。*☆命の大切さ☆*。 

January 07 [Thu], 2010, 9:48
冬休みの宿題で福祉作文を書かなくてはいけないのっ

でね、資料を探してたんだけど、

かなり良いモノを見つけてさ

命の大切さもう1度考えて

人身事故。リストカット。増え続ける自殺者。自ら命を無くしてく

ねぇもう1度命の大切さ考えてみてください。

この世の中に「 あたし 」は1人だし「 あなた 」も1人しかいない

そう。たった、たった1人しかいないんです。

人間とゆう視点で考えたら何億と居るうちの1つです

じゃあ1つ自殺などでなくなっても対して変わらないのかも知れません

生きているもの全ては死を迎えねばいけませんから。

でも、人間、それこそ「 あなた 」の数を数えてください

どうやったって、どう考えたって1つしかないでしょう?

「 あなた 」や「 あたし 」は1つだけ。

自ら命を絶つってことは、そのたった1つを消すってこと

人間なんて何人も居るし「 自分 」なんていらない

そう思わないで欲しい。気づいて欲しい。

命の大切さ。尊さ。本当に本当にたいせつなんだよ

近年自殺者は、30,000人を越え続けています。

言ってみれば3万以上もの種の命が消えていってる事になるんです

多くの自殺者は中年男性。そう働き盛りの「 お父さん 」

いえ、お父さん世代だけではありませんね。

10代20代30代幅広い世代での自殺がふえてます

死んで悲しまないそんな人誰もいないんですよ

孤独を感じて、つらくてつらくて苦しくてしんどくて

そうやって「 自殺 」という道を選んでしまうのでしょう・・・

「あんたは自殺したいって思うほど苦しんだこと無いから言えんだよ!」

そう思われる方も多々御ありでしょう。

私自身、自殺を考えたことがあるわけではありません

でもね、もし自分の友達が知っている人が親が、兄弟が、愛する人が

いなくなってしまえばと考えればとても怖い。本当に怖いです

ふと、あぁ自分なんて死んじゃってもいいや。ココで飛び込んじゃえ

そう思ったとき、あなたがいなくなってしまった後の事考えて

「 お父さん 」もしあなたがいなくなってしまったなら、

遺された家族はいったいどうなるのでしょうか?

「 お父さん 」を失った苦しみとともに、生きてゆくことの困難を

家族は必ずといっていいほどに味わわなければなりません。

「お母さん」もしあなたがいなくなってしまったなら、

「 お兄ちゃん 」「お姉ちゃん」「 妹 」「 弟 」「 友達 」「 恋人 」

例を挙げれば切がありません。そう「 あなた 」は生きてゆく中で

本当に色んな「 役 」を「 担っている 」のです。

ふと、あぁ自分なんて死んじゃってもいいや。ココで飛び込んじゃえ

そう思ったとき、あなたがいなくなってしまった後の事考えて

人が何かをするとき何をまず1番に考えなきゃいけないかって言ったら

自分が「 それ 」をした後に

周りの人がどんな風になるかを考えることがすごく大切だと思うんです

そしてまた、苦しんでいることに私たちもまた気づくべきなのかもしれません

いえ、気づいていかなければいけないのです

さっきも言ったように、まず考えるべきは自分の周りの人々です

たった1つしかない命は、自分自身で私たちで守っていかなければ

このテキストを読んでくださった方

もしあなたがコレから先「 自殺 」とゆう道を選びそうになった時に

このテキストの事、あなたの周りの人々のことを考えてください

そして、この世にたった1つしかいない「 いのち 」を思ってください

簡単に失っていいものであるのかを。考えてください


「 いのち 」は1種類しかないのだから。



今この世界に生きているものでなくなっていい「 もの 」なんて何一つないんです



このテキストにもしなにか何か感じていただけたらましたなら

1人でもおおくの方にこのテキストを読んでもらえますように


ねっかなり良かったでしょ

さて、時間もないし早く書かないと(まだ宿題終わってない〜


2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ポッキー
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1996年4月10日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
最新コメント
アイコン画像ぱーち⌒*
» ウフフフ♪♪ (2009年06月28日)
アイコン画像ぱーち⌒*
» 今日は…っ!! (2009年06月27日)
Yapme!一覧
読者になる