【 更新情報 】

スポンサード リンク

デロンギオープンを使った簡単レシピ

デロンギオープンを使った簡単レシピ
★トースト

やはり気になるところは、オーブンでトーストがうまく焼けるのかというところではないでしょうか?うれしいのは食パンが3〜4枚同時に焼けてしまうところ。だから同時に朝食もスタートができる。
トーストの焼き方もそれぞれだ。これは好みもあるので色々試してみて自分の好みに合わせて調理してみる価値もあり、新発見があるだろう。
今回紹介するのはコンベクションオーブン調理(サポートセンターからのおすすめ)でのトースト。上段にワイヤーラック(下段用)をセットし230度で5分ほどでコンガリキツネ色に焼きあがる。コンベクションの熱風で表面もサクッとほどよい食感が楽しめる。
他、オーブン調理、グリル調理でも調理可能。


★鶏もも肉のオーブン焼き

本当に簡単にできるオーブンレシピがありましたので紹介します。
面倒くさがりな人でも大抵炒め料理くらいはできますよね。
そんな炒め調理よりも簡単です。
オーブンは予め予熱しておきましょう。
まずは鶏肉とタマネギに適量の塩、胡椒、オリーブ油をまぶし、トレイに並べる。選択するのは「オーブン調理」モード。上段で200〜220℃で焼く。待つこと40分。たったこれだけ!食材を並べるだけである。ご主人に頼んでもできる。
「並べてチンして!」これだけだ。皮もパリパリに焼けて香ばしい。





★ピザマルゲリータ

やはりデロンギのオーブンのレシピで魅力があるのはピザ。何といってもピザストーンが付属品としてついてるから、家庭でピザが作り放題食べ放題である。

生地を伸ばしてピザソースを塗り、チーズやバジルをトッピングしたら、十分に熱したピザストーンの上へ。230℃の「コンベクションオーブン調理」で15分焼いたら、つまみを回して「スローベーク調理」に切り替え、さらに5分程度焼いた。手作りの「ピッツァマルゲリータ」が完成した。ビザはパリパリのカリカリに仕上がり、生地も歯ごたえがあってとてもおいしかった。

 所定の時間でやってみたが、想像以上に焦げ目が付きやすいようだ。「コンベクションオーブン調理」の時間を5分程度に短縮し、「スローベーク調理」を5分伸ばしてもよかったかもしれない。

 なお、コンビニやスーパーなどで袋入りで売られている8インチ程度のインスタントピザも楽々焼ける。ピザストーンを使うとクリスピーな食感に仕上がるので、ピザ好きにはお勧めだ。

デロンギ「コンベクションオーブン 」の機能紹介です。

デロンギ「コンベクションオーブン 」には、メニューを選ぶだけで簡単調理できるボタンやダイヤルは付いていないので、料理に合わせて調理設定が必要になります。
なのでコンベクションオーブンのモードがどういった機能なのかを理解して調理しなければいけないということです。

ここでは、コンベクションオーブンに 備わっている調理モードを確認してみましょう。
難しく考えなくても大丈夫ですよ。
とっても簡単ですから。。。


★オーブンとは
ヒーターで庫内全体を一定温度にし、
その熱で食品全体を包み込んで加熱する調理方法です。
食品はトレイ、または耐熱容器に入れ、ワイヤーラックの上に乗せて調理します。

パンやケーキ、焼き豚、ハンバーグ、ローストチキンなどの調理に向いている。

オーブン機能には「コンベクションオーブン」という調理方法もああります。通常の「オーブン調理」では、上下のヒーターから放たれる熱だけで加熱をするのですが、「コンベクションオーブン」では、ファンで熱風を循環させて庫内全体の温度を均一を保つ仕組みになっているのですよ。

シンプルオープンなのに賢いですね。


★グリルとは
ヒーターから直接熱を放ち焼き上げる調理方法。
「EO1258J」では上ヒーターのみによる加熱調理になり、食品を直接ワイヤーラックに乗せて調理する。簡単に言えば“直火焼き”の感覚ですね。

焼き魚や焼き鳥、ステーキなど、焦げ目をつける料理に最適ですね。


★ スローベークとは
グリルとは逆で、下ヒーターのみで加熱する調理方法。
110〜160℃でじっくり熱を通す調理はバツグンです。

煮込み料理や蒸し料理などが美味しくできますよ。


★ 解凍とは
ファンによる送風のみで自然解凍をしてくれます。
電子レンジに比べて時間はかかるが、とても良い状態で解凍できます。

肉1kgなら約80〜90分が目安です。


これで機能は御理解頂けたでしょうか。
こんなにシンプルなのに、いろいろな調理が出来る本格派
オープンだと思いませんか。
これは使わないと損ですよね。


デロンギオーブンの評判を型番ごとにまとめてみました

デロンギ製品の評判はヨーロッパを始め、世界的に高いものになっている。
その高い評判はポータブル暖房器具などのエアケア製品にはじまり調理器具や
アイロンなどの分野においても獲得している。

それでは人気の高いデロンギのオーブンの評判はどうだろう。
まずデロンギのオーブンは3種類ある。
型番ごとにオーブンの評判もそれぞれだ。

@EO1900J ※コンベクションオーブン

コンベクション機能と低価格が魅力、サイズもコンパクトで家庭で使うには十分。
なによりもパリッとカリッと焼き上げるのに最適。ピザ、チキン、ハンバーグ、ケー
キなどのお菓子、もちろんトーストなど、その効果は適材適所発揮され人気が高
い。オーブン内の高さは15cmと少し低めなので高さのある焼き物を作る時は焦
げやすいので注意が必要。アルミホイルを焼き物の上にかぶせるなどの工夫が
必要。
何回か使ってみてオーブンの特徴を掴んでみるとうまく使いこなせるようになる。

・最高温度:240度
・内部塗装:デュラストーン加工(ホーローの一種)。
・内部高:15cm
・付属品:トレイ2枚(深さ2cmと4cm,デュラストーン加工),オイルプレート(デュ
ラストーン加工),ピザストーン(26cm×23.7cm四角形),ミトン,クッキングハン
ドブック


AEO1258J  コンベクションオーブン

従来の電子オーブンレンジは最高温度が200度までのものが多かったが、こちらの
コンベクションオーブンでは230度と高温設定が可能。それにイメージよりも熱量が
高いせいかピザもスコーンも簡単に焼きあがる。トースターとしても問題なし、枚数も
多く焼けるので家族分一度で焼けるので揃って「いただきます!」できる。ダイヤル式
の直観的な操作性はわかりやすくメカ音痴の主婦でもつかいこなせる。スッキリ、コン
パクトでなによりコストパフォーマンスが高い。

・最高温度:230度
・内部塗装:テフロン加工。
・内部高:14cm
・付属品:ラック×2,トレイ×2(深さ2cm),オイルプレート,ピザストーン(30cm丸形)



BEO1202J-W ピザ&トースト

ピザーストーンが直径30cmあるのでご家庭でも大きなピザがおいしく焼くことができる。
ピザ屋のピザのように外側(耳)部分や底面はパリパリ感をもたせることができ、トッピン
グ食材のうまみを引き出しジューシーに焼きあげます。グラタンなどグリル料理も内部ま
でしっかり火を通します。ミートローフやラザニアなども思いのまま。その期待以上の活
躍で料理のレパートリーも増えました。


・最高温度:230度
・内部高:14cm
・付属品:ラック×2,トレイ×2(深さ2cm),オイルプレート,ピザストーン,EO1900Jが
トレイ×2(深さ2cmと4cm,デュラストーン加工),オイルプレート(デュラストーン加工),
ピザストーン(30cm丸形),ミトン,クッキングハンドブック.


このようにそれぞれ型番によって若干の庫内の寸法なども違うので比較して必要なもの
を選択してデロンギオーブンの料理を楽しみましょう♪

デロンギ オープンの簡単掃除はこれ!

デロンギオープンの掃除の仕方

デロンギ製のオーブンに限らず、
掃除って面倒ですよね。
オーブンは電化製品なので掃除が難しく考えてはいませんか。
魚を焼いたり肉を焼いたりお菓子を焼いたりと日々いろんな事に
使用しているので、匂いや汚れが気になります。

そこで簡単デロンギオープンの掃除を紹介します。

@重層を使用してのオープンの掃除方法
 重曹を薄めたものを、オーブン庫内全体に吹き付けをする。
 加熱で30秒ほど作動させる。
 重曹は洗浄力も強く、熱処理をするので安心です。
 気になる方は濡れたふきんで軽く拭いてください。

A中性洗剤を使用してのオープンの掃除方法
 耐熱ボウルにお湯を入れ中性洗剤を数滴落とします。
 加熱で5分ほど作動させる。
 そして庫内からボウルを取り出します。
 後は濡れたふきんで軽く拭いてください。
 もし頑固な汚れがまだ残っていたら
 先程使用したボウル内の中性洗剤をしみこませた
 キッチンペーパーをしばらく貼り付けておき、
 それから拭き取るとさらに効果有りです。

@Aが終わった後
できればその後オープン庫内をエタノールなどで拭いて乾燥させておくとさらに
除菌できていいと思います。
エタノールはアルコールが入っているのですぐに揮発し、他の掃除などに役立ちます。

これでデロンギオープンを快適に使えますよね。

デロンギオープンってどんなオープン?

デロンギ(DeLonghi)とはイタリア家電の事で、
イタリアのトヴァーゾを本拠地とする電気機器製造会社である。
デロンギグループは、
1)暖房部門
2)エアコンディショナーとエアトリートメント部門
3)料理・調理用品部門、4)ハウスクリーニングとアイロン部門の4つに分かれており、
快適な生活を追求する事業会社です。

日本ではオイルラジエターヒーターが有名ですが、実は
エスプレッソメーカー、アイスクリームメーカや
オーブンなど幅広い取り扱いを行っているんですよ。

ではデロンギオープンの紹介をしたいと思います。
デロンギ・コンベクションオーブン
煮込み料理や、ラザニアなどの本格的な調理にそのまま使えて大変 便利です。
熱風で包み込む本格的コンベクションオーブン
ファンで熱風を対流させることで、食材を包み込むように焼き上げるのが特徴。
ラックを上下2段になっているので同時に
2つの料理(二段調理)が出来るすぐれもの!
そしてコンパクトですが余裕の12.5L。
ボリュームのある食材も調理することが出来ます。
庫内は灯付きなので、調理の様子も確認できるので安心です。
毎朝のトースト(4枚まで一気に焼け)から、本格的なグリル調理まで、ダイヤルだけの簡単操作で、料理の幅ぐぐっとひろがります。

これは一家に一台ほしいですよね〜。。。