仲宗根の小柳

July 09 [Sat], 2016, 2:44
介護士の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。


特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。

それに加えて外来勤務においては、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。

忙しさの度合いについては、介護施設によっても違いますが、人気のある診療科や医師のいるところでは多くの患者で待合室がいっぱいになり、介護士は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。身につけたいスキルについても介護施設や、診療科によっても違います。介護士の仕事といっても、配属先の科によって、看護技術や処置もまた違います。ローテーション研修は、介護士にとって自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、いち介護士として視野を広くして物事を捉えられるようになり、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。


将来を考えるキッカケになりますから、介護士としてのやる気も高まります。


介護士として患者から信頼してもらうためにも、介護施設に勤める介護士は見た目にも注意することが大切です。メイクが必要な女性では、派手なお化粧は控えて、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのがおススメです。スッピンとはまた違って、患者に与える印象もガラッと変わると思います。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される介護士は求人が途切れるようなことはありません。
そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、少し念入りに求職活動を試みれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。最近スマホやPCで閲覧可能となっている介護士の転職をサポートする専門の求人サイトなどがかなりの数があるのです。
なので、会員登録して上手く活用しながら最適の仕事先を見つけてください。
現在わが国では、EPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの外国人介護士候補生の受け入れを行っています。
しかしながら、日本語で出題される介護士の国家試験に3年間のうちに合格し、晴れて介護士、とならなかった場合には帰国する必要があります。働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、介護士資格取得のための試験対策も行わなければならないので、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。殆どの介護施設において、介護士が十分に足りていないことは十分な介護を提供できないという意味では社会問題と言えます。その原因として代表的なものは、仕事に追われる介護士の厳しい労働環境があります。
法改正によって、医師の仕事を介護士が担当できるようになったため介護士にかかる負担が増え、仕事に拘束される時間も長くなり、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。

交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、退職する人もいます。
介護施設で介護士としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、子育てをしながら働く介護士にしてみるとかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。
子供の就学前であれば24時間保育を実施している保育所を利用したり、託児室を完備している介護施設に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。なので、パートで働く形に変えていくという介護士も相当数いると思われます。

介護士としての働き方はいろいろあります。



正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。では、パート介護士の時給はいくらくらいか見てみるとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが世間の相場みたいですね。
時間いくらのパート勤務にしてはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、人の命に関わる責任の重さやかなりの激務をこなしていることを思うと、つくづく安い値段ではないでしょうか。色々とある中で、介護士という資格の一番いい点を挙げるとすれば、なんといっても介護士として勤務していない時間があっても、また介護士に戻れるという点です。



理由として、介護士が専門職だからということと人が足りていないことが大きくかかわっていると言えます。

転職先も雇用形態も特に希望しなければ状況次第で50代だったとしても、復職が可能です。他の一般的な職業と、介護士の収入などを比べたデータによると、少なくとも平均年収においてははっきりと、介護士の方が額は大きいのです。

介護に関わる職場において需要はいつでもある訳ですから、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という専門職らしい長所もあるのでした。
さてそんな介護士ですが、給料は良いものの、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、介護士の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。


よく言われているように、介護士というのはとてもきつい仕事です。勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、検温や血圧測定、動けない人の介助もすべて介護士の仕事となっております。
緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのにナースコールに何度も応答することになったり等々、時間が経つのを忘れてしまうほどてんやわんやと忙しいこともあったりします。
初めて介護士の就職先を探してみても決まらず困っている話を聞きますが、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。

求人において年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、実際には介護施設側が採用年齢を設定しているケースがあるのです。
中でも、30歳以上で未経験の場合、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。


介護士でも公務員になれることをご存知ですか?それは国公立介護施設や公立機関で働くという方法です。介護士は専門職で長く勤務することが出来る安定した職種の一つであるとして勉強する人も多いのですが、さらに公務員の待遇が付加することで一層安定した職業になることは確実です。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは何よりも魅力的だと思います。
出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする介護士は結構多いようです。ただ、それ程スムーズに、出戻りがしやすいかどうかというのは辞めた状況により変わってきます。

例を挙げるなら、結婚や転居、または出産、育児を理由とした辞職であれば、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。

こうした形で復職する介護士は、確実に増えています。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして出戻り就職をする人も少なくありません。
一般的な介護施設に勤める介護士の多くは、業務上、患者やその家族と関わらねばならないため、印象の良いヘアスタイルにも気を配っておきましょう。
いち介護士として、介護施設内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔感を第一にすることが大切です。
職場の環境によっては、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを忘れないでください。

介護士を志したのは職業体験というものが中学の時にあって介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた介護士さんに感銘を受けたのが事の始まりでした。


大人になったら、こんな風に働きたいと思ってそこから看護学校へ進み、介護士になることが出来ました。確かにつらいこともあります。

しかし、おおむね満足した日々を過ごしています。



かつての介護士は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の介護士がほとんどでした。でも、今では介護士の名称が認知されていることからも分かるように、男女共に働く職業となってきました。

介護士に求められる能力を考えてみると、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、これからの介護士にとって大切な要素だと言えますね。介護士が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときの考えられる良い側面と良くない側面を説明しましょう。これから手術を受ける患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、スキルアップに繋がります。



良くない面を挙げると、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、長期間じっくりと患者のケアを行えないことが挙げられます。


転職活動を行う時には、ご存じのとおり、たとえ介護士であっても履歴書の持参が必要ですが、気を付けなければならないことがあります。それは何かと言いますと、履歴書の項目の中でも特に大事な志望の理由の書き方です。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、「ステップアップすることが出来そうだから」とか今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由などやる気に満ちたような内容がいいと思います。


友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、ある病気の治療のためにしばらく介護士を辞めていました。
でも、病気を治したら早めに復職して昔と変わらず介護士として勤務しているのです。



数か月間、仕事から離れていても、役に立つ資格があったら比較的簡単に職に復帰できるんですよね。
やはり資格が大切なことが改めて分かりました。介護施設に初めて介護士が就職を果たした時、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなところもある一方、人事担当者の考え次第で決定に至ることもあります。

人員配置については、介護施設側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、充分に考えられた配属であることが殆どです。
もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。



皆さん介護士というとどういうイメージをお持ちでしょうか。


「介護士」と言えば普通とはちょっと違う職業だと認識されていますが、そうは言っても、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者にも悪影響となる場合もあるかもしれません。

介護士がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、雇用する側が、ちゃんと考えてくれることが大事なことだと思います。女性に人気の高い職業の一つ、介護士になるためには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて介護士ということになるのです。


国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、ふつうに授業を受けていたなら、そう難度の高いものではないということです。

さて、介護士を養成するための機関といいますと看護専門学校や短大など、いくつかありますが、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な看護大学や学部の人気が高まっているようです。実際の介護士資格取得の難易度はどのくらいだと思いますか?資格を取得するための介護士国家試験の合格率は、90%近くが毎年合格できているようです。


試験そのものも、学校の授業を勉強しておけば合格できますので、それほど介護士の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。

総合介護施設から介護施設まで介護士は様々な場所で求人がありますが、介護士が働く現場として実のところ、保育園が挙げられます。
保育園を職場にするのは、子供好きの介護士には、おススメの職場だと言えますね。


介護施設とは違って、保育園での介護士の仕事は園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする働きがいのある仕事です。
転職を希望する介護士の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。
慢性的に介護士の数が足りない、とする介護機関は多く、需要は高まる一方で、そのため求人の数はとても多いのです。
例えば今現在、勤め先で希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、身体が辛いのにどうしても休めない、など、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。

もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。

介護士として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのはとにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。エックス線撮影やCTなど放射線を利用する検査の際、そこに居合わせることもよくありますから、注意するに越したことはありません。それからまた、薬の取り扱いについても薬品に触れることは大変に多い訳ですし、注意するべきでしょう。一方で、介護士の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。
介護士は喫煙者が減っているように思います。
実際のところ、やはり国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。
介護施設で勤める以上、煙草の臭いを漂わせまいと注意している人が増えていることが理解できると思います。ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。



社会が高齢化していることもあり、着実にお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。


そうなってくると、医師と介護士も大勢が働いているべきなのに、介護士が足りなくて困っている、という介護施設はたいへん多いのです。
しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、求人募集がとても多いということでもあり、介護士は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるという大きなメリットもあります。最近の交代勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、介護士を挙げることが出来ます。


外来の介護士であれば日勤のみということもありますが、一般的には病棟の方が必要な介護士も多いので、経験を積む上でも必然的にシフト勤務になると思います。



実際に、私の妻も介護士で、子供が幼い時にシフトで働いていました。
ですから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって大変だった思い出があります。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Soichi
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/itba5r3farslyh/index1_0.rdf