ショーパンの堀切

July 20 [Wed], 2016, 13:12
看護スタッフが別な勤務先へ移る方策についてですが、最近ではインターネットを利用するのが過半数を占める勢いです。
ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、タダの上、気になったらその場ですぐ人材募集の要項などの情報を検討することも可能です。よいジョブチェンジを実現するには、様々な角度から調査することが要となりますので、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。

看護師資格を取るための国家試験は1年に1度受けられます。



ナース不足が懸案となっている日本には嬉しい兆候として、このところの看護師試験の合格率は、9割という高い水準を、持続しています。



看護師資格の試験は、一定人数のみを合格させる試験ではなく、一定の水準に達していれば合格となる試験です。

看護師とひとまとめにしても、現場で熱心に働きたいのか、介護に関係した勤務をしたいのか、それとも、専門知識を駆使できる事務的な職務につきたいのか、色々あるでしょう。それに、大きな病院で職につきたいのか、または、小さな個人病院で職に就きたいのか、勤務先の人数、勤務する時間に要求があるのかも大切です。
看護師の業務には、どんな業務があるのでしょうか。
朝のうちに、前日の夜勤の担当者から患者の容体を聞き、業務の引き継ぎをします。



この業務は夜勤と日勤の交代の際に必ずする「申し送り」と呼ばれます。それが完了すると、入院中の患者さんのバイタル測定を行い、必要により、清拭、入浴の介助を実行します。看護師の職場といえばホスピタルというイメージが大部分が思うことでしょう。

また、ナースの資格を活かせる職場は、病院の外にも色々とあります。保健所で保健師とよく話し合って地域の住民の健康上のいろいろなケアをするのも看護師の責任です。また、福祉施設にはドクターがいつも居るところは少なく、だいたいの医療行為を看護師が行います。業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、看護師の仕事はかなり厳しいものですから、辛いと感じることも多いでしょう。二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、生活が不規則になってしまい、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。


心身ともに大きな負担のかかる仕事ですから、これによりどうしようもなく疲労を溜めてしまい、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、身体に無理をさせているのかも、と自覚したりします。

すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。

お世辞にも良いとは言えない労働環境で、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、残念なことですが、過労死してしまった看護師もいるのです。夜勤のない職場に移ったとしても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、ますます看護師の需要は高まり、看護師にかかる心身の負担は大きいです。

看護師の勤務先は病院といったところですから、勤務時間は多岐に渡っています。

それが原因で、安定してお休みが取れないといった難題があるでしょう。看護師という職業は医療機関にとって欠かせない存在ですが、しかし、働く方に言わせてみれば悪いと言わざるを得ない労働条件であることが多々あります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shiho
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/itewroearuh1yp/index1_0.rdf