omoi 

February 12 [Sat], 2005, 10:11
寒ければ
走り出せばいい ただ それだけなんだろう

20041025 

October 24 [Sun], 2004, 19:27
いくら身体を重ねても
好きだと言葉で伝えても
君の横顔が伝えるNOIZE
必要ないと教える合図

20041011 

October 11 [Mon], 2004, 10:14
ブーケをとって消えていった君の影

 

October 04 [Mon], 2004, 14:47
広がる 大きな このソラのような
そんなでっかな心が欲しかった!

青くすんだ世界 どこまでも
白くのびる 夢の形はそれぞれ

鳥はかけるそのときを
自由に 翼ひろげ はばたく

何にも縛られる事無い そんな世界で暮らしてみたかった

いいこなんて いわないで
そんなことなんかないから

20041004 

October 04 [Mon], 2004, 14:11
東から 太陽が のぼり
また、動きだす 僕の心

闇に落として 目覚めないように 殺した気持ち
君を思えば 思うほど こんなにも苦しいんだ
そう だから 僕は 眠ったんだ

いくつもの 夜を繰り返しても
消えない 心が
痛くて 痛くて もう 耐えられない

今すぐ君に 会いに行こう
もうだってこんな 夜を迎えたくは無いから

今すぐ君に 会いに行こう
例えそれが 夢〜の中でも〜


闇に投げて 拾えないように 捨てた気持ち
君を思えば 思うほど こんなにも苦しいんだ
そう だから 僕は 眠ったんだ

いくつもの 夜を繰り返しても
消えない 暖かさが
欲しくて 欲しくて もう 耐えられない

今すぐ君に 会いに行こう
もうだってこんな 夜を迎えたくは無いから

今すぐ君を 連れ去りに行こう
例えそれが 夢〜の中でも〜

世界の中心で・・・w 

October 04 [Mon], 2004, 11:45
まわる まわる 世界はまわる
俺を中心にしてまわる

まわる まわる 世界はまわる
俺がこの世の支配者だ

2041004(未) 

October 04 [Mon], 2004, 10:50
この場所が心地いいから
僕はここに立っている

何気ない会話から運ばれた
叶えたかった夢

ひとりでは出来なかった事が
やっと動き出した

君がいて僕がいて、僕たちがいる

不条理なんてすべて 吐き出せ
音楽にのせて 高らかに吹き飛ばせ
弾むビートに 心載せて 身体で感じるこのエナジー

今なら空でも飛べそうなそんな気がして

200041004 

October 04 [Mon], 2004, 9:50
君と 僕を 結ぶピースが
みつからなくって
とりあえず すみのほうから埋めてみた
ひとつひとつ君の色を確かめながら
つむぐ言葉のかけら
似た色、形 探しては
照らし合わせて見た
合うたび喜び はしゃぎあい
次のピースをまた探す

20041004 

October 04 [Mon], 2004, 9:37
毎日が流れてく 何もせず消えていく
夢見ていたあの頃が 遠くかすんでく

何も出来ない 自分に 歯噛みしつつ過ごす日々よ
無駄に賢くなってしまった 判断基準

妄想膨らまして あがきつづける
心が叫んでいる

す べ て ぶち壊せと!

いい子になんて なりたくない
他人なんて関係ないって
すべて捨てて 飛び込みたい

20041004 

October 04 [Mon], 2004, 9:21
暗闇の中 つきっぱなしのテレビ
けむりをはきだし 燃える先端を見つめる
不条理を吐き出し 
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/itbsky/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:itbsky
読者になる
Yapme!一覧
読者になる