どのように鑑別アテネの腕時計の本当に偽り

August 25 [Sun], 2013, 16:57
観察アテネの腕時計の時計の文字盤が多少日、周暦のにせのチトニを持ってこのような特徴があります:カレンダーのウィンドウから見上げて、カレンダーの活字ケースのは外側は後ろへ傾いて、あるいはカレンダーの活字ケースはプラスチックが本質的です。周暦の活字ケースは中国語で明示して週あるいは週字の右側が英文を使って、左側は数字を使います。冒牌アテネの腕時計がいくらかあって時計の文字盤の上でsWISSMOVT字母を印刷してあってスイスのチップを表しますが、SHOCKPROOFこのような字母で明示するのは地震に備える時計で、しかしこれらのアテネの腕時計の通常の時計の文字盤の上の欠陥と欠点はわりに多くて、もし字をぐるぐる巻いて埋め込みするのがゆがんでいるならば、分け線の印はぼんやりさせて、字あるいは商標の字母、図案をぐるぐる巻いて時計の文字盤の上で埋め込みするのが厳密ではありませんて、盤面の上に、変色しておよび夜が少し明るくて落ちるわりに多い引っかき傷があって、その上夜が少し明るくてすべて字をぐるぐる巻く中に側をプラスして、夜が少し明るくてわりに大きくてと平均していないことに見えて、時計の文字盤に夜がポインターの当直をした少し明るい色が少し明るいようにともあるは一致しませんでした。

  観察アテネの腕時計殻後蓋凡輸入完成品アテネの腕時計、特に男性の時計、殻を表した後ですべてかぶせてたくさんの英文の字母を印刷しなければならなくて、アテネの腕時計の札名を明記して、国別(SWISSMADE スイスが造る)を生産して、全鋼あるいは半分鋼が水を防ぐ(WATER RESISTANT )、磁気を防ぐ(ANTIMAGETIC)、アンチ?ショックあるいはアンチ?ショック器の名称、そして刻んでチトニの商標の専用の商標の図案を印刷してあります。この以外、また刻んでいくつか数字があって、用いてチトニのチップ号と殻号を明示します。冒牌アテネの腕時計の後でかぶせてある図案と字母を刻む大部分が非常に大きくてはっきりしなくて、不明な殻号とチップ号。輸入完成品アテネの腕時計の後でかぶせて普通は皆貼る1ゴムの膜があります。スイスの産する金めっきの殻の腕時計、殻を表してひとつの段の位置(腕時計のバンドのスプリングの竿比較的に所をインストールすることと)をつけて刻む字母があって、PLAQUEGI0のようです、殻を表すと表しているのは10ミクロンの金めっきです。にせの時計はこのようなタグがなくて、たくさんのにせの腕時計の採用はチタンの類の技術を窒化して金めっきに成り済まして殻を表します。