ササキリが笹谷

September 21 [Thu], 2017, 12:18
HIV、すなわちエイズウイルスを保有する精液や血液の他、女性の腟分泌液、母乳といった様々な体液が、交渉相手や看病する人などの粘膜や傷口等に触れると、HIVに感染する危険性が出てくるのです。
内臓脂肪症候群とは言われていなくても、臓器に脂肪が多く付いてしまう手合いの悪い肥満になるということで、色々な生活習慣病に罹患しやすくなります。
くも膜下出血(SAH)とは9割近くが脳動脈りゅうと言われる脳の血管にできた不必要なこぶが破裂して出血する事が理由となって罹患してしまう病だということを多くの人が知っています。
老人や持病を持っている人は、ことさら肺炎になりやすくすぐには治りにくいデータがあるので、常日頃の予防や早め早めの治療が重要なのです。
春と秋に患者が増える花粉症とは、森の杉や檜、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉が原因となり、クシャミ・目や皮膚の痒み・鼻詰まり・鼻水などのアレルギーを生ずる病気なのです。
WHO(World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-Aのデタラメな浴び過ぎは皮膚の病気を誘引する可能性が高いとして、18歳以下の若人がファッション感覚で日サロを利用する活動の禁止を世界中に喚起しています。
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、患者さんがゴホゴホと「咳」をすることによって内気の中に放出され、空中でフワフワ浮かんでいるのを他人が呼吸しながら吸い込むことで次々に感染していくのです。
アミノ酸の一つグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を鈍くしたり変異を誘発する人体に有害な物質を体の内側で解毒し、肝臓の動きを強める役目が認識されています。
ロックのライブの開催される場内やディスコなどに設けられている特大スピーカーのすぐ横で爆音を浴び続けて耳が聞こえにくくなることを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と呼ぶことをご存知でしょうか?
欧米諸国おいては、新しく開発された薬の特許が切れた約1ヶ月後には、製薬市場の約80%がジェネリック医薬品(Generic drug)に変更されるという薬もある位、後発医薬品は世界各国に採用されているのです。
ヒトの耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3つに分けることができますが、この中耳のところに様々なバイ菌やウィルスなどがうつることで発赤等の炎症が発生したり、液体が滞留する病気を中耳炎と言っています。
アルコールを分解する肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や脳梗塞などの多様な疾病を招く恐れがあるのです。
ただの捻挫だと自己判断して、湿布をして包帯やテーピングなどで固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を施してからスピーディに整形外科でレントゲンを撮ることが、快癒への近道となります。
ともすると「ストレス」というのは、「溜めないようにするもの」「排除すべきもの」と捉えがちですが、実を言うと、我々人間は日々ストレスを感じているからこそ、活動することが可能になるのです。
AEDというのは医療資格を有していない一般の人にも扱うことのできる医療機器で、AEDからの音声ガイダンスに沿って処置することで、心臓が細かく震える心室細動に対しての緊急処置の効き目を与えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アンリ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/itig4ht4eekcks/index1_0.rdf