さま・華乃さまをお尋ねになられてはいらっしゃったもののお泊りになられることはございませんでしたもの。
されど上さまもまだお慣れになっていらっしゃらないので公務に託つけてお帰りになられたのでしょう。
そのうち、お泊りもなさるのではないかと思われます。
上さまはもちろん、常香院さまも可愛い御孫君の誕生をお待ちになっていらっしゃるのですから。

明日はその常香院さまが御主催なさってのお茶会。
折角のお茶会でございますもの。
お天道様もお顔を出して下さると宜しゅうございますね。
常香院さまにはお逢いしたことが無く皆さまお気になされているのではないかと存じますがとてもお優しい方でいらっしゃいますのでどうかごゆるりとお楽しみ下さいませ。
ご生母さまの前でのいつもと違った上さまも拝見出来るかもしれませんのでこちらも楽しみになさっては如何でしょうか?

それでは本日はこの辺にて…
今宵も恙無くお過ごし下さいますよう。

梅雨時の… 

2004年05月19日(水) 15時01分
憂鬱な雨に湿気というようなお天気ではございますが大奥にお住まいの皆さまは如何お過ごしでございましょうか。

昨日は少々気分が悪しゅうございましたのでこちらの草子をお休みさせて戴きました。
もし楽しみにして下さっているご内室さまがいらっしゃいましたらお詫び申し上げます(いらっしゃいますでしょうか?)

本日は上さまよりの御文が皆さまのお手元に届かれたことと存じます。
今回はご内室さま全員に…ということで上さまも本当に張り切ってお書きになっていらっしゃいましたわ。
お成りのお話が参られたお方も何人かいらっしゃるようですね。

日の曜日は屑風殿からもお話にあったように常香院さま御主催のお茶会がございます。
先の将軍さまの御台所でいらっしゃった頃よりお茶の腕前は素晴らしいものでございましたもの。
きっと楽しいお茶会となりますこと間違いございません。
常香院さまにとってもご内室さま方は息子君の奥方さまでいらっしゃいますから気になられるのでしょう。
常香院さまがなさることは上さまには決定権はございませんし(笑)楽しんで戴ければ…と私も思っております。

それでは本日はこの辺にて…
今宵も恙無くお過ごし下さいますよう。


阿久利姫さまへ
私などにお声をおかけ下さいましてありがとうございました。
この度は色々なご迷惑をおかけしたにも関わらずのお輿入れ、まことにありがとうございました。
何かお気付きの点、お困りの点ございましたらお気軽にお声をおかけ下さいませ。
阿久利さまもお身体のほう大切になさって下さいませ。
それでは今宵も恙無くお過ごし下さいますよう。

本日で… 

2004年05月17日(月) 14時54分
本日は大変湿気の多いお天気でございましたが大奥にお住まいの皆さまは如何お過ごしでございましたか?

本日もお一人の姫君が上さまの元へ上がられましたのでこちらでも紹介させて戴きます。

高家のご息女でいらっしゃる阿久利さま。

昨日お輿入れのお話が参っておりましたがこちらの都合で本日とさせて戴いた姫君でいらっしゃいます。
大変気さくで明るい姫君でいらっしゃいますので皆さま方とも楽しくお話出来るのでは無いかと思います。

ご連絡と申しましては本日でお輿入れのほうを一旦終了とさせて戴きました。
こちらに完全にお慣れでない姫君もいらっしゃいますのに一度にお輿入れなさっては大変だろうと考えてのことでございます。
次のお輿入れ募集期間は頃合を見て…とのことになると思います。

それでは本日はこの辺にて…
今宵も恙無くお過ごし下さいますよう。


涼姫さまへ
私などにお声をおかけ下さいましてありがとうございました。

お食事会のこと、そのようにお喜び戴けたのなら私も嬉しゅうございます。
こちらこそ未熟者ばかりでございますので何かお気付きの点がございましたらどうぞご指導下さいませ。
宜しくお願い申し上げます。
それでは今宵も恙無くお過ごし下さいますよう。


熾姫さまへ
私などにお声をおかけ下さいましてありがとうございました。
私どもの連絡の不手際をそのように仰せ戴け安堵しております。

ご迷惑をおかけすることもございましょうがどうか宜しくお願いします。
何かお気付きの点、お困りの点ございましたらお気軽にお声をおかけ下さいませ。
それでは今宵も恙無くお過ごし下さいますよう。

昨日の夜は… 

2004年05月16日(日) 14時39分
本日は一日中止まぬ雨と湿気に悩まされる日でございましたが大奥にお住まいの皆さまは如何お過ごしでございましたか。

本日と昨日の間に三人の姫君が上さまの元に上がられそれぞれの間の中臈とおなり遊ばされました。

一人目は南町奉行のご息女でいらっしゃる涼さま。
二人目は京都所司代のご息女でいらっしゃる熾さま。
三人目は寺社奉行のご息女でいらっしゃる詩郁さま。

いつものようにご挨拶に伺いましたがそれぞれにお美しい姫君でいらっしゃいました。
大奥に新たに咲いた三輪の花、今までのお花同様美しく咲き誇って下さること、間違いございません。

昨日のお食事会では皆さまお楽しみ戴けたようで上さまもそれはそれはお喜びでございました。
ご自分のご内室の君があのようにお美しい方ばかりだったのも本当に嬉しかったようですわ。
またあのような機会を持ちたいと仰せになっていらっしゃいましたので本日お輿入れ下さったお二方さまには是非その機会に…とのことでございました。

皆さまのお顔を見て、そろそろこちらに打ち解けてこられたのでは無いかと思われたのかお部屋の方に伺いたいと仰せになられておりました。
もしかするともう既にお話があった方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?
他の皆さま方もきっと近々そのようなお話があるものと思いますので心してお待ち戴きたいと思っております。

上さまもお忙しい御身。
御文をくだされたご内室さまにしかお返事が返せぬこと、申し訳ないとも仰せでございました。
されどお忙しいはずの上さまがお時間を割きご内室さま方にお返事をお書き申し上げているお姿は長年仕えて参りましたが拝見したことが無く笑いを堪えるのが大変な心境にございます。

明日はこちらの都合にてお輿入れを明日とさせて戴いております姫君がいらっしゃいますので今からお部屋などを準備を致さねばなりませんわ。

それでは本日はこの辺にて…
今宵も恙無くお過ごし下さいますよう。

風舞う日に… 

2004年05月14日(金) 14時26分
大変風の強い日でございましたが大奥にお住まいの皆さまは如何お過ごしでございましょうか。

本日もお一人の姫君が上さまの御元へ上がられましたのでご紹介させて戴きたく思います。

一橋家のご息女でいらっしゃる静李さま。

お顔立ちは大人びた雰囲気の姫君でいらっしゃいました。
静李さまには私どもの都合にてご迷惑をおかけいたしましたこと、この場でもお詫び申し上げます。
静李さまの寛大さには私も屑風殿も感謝しております。

お待ち下さっている方がいらっしゃるかは定かではございませんが昨日の『この衣装は…』の
続きをお伝えさせて戴きますね。
あの衣装は屑風さまのお父君の呉服屋で仕立てた衣装なのでございます。
屑風殿の父君ですし…とのことでこちらの大奥でも愛用なさる方もいらっしゃるのですが上さま自身も筋の良さをお気に召されて時折お頼みなるのです。
皆さまも機会がございましたら一度如何でございましょう?

さて、少々ご連絡でございます。
明日は上さまのご生母でいらっしゃる常香院さまのお供で屑風殿がお留守にございます。
そう遠くに参られるわけではございませんので日帰りでいらっしゃるそうでございますがもしかすると屑風殿の代わりに私がお手伝いさせて戴くことになるかもしれませんのでご連絡申し上げます。
折角ですからお食事会までにお帰りになられると宜しゅうございますのにね…。

それでは本日はこの辺にて…
今宵も恙無くお過ごし下さいますよう。

雨降る夜に… 

2004年05月13日(木) 14時09分
小雨降る夜でございますが大奥にお住まいの皆様方は如何お過ごしでございましょうか。
このような天候では気持ちも暗くなってしまいそうです。

本日も嬉しいことに上さまの元へ上がられた姫君がいらっしゃいますのでこちらでもご紹介させて戴きます。

ご老中のご息女でいらっしゃる華乃様。

ご挨拶に伺いましたがお名前の通りの姫君と仰いましょうか。
本当に華がおありの姫君でいらっしゃいました。
敦子さまも尋さまも、そして華乃さまも上さまには勿体無いほどの姫君でいらっしゃいますこと。

そうそう、上さまからの御文はお手元に届かれましたでしょうか?
残念ながらお輿入れの時間などの関係から華乃さまに御文を届けることは適わず上さま自身も申し訳無いと仰せになっていらっしゃいました。
また近々お送りになられることと存じますので暫しお待ち戴けると嬉しゅうございます。

私どもがお伝えするため、上さまもご内室さま方を大変お気になさっていらっしゃいます。
もう少しご内室さま方が落ち着かれたら皆さまでお食事会なども良いかもしれませんね。

それでは本日はこの辺にて…
今宵も恙無くお過ごし下さいますよう。


尋姫さまへ
私などにお声をおかけ下さいましてありがとうございました。
あの刻限で眠れずにいらっしゃったとのことでございますが体調は如何でございましょうか?
もし宜しくないようでしたら何なりとお言いつけ下さい。

名前負けなどそのようなことはございません。
どうかそのようなことを仰らず上さまにお仕え下さいませ。
こちらこそ大変恐れ多いことでございますが宜しくお願い申し上げます。

私の職についても勿体無いお言葉を賜りまして…。
まだまだ未熟なものではございますが上さまのため、ご内室さま方のため、精進させて戴く所存にございます。
葛餅も有り難くお受け取りさせて戴きました。
このようなものにまでお気遣い下さいましてありがとうございました。
それでは今宵も恙無くお過ごし下さいますよう。

初めての… 

2004年05月12日(水) 14時00分
少々寝苦しい今宵でございますが大奥にお住まいの皆様方は如何お過ごしでございましょう。

改めまして大奥総取締の愛深にございます。
至らぬものではございますがこれから宜しくお願い申し上げます。
屑風殿もお忙しい御身、もしご都合がつかぬ場合等は恐れ多いことながら私が…ということもございましょうけれど暖かい目でご覧下さると嬉しゅうございます。

本格的に我が大奥が始動し、嬉しい思いと不安な思いを抑えつつ初めて草紙を綴っております。
本日はお二人の姫君が上様の元に上がられました。

お一人目が伏見宮家のご息女でいらっしゃる敦子さま。
お二人目は勘定奉行のご息女でいらっしゃる尋さま。

総取締としてご挨拶にお伺いさせて戴きましたがお二方とも大変お美しい姫君でいらっしゃいました。
このような姫君方では我らが上さまもお気に召されること、間違いございませんわ。
恐れながら私も鼻が高うございます。

本日は上さまもこちらに入られたばかりでお疲れであろうお二方さまを気遣われお成りや文などはお控えでございますがお二方をお気になされていらっしゃるようですし近々お言葉がかかることかと存じます。

それでは本日はこの辺にて…
今宵も恙無くお過ごし下さいますよう。
2004年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:itoshi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる