バウムがみゆきち

April 24 [Sun], 2016, 0:30
介護士という仕事に就いていると、その他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。


それと関係があるのか、ファッションに敏感な人が多いと思います。なのですが、多忙を極める仕事です。
介護施設によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」というのは珍しくありません。収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最も理想的であろうと感じます。他の仕事と違い、介護士が職場で勤務する時間というのは、結構、融通の利く部分があります。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、子育てと両立させながらそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。
子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、勤務時間を調整しやすい介護士という仕事だからこそ、なのかもしれません。
ついでに言うと、介護士も他業種と同じように8時間勤務です。看護士と介護士、発音は当然同じですが、漢字で表現した場合、どちらかで書き表されます。
昔は男性のことを表すのは看護士、女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。


でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男女とも使える介護士の呼び名にまとめられることになったわけです。普通、介護士としてキャリアを積んでいくと昇進し、階級が上がることがあります。例えば、婦長といったら比較的想像がつきやすい役職ですよね。


でも、また別に主任などの役職があるのです。
一口に介護士といっても、学生やパート介護士が増加しているため、正介護士も役職的には上の立場になるわけです。
収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。


笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、介護士の女性と結婚したいという男性は多いと思うのですが、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?介護士がどのくらいの年齢で結婚しているのかを調べてみますと、一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が言えますね。
結婚が遅い人に共通していることは、出会いが無かったり、自分の出世を考えて婚期が遅れるようです。

たくさんの人と出会える街コンですがこのイベントに参加する介護士の方は少なくありません。職場では女性が多数で、なかなか男性と関わる機会がなく、新しい出会いを求めて、介護士がエントリーするのです。


介護士という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。ただし、もしも新しい出会いがあっても勤務形態が不規則なせいで、上手くいくケースばかりではないのが現実です。


介護士として、毎日激務をこなしているうちに、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。

そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて考えるようになってもおかしくありません。


ちなみに、それほど激務でもない診療科としては、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。ですが、どういった介護施設か、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、業務のハードさについては差があります。介護士は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。きっかけが結婚や出産だったり諸事情による転職も多いですが、中には、自らの介護士スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。


そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。そうでなければ転職そのものが危ぶまれます。


もっと多くの経験を積むために総合介護施設を希望したい、規模の大きな介護施設に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような介護士としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。介護士は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。どんな時やりがいを感じるかですが、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後に改めて介護施設まであいさつにきてくれた時です。また、特に患者さんのご家族から何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、介護士になって良かった、と実感します。

夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある介護士の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、介護士を辞めることを願い、悩んでしまうと思うのです。
働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。よく聞くのは休日や出勤日が不規則な事だと思います。


せっかくのお休みにもデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどのケースが多いようです。
あるいは、単純に労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。

規則正しい勤務時間がいいのなら、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。

一昔も二昔も前の話になりますが、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に介護士という仕事は世間的に認知されていた節があります。

しかし、昨今、介護士と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入ることを、知らない人はあまりいないはずです。何しろ介護士の給料といえば、女の人であっても、その稼ぎでもって、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。今更言わずと知れたことではありますが、かなりの高給を期待できる仕事なのです。



高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い介護士は離職率が高いです。
ですから、転職率も高いですね。
ですから、転職サイトによっては介護士のみに対象を絞ったものが多種多様に存在しています。介護士の求人に特化した転職サイトであれば、さらに効率よく希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、仕事に追われて時間のない介護士にはぴったりですね。
それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを一緒に活用することをお勧めします。

免許が必要な専門職である介護士は介護現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。

そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、少し念入りに求職活動を試みれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。


幸い、ネット上を少し見てみると求人サイト、それも介護士専門のものが増えてきていますから、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。

職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが介護士です。

そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。

あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、得意なことを最も活かすことができる職場配置となるはずです。
また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。



就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。


初めての介護施設で新人の介護士として働こうとする時に、どこに配属されるかは大変気になりますが、100パーセント希望通りにしてくれるケースも多いですが、人事を担当する人の考えによって確定されたりすることもありそうです。配属先の決定は、介護施設側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、そこに配属になる事が多いのです。

もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。昔の話ですが、かつての介護士といったら大多数が女性でした。
しかし最近の傾向は、どこでも介護士の名称が使われ、男性が働くことも多くなってきました。

現場で求められる介護士の能力を考えた場合、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。

本来女性が持っているような優しさだけでなく、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、介護士に求められる要素だといえるでしょう。


介護士として外科で働く際のいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、説明しましょう。これから手術を受ける患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、とても勉強になります。短所は何かというと、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、腰を落ち着けて患者のケアを行えないことが挙げられます。

一般的に、介護士という職業は給料が高いという印象があるのではないでしょうか。現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など厳しい仕事も多いですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると安定的に待遇が良いのが介護士の特徴だと言えるでしょう。


安定性といえば、介護士という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。高給が約束された安定した業種としては介護士はメリットの多い職業だと言えます。
休みを自由にとれて、希望に沿った仕事を選んで働ける、等などが派遣の介護士として働く上でのメリットでしょうか。

勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、もちろん長期の募集もあり、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。
ですから、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は派遣で働いてみることも一応考えてみながら仕事を探すと、選択肢がとても増えます。


現実は、介護士が出てくるドラマとは程遠いです。
通常業務のみでも大変忙しいのに加え、決められた労働時間以外の業務もあったりして残業を強いられることがままあります。

しかし、いかに多忙で、疲労困憊でも、常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。

少し前まで愚痴を言っていたような人がすぐさま笑顔を向けられるのだから、介護士は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。介護士という仕事をしているのは大半が女性なので結婚、もしくは、出産を理由に、いったん退職する方もいて、高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。



加えて、働く時間帯がイレギュラーであることや、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。介護士さんとお医者さん。二つの間には大きな違いがあります。
大きく言うと、医師は患者さんの診察と治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり薬剤の処方を行うことが主な仕事です。そして介護士については、医師の指導に則って、診療の補助をして、介護面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。


仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、介護士で多いものは、職場での人間関係のストレスや夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。

一般的に介護士の多くが女性なので、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも少なくありません。
他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。
問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのもアリだと思います。

もし転職される場合には、介護士であっても当然、履歴書が要りますが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。



何だと思いますか?それは、その履歴書で最も重要な志望動機をいかに書くかです。具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。職場において、仕事のできる介護士を目指すには、一にも経験、二にも経験となります。
事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったシンプルな仕事でもないため、実地に経験していくしかない、ということです。

そうした中、「介護士としてもっと上を目指したい」という理由で別の仕事先を探す人も一定数います。
規模の大きい介護施設に移って腕を磨きたいという気持ちからくる、チャレンジ精神からきた動機です。介護士が介護施設で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、残業はあっても、日勤だけで済むのが外来勤務です。保育園や学童に子供を預けて働けるため、子供のいる人には良い環境です。



そしてまた、外来勤務では嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。忙しさの度合いについては、介護施設によっても違いますが、人気のある診療科や医師のいるところではたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、介護士は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。どんなスキルが必要になるか、ということも介護施設や、診療科によっても違います。なぜ介護士をやるのかといわれたときに、外せない理由の一つに「給料が高い」ということがあります。
例えば、一年目の給料で見てみても大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。


そうはいっても、給料を多くもらうということは、その分、研鑽に励み、患者さんに貢献していかなければなりません。世間的に、介護士は収入面で安定している仕事だと認識されておりローンを組むことを考えている際、大体の場合、スムーズに審査を通ります。例外として、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない介護士については必ずしもそうであるとは言えません。ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは非常勤でなく、正職員として働いているような安定している介護士に限って言えることであり、たとえ介護士でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。

介護士は、患者と接する機会が多いため、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮しなくてはなりません。自分が患者なら、どのような印象の介護士に信頼を置けるかを考えながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いでしょう。職場の環境によっては、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを忘れないでください。国家資格を有した正看になるためには、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが必須です。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校に通って受験対策をする人もいるようです。
准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、看護学校の通信課程もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽人
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/itmaldllghrlao/index1_0.rdf