可愛いところ

November 24 [Sun], 2013, 20:26

こんにちは〜^^

今日も駄作を懲りずに投稿させてもらいます♪


前の「友達・・・。」は、続きを書くべきか迷っていますwww

ぜひぜひコメントで教えてください^^



では、今回の話は
赤司様でいきましょう!!


どうぞ






赤司 : 「よく見ると可愛くないね。」

貴方 : 「は?」



私達は付き合ってそろそろ半年になる、かなりのラブラブカップル///

の、はずなんだけど・・・。


へ?
可愛くないね??

いきなり可愛くないねだと!?

失礼極まりないだろぅ!!



貴方 : 「・・・。ケンカ売ってんの・・・?」


すると、私は本当に怒っているのに、クスクス笑いながら返してくる。


赤司 : 「よく見なくても可愛くないかwww」


その笑い方は茶化す様に可愛く笑っていて、見とれてしまいそうだった。




が、ちょっと悲しくなるんですけど!?

私は赤司君が大好きだけど・・・。
大好きだからこそ凄く悲しくなる・・・。


正直言って、いま、凄く泣きたい気分・・・。


でも、泣いたらきっと呆れられる。


もう、嫌だ・・・。



貴方 : 「私、今日は帰るね・・・。」


とりあえずこの場から逃げようという考えにいたった私は帰ると告げた。


それでも赤司君は私の事なんか気にせず
またクスクスと笑いながら話す。


赤司 : 「いいから黙って聞いててよwww。」


もう、聞きたくないのに・・・。
可愛くないのは解っていても、好きな人には言われたくないよ・・・。



すると赤司君は、すっかり凹んだ私を一度見た。

優しい赤司君は、話を変えてくれるのかな?
っと思ったら、また話を続ける・・・。



けど、次の内容は別の意味で泣きそうになった。










赤司 : 「でも・・・。
      何やるときも一生懸命で、頑張ってるとことかさ・・・。」



そして、少しの間黙ってから
少し恥ずかしそうに頬を赤らめてから、
見た事のないような優しい笑顔でこう言った。



赤司 : 「すっごい可愛いよね。」













でした!!

どうだったかなぁ?



不安でいっぱいです><

何かあったら、遠慮せづ言ってくださいね♪




赤司 : 「最後まで聞きたくなかった?」

貴方 : 「いえいえ/// 聞いて良かったです///」

赤司 : 「だろ? 僕の言う事は?」

貴方 : 「ぜった〜いwww」


プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:みゆぽんず
  • 誕生日:1999年6月26日
読者になる
このブログでは、小説
それもなんと黒バスの夢小説を書きます。
あ!短編集です!
つまらない作品しか書けない未熟物ですが、よろしくでっす♪
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
なにゃ(pqω`*
» 可愛いところ (2014年07月29日)
のん☆
» 誕生日会 (2014年04月08日)
琥珀
» 可愛いところ (2013年11月27日)
琥珀
» 誕生日には暖かい物を・・・。 (2013年11月24日)
琥珀
» 謝罪・・・ (2013年11月24日)
みゆぽんず
» 誕生日には暖かい物を・・・。 (2013年11月24日)
とまと
» 誕生日には暖かい物を・・・。 (2013年11月24日)
ぱんちゃん
» 謝罪・・・ (2013年11月23日)
ぴよ仔ねこ
» 謝罪・・・ (2013年11月23日)
ひるねねこ
» 謝罪・・・ (2013年11月23日)
ヤプミー!一覧
読者になる

赤司様からのメッセージ