白金の1立方センチメートル

March 16 [Sat], 2013, 10:34
フルートが貴金属の胴体を持ち始めたのは19世紀まんなかごろである(詳しくはフルートの項を参照)。ジョルジュ・バレールというフルーティストは冥土でややに白金(プラチナ)製フルートを製作し、その吹き糸口演奏会のためにヴァレーズに述作を委嘱した。ヴァレーズは出来上がった作業を1番目は無題としていたが、バレールが題名をつけるように求めたプレイス、「それでは白金の密度を題名にしよう」と言ってこの題名を選んだ。白金の1立方センチメートルあたり近所の重さは約21.5gとなる(ただしいやが上にも将にには21.45...となる)。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:itihara1521
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/itihara1521/index1_0.rdf