中村和彦の井上銘

February 12 [Fri], 2016, 16:28
看護師が外来でする仕事は、病院を訪れた方なら知っているように、注射や点滴、問診、血圧を測ったり、患者さんに医師の指示に基づき、処置を行っています。さらに、検査や手術時の移送も看護師の業務となります。

看護師は患者さんと一緒にいる時間も多く、病気を治すだけでなく精神の面でも配慮も行っていく必要があるでしょう。


入院できるような大きい病院の看護師の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、考慮され、それを活かせる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。


そうなるとつまり、夜勤をぜひ希望したいということなら、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。
行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、まじめに勉強していた学生にしてみると、たやすい部類に入るのではないでしょうか。



そういった、看護師を養成する学校はいくつか種類があるのですけれど、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。それぞれの病院によって勤務時間が長いことがあります。そのような病院では、人件費を浮かせるために看護師を極端に減らして、回している病院が多いようです。



看護師が慢性的に疲れており、医療ミスが起こしがちだというデータがありますから、就職活動のときは確認をするようにしましょう。世間のイメージとは裏腹に、看護師の初任給は安いです。

病院に入院して看護師を観察してみると、重病な患者が入院していない日には、勤務時間内で一定の作業をするだけですが、その作業だけでもかなり忙しいのです。重篤なクランケが入院している場合には、いつもにも増して激務となってしまい、精神的圧力が強まるでしょう。
実際、看護師からすると仕事と育児を同時にこなすのは中々、厳しい問題です。
可能な限り、病院で働きたくても、育児と同時に、看護師の仕事を果たすのは、色々な問題が生じてしまいます。

看護師と育児をどちらもこなすのは個人の問題としてではなく結局は、医療全般の問題として試していく必要がある思います。

看護師専用の逆指名転職サイト、看護のお仕事は、求人の情報に書かれている休みや、社員への手厚い経済的保障、年齢、休止している期間などの条件がもっとも見やすくなっていると口コミで評判です。だから、自分の希望している条件内容に合致している逆指名転職先を、スムーズに発見することができるというわけですね。看護師といったら、昔は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の看護師がほとんどでした。しかし今日では看護師という名前も定着して、男性の看護師も多いです。実際に看護師に必要な適性を考慮しても、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。

母性的な優しさだけでなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、今の看護師に求められる大切な能力だと言えます。



看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志望理由です。


どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを好印象となるように示すのは簡単ではありません。

給与アップ、休日が増える等の採用条件で選んだと見られるよりは、ナースとしてスキルアップしたいといった、前向きな理由付けの方が好まれ、パスしやすくなるでしょう。
一般的に見て、看護師の給料というものは良いですが、内実は夜勤の分の手当てによって給与が増えているという状態です。
あなたがもしも、「いいお給料で看護師をしたい」というのならば日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。



夜勤の有無によって給料の差は大きくなります。
看護師としての働き方はいろいろあります。正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみると日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺が世間の相場みたいですね。

これを単純にパートの時給とみると結構良いように思えますが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、かなりの激務をこなしていることを思うと、つくづく安い値段ではないでしょうか。

看護師の求人はたくさんありますが、希望通りの求人が絶対にあるとは限りません。看護師資格を有する方で就職さえできればどんな条件でも良いと思っている方は少ないでしょう。

できるだけ高収入で職場の待遇も良く、夜勤のない職場で仕事がしたいと考えておられる方が多いものです。
望んでいるところに逆指名転職するには、情報収集こそが重要になってきます。労働者一般の収入と、看護師のそれとを比べてみたら、平均年収という点ではなんなく看護師が上回りました。


医療や福祉関係の機関では、看護師不足に泣いているところも多く一定数以上の需要が常に見込まれるので、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような役得もあるようです。



ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。
看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子持ちの看護師からすると大きな不安要素となり得ます。

小学生になる前の子供だったら、費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。なので、やむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も多数存在するようです。

看護師だった知人は、病気のために看護師を辞めました。



ですが、身体の調子が治ったら、復職して医療施設で看護師として今も元気に働いています。多少のブランクでも、役に立つ資格があったら比較的簡単に職に復帰できるんですよね。再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。
将来を見据え、キャリアアップのため、逆指名転職をする看護師も世間にはいます。看護師の能力を向上させることで、収入を増やすことも目指せるでしょう。看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分がぴったりだと感じるところを探すことも大切でしょう。


内科の外来が合うと思える人もいれば、特養が合うと思う人もいるので、意欲的に逆指名転職を検討するのもアリかもしれません。
外来であれば、入院患者さんの体調に配慮したり、患者のベッド周りのお世話もナースのお仕事です。

いつも医師より、患者さんの近くで患者のリカバリやメンテナンスを確認し、必要に応じた対処するのが、看護師の使命です。看護師というのは各医療機関ですごく重要な役割を担当しています。

ですけど、病院や医療施設の多くでは看護師不足に頭を痛めているというのが現状であります。医療現場では、看護師不足問題を基本的にはほぼ解消できていません。
この先、少しでも早くこの問題を改善させる必要があります。看護師資格の最大の利点は、なんといってももしも離職している期間があっても、再度職に就くことが可能だということでしょう。

どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、働き手が足りていない現状が深く関与しています。



どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は状況次第ですでに50代になっていても再び働くことができます。一般的に、看護師として勤務する人は多くが女性ですので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて比較的離職率が高い職業です。
さらに、勤務時間がばらばらであることや、キツい仕事だということも原因となり、離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:杏珠
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/itmtaobstpixyr/index1_0.rdf