生存報告 

2013年04月13日(土) 1時25分
新学期が始まりました。
日々、戦場の様な忙しさですが、お陰様でなんとか生きております。

今年度は科研費も採択されたので、研究面では大きな進展が期待できます。
岩崎研の一期生の学生さんたちもM2になり、就活を乗り切った子たちがちらほら出始めたので、いよいよ研究室として全力で勝負できる年になりそうです。
私も実験量だけは学生に負けないように頑張る所存です。

こちらの大学に来て3年が過ぎ、4年目に突入しました。
研究以外の業務も、相変わらずとめどなく降り注いできますが、うまいことやりくりする力もそれなりについてきたと実感しております。

こんな感じで、研究にはスピード感を出しつつ、それ以外はうまいこと捌きながら、一年間やっていきたいと思います。
また、ちょこちょこと更新します。


いわさき

時代 

2011年12月09日(金) 23時08分
先日の良き日に、学生さんたちから贈り物を頂きました。
赤ワインと空気洗浄器です。






赤ワインは、わざわざフルボディを選んできてくれたそうで、非常に感激です。
空気洗浄器は3年生女子たちのチョイスで、アロマ機能付きでなかなかシャレオツだなあと思った矢先、
4年生男子どもが、ペプチド合成で使うピペリジン(一部のアミン類特有の芳しい香りがする試薬と言うかぶっちゃけ精液の臭い)入れましょうとか言い出して、あゝ育て方に一片の間違いもなかったなと安心しました。


・・・というのが先日の出来事で、本日脈絡もなくノートPCの中を整理していた際に、ふと見かけぬ写真フォルダの中に、これまた見慣れぬ写真を見つけて驚きました。
生まれたばかりの僕たちを抱いた、今の僕よりも若い父と母の写真でした。
以前ノートPCに兄の結婚式の写真データを入れてもらったことがあるのですが、どうやらその際に、結婚式で使う予定でスキャンしておいた昔の写真もひっそりと紛れ込んでいたようです。
しかし、写真に写っているのは28歳の父と27歳の母と1歳の双子(♂x2)、そしてそんな写真を眺める29歳の僕という、何とも言えぬ不思議な感覚を味わいました。
と同時に、今の自分とほぼ変わらぬ歳で、第一子が双子で、それを育て上げた父上と母上は本当にすっげえなと心から敬意の念を抱きました(以前からきちんと尊敬はしておりましたけども)。
とうの昔に親を超えたつもりになっておりましたが、いやいや全く及んですらいないじゃないかということがよく分かりました。
僕も30年後くらいに、親父は凄かったんだなと思われるようにしなきゃならんなと切実に思った29歳の冬でした。
もう少し大人になることが、この一年間の目標です。

因果応報 

2011年10月20日(木) 19時48分
この時間なのですが、学生さんが総出で飲みに行ってしまい、ラボには誰もいなくなってしまいました。
所謂、学生飲み、だそうです。
先生は来ちゃダメ、だそうです。
たまには指導教員の悪口でも言い合ってガス抜きしてもらうことが、長期的に見てラボにとってもプラスになると、頭では分かっているのですが、やっぱり自分だけが呼ばれない飲み会ほどツマランものはないです(笑)
まあどのみち呼ばれないのは一緒でも、陰でコッソリよりは、堂々とアナウンスしてもらえただけ幾分かはマシですが。

そう考えると、昔は僕も指導して下さったボスに対して、随分ひどいことをしていたんだな・・・と今更ながら痛感。
彼らが楽しんでいる間に、僕は科研費申請書の最後の総仕上げにかかります。
因果応報とは、まさにこのことよ。

ニューフェイス 

2011年10月04日(火) 22時16分
昨日から後期が始まり、当ラボも新メンバーを迎え、新体制がスタートしました。
今年も無事に4名の三年生がニューフェイスとして参戦してくれましたので、いよいよラボの中も賑やかを通り越して、ちょっとした戦場の様を呈してきました。
研究室始めの挨拶に始まり、三年生の研究テーマ決め、歓迎会とドトウの1日でしたが、新メンバーにとっては記念すべき最初の一歩になったのではと思います。

僕自身がこの子たちをまとめきれるのかといった不安があるのと同様に、彼らもこのラボで大丈夫なのかといった不安を抱えているのが現状ですが、
卒業を迎える頃にはこの子たちでよかった・このラボでよかったとお互いが思えるような、そんな研究室生活を構築していけたらいいなと思います。
四年生の学生さんたちも、先輩らしくしっかり頼もしく成長してくれているので、きっと大丈夫でしょう。
そんなこんなで、後期も頑張ってまいります。
以上、親馬鹿日記でした。

ドーピ○グ 

2011年09月06日(火) 1時50分
ぼちぼち帰ろうとしているのですが、まだ4年生の学生さんが残って頑張っています。
自分が4年生の頃など、1時過ぎたらビール飲んで寝袋にくるまっていたことを考えると、本当に今の子たちには感心します。
しかし、最近ラボ内でレッドブルとカフェイン剤が流行っているのですが、もうそこまでするならいっそのこと酒飲んだ方が作業効率も上がるんじゃないかと小一時間。。。
まあ、実証結果はゼロであることは身を持って知っておるわけですが。
そんなわけで、僕は先に帰ります。
お疲れ様でした。

スランプ 

2011年09月04日(日) 23時14分
科研費申請までに業績を一つでも増やそうと、論文をシコシコ書いているのですが、なんかブランクっちゅうかスランプを感じつつあります。
というか、今から投稿しても科研の学内締切までに間に合うかどうか。
先月中にやっておけばよかったと後悔しつつも、とにかく今週末までには終わらせようと足掻いております。

弟がよく言うていたのですが、「いつか、そのうち、また今度。明日やろうは馬鹿やろう。」だそうです。
そういうわけで、今日中にある程度進めましょう。
あと15分も残されていませんが。

現在、Maker's Markを起爆剤として活用しているのですが、先日フォア・ローゼズ・ブラックを飲んでみたら見事にドハマリしてしまいました。
ちょっとお高いけど、今度手を出してみます。

未来館 

2011年08月17日(水) 23時03分
昨日、人生二度目の未来館に行ってきました。
友人がサイエンスコミュニケーターを務めているので、どんな感じかなと遊びに行ったら、物凄い人だかりの中心でアシモを使役していて、かっこよすぎてびっくらこきました。
その後、バーチャル昆虫をデザインできるコーナーがあったので、ちびっこたちに紛れて面白半分でいじってみたのですが、対象学年が小学生なのか大学院生なのか分からないほどの作り込みに再度びっくらこきました。
とりあえず、ホメオティック遺伝子を全部ぶっ潰して、バイソラックスどころの騒ぎではないクリーチャーをデザインしたら、森に放った瞬間に速攻で淘汰されて自然の厳しさを痛感しました。

年間パスの購入を本気で検討中です。

帰還 

2011年08月16日(火) 21時24分
やることはやりましたので、職場に帰還致します。
来年度に繋がる収穫もありましたので、胸を張って帰れます。
明日から仕事頑張ります。

竹鶴12年 

2011年08月10日(水) 23時42分
購入。
期待したほどではなかったような…残念です。

今年で科研費が終わるので、新たに申請書のアイディアをコネコネ練っていたのですが、本日ついに決定打を得るに至りました。
きっかけは学生さんの論文紹介。
持ちつ持たれつです。

Ph.D. 

2011年08月10日(水) 0時25分
いよいよ待望のファージディスプレイに手を出すことになります。
ウン千種類の化合物アレイも魅力的だけど、ウン億種類のペプチドライブラリーからのペプチド創薬も凄いんだよ、ということを新規参入の分野で証明していきたいです。
というわけで、ここは無難にNEBのPh.D.-7か12を検討中。
しかし、相変わらず欧米の人たちのネーミングセンスには脱帽します。
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新こめんと
アイコン画像モトグッチ 故障
» 学振通りました。 (2013年11月19日)
アイコン画像いわ
» 生存報告 (2013年04月14日)
アイコン画像
» 生存報告 (2013年04月13日)
アイコン画像ama
» 生存報告 (2013年04月13日)
アイコン画像蕎麦屋
» 時代 (2012年10月30日)
アイコン画像いわ
» ニューフェイス (2011年10月08日)
アイコン画像いわ
» スランプ (2011年10月08日)
アイコン画像JUNNA
» ニューフェイス (2011年10月05日)
アイコン画像ama
» ニューフェイス (2011年10月05日)
アイコン画像ぽん
» スランプ (2011年09月19日)
Yapme!一覧
読者になる