福家がミクロマン

April 23 [Sat], 2016, 21:48
病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、介護士は夜勤を避けられない職業の一つです。

実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、勤める介護施設が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。
普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。

一方の3交代勤務では休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。希望する介護施設がどのような勤務形態なのか早めに調べた上で検討することをおススメします。

介護士でも公務員になれることをご存知ですか?それは国公立の介護機関で働くことです。実際、介護士の職業は専門職で長く勤務することが出来る安定した職種の一つであるとして希望者が多いのですが、さらに加えて、公務員の待遇もあればこれ以上の安定性はないですよね。

具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。これらは何よりも魅力的だと思います。思い返してみると、私が介護士になりたいと思ったのはまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、私は介護施設へ訪問しました。その時、そこに勤務している介護士さんを見て、感銘を受けたのがきっかけとなりました。

将来、仕事を選ぶとき、ああいう風になりたいと思って高校卒業後、看護学校を経て今は介護士です。
いやなこともありますが、介護士になってよかったです。


結婚相手として人気が高いと思われる介護士ですが、意外と未婚の人が多いようですね。


具体的に調べてみると、介護士の結婚年齢は全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が判明しました。晩婚になる理由を挙げるとすれば、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。

普通、介護士の職場と言えば介護施設ですが、実際は多種多様なものがあり、複数の科を持っている総合介護施設から、地域の町医者まで規模は様々です。意外なところでは、介護施設や保育園も介護士の職場です。


給料は勤めている会社によって違うものですが、介護士も同様でしょう。
町医者と総合介護施設とでは、どうしても貰える給与に違いがあるのです。こうしたことを踏まえても、介護士だからといって平均年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。

介護士の仕事をしていく中で勿論逃げ出したくなることも何度もあるでしょう。 仕事そのものの失敗のみならず患者さんとのトラブルなどもあるのです。


ですが、それだけではなく、やりがいがあると感じることも多くあります。時に厳しく、時に優しい諸先輩方。

いろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。



介護施設勤務で介護士として働く場合、大きく外来勤務か病棟勤務に分かれますが、仕事内容はかなり異なります。そうなると、介護士生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。


それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、得意なことを最も活かすことができる職場配置となるはずです。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。
就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。新卒で勤め始めた新人介護士や、転職してきたばかりの介護士に対し、経験不足を理由に、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、労働者が新人かどうかは別の話で労働基準法に反した行為です。行なった残業は、労働には違いありません。なので、こなした分はしっかり、対価をもらう権利があります。


よく言われることですが、介護士という仕事から得られる充実感は大きいものです。

しかし、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。そして、勤務時間の問題もあります。

24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。

そういったことをわかった上で、介護士という仕事を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、難点を補って余りある意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。


交代制で働く介護士の、勤務終了前の大事な仕事として、多くの介護施設では、申し送りを行っています。その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、介護士が把握しておくべきことについての諸々を次に勤務を始める介護士に口頭で伝えることになっています。


伝え忘れなどミスのないようにし、また、相手がきちんと理解できるようになるべく簡素に行うようにしましょう。あまり時間をかけず、要領よくこなすということも重要な点になるでしょう。介護機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤勤務に従事することになるはずです。夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると医師と介護士も含め、人員がだいぶいなくなり、そうやって人がいなくなった夜中に眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。


もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。

職場を移りたい、と考える介護士は意外なほど多いようです。
働く介護士が不足している介護施設などいくらでもあって、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。

せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において給料が相場より遥かに安かったり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。



現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。


介護施設で働く介護士にはそれぞれ階級があります。階級が高いものは、もちろん、それぞれの介護施設によっても異なりますが、一般的には看護部長や総介護士長がトップにあたります。



どのようにして階級を上げるのかというと、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、信頼を得られるように努めることが重要です。
当然ですが、階級が高い程、年収や待遇は良くなるでしょう。
すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、介護士は忙しくなるばかりです。その労働環境は厳しく、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、残念なことですが、過労死してしまった介護士もいるのです。夜勤のない職場に移ったとしても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、その訪問介護も高齢者があまりにも増えてさらに介護士の需要は高まっており、どうやら、介護士を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。



交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまでハードな仕事を強いられる介護士でも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。

担当の患者の状態や処置についてを理解して、責任を持って申し送りをする介護士に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。簡単に済んでしまうようなケースもよくありますが、介護的に重要な処置等に関しての申し送りは間違いがないよう、慎重になる必要があります。



介護施設には多くの科が設置されていますが、それぞれの科の診察内容次第で、介護士に求められる技術や処置の方法が変わってくるのです。

介護士のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。



また、介護士として全体的なものの見方が出来るようになり、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。

今後の進路を考える事もできますから、やる気も湧いてきます。



注射や採血は介護士が行う仕事の代表的なものです。

普通、好んで注射をされに行くような人は少ないと思いますが、もし注射されるのならば、痛くないよう、上手に打ってくれる介護士に打ってもらいたいと思うのが普通です。
ですが、痛みを感じるかは介護士の腕によるところもあって、上手な人もいれば、上手でない介護士にあたる事も珍しいことでありません。



この辺りは運としか言いようがありませんね。介護士の中でも国家試験をパスした正介護士になるには、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが必須になります。



そもそも、卒業が受験資格になっているのです。

しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。定員が少なく倍率が高いため、専門学校に入学するための予備校に通って勉強する人もいます。准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信過程で学べる学校がありますから、働きながら勉強することが出来ます。
介護士は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子育てをしながら働く介護士にしてみると不安材料となります。
ある程度の年齢までなら数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、介護施設に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。


そのため、パートで働く形に変えていくという介護士もかなりの割合で存在しています。夜勤でどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。注意点ですが、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働く介護士と比べて収入が減ってしまう事がほぼ確実なのです。例え年収が下がったとしても、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。皆さんご存知のように、介護士は離職者が多い職業ですので、転職率も同じように高い傾向があります。ですので、介護士だけを対象にした転職サイトなども多くあります。
これらの転職サイトを積極的に活用すれば、手間なく自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、十分な時間を取れない現役の介護士に最適です。



どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを一緒に活用することをお勧めします。

妊娠している可能性のある介護士には、特に気を付けてほしい事として絶対に放射線を直に浴びることのないようにする、というものです。

エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば介護士が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、うっかりミスなどが無いようにしましょう。
それから、薬についてですが介護施設で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、注意するべきでしょう。勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。


ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。受験資格を得て、合格後、介護士として働くための教育を受けられる機関として介護系の大学または専門学校を選択する必要があります。
大学の特徴を挙げると、最先端介護に関して等、より深く学ぶことができることとより幅広く知識を修得できるということでしょう。それに対して専門学校は、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。


その他、学費に関しても専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。介護に関わる職種の中でも介護士という職業は普通とはちょっと違う職業だと認識されていますが、そうは言っても、雇用者から労働者の権利を守る団体が存在しないと状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。

職業柄、ストライキをすることも介護士にとっては困難で、雇う側の立場の人間が、しっかりと気を配るということが重要だということは言うまでもありません。今日のところ、日本ではインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、外国人介護士候補生という方々を受け入れています。
とは言え、日本語を使った介護士国家試験にもしも、3年以内に介護士になれなければ自分の国に帰らなければなりません。


就労と日本語の勉強と介護士資格取得のための試験対策も行わなければならないので、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。
介護士が活躍できる場所は、介護施設以外にもあります。
どういったところかというと、グループホームという介護施設です。



こういったところでもまだまだ介護士は足りていません。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、基本的に認知症の方ばかりなので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。



特に介護関連に興味があるという場合は、勤務先にグループホームを選択することも考えてみてはいかがでしょうか。

24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、介護士があります。
職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、多くの介護施設では、病棟の方に人材を割くのでまだ経験が浅ければ、シフト勤務は避けて通れないと思います。

実際に、私の妻も介護士で、子供が幼い時にシフトで働いていました。
ですから、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので苦労した覚えがあります。
介護士と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、仕事上での必要性や重要度は大変高く、意義の感じられる仕事です。

入院患者のいる介護施設ではもちろん24時間稼働しますし、介護士も24時間、とぎれなく勤務します。
そういう訳で、どこの介護施設でも日勤、夜勤と交代制を採っています。こうした交代制の勤務では、多少強引にでも時間の調整をしなければ充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。介護士になって最初に勤めた介護施設では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。



その時、もういっそ、介護士を辞めてしまおうか、などと悩みました。


ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、介護士という仕事しかないだろうと考えて、転職という選択をすることにしたのでした。

決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。
頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりして苦労しながらも、仕上げることができました。



でも、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、とつくづく実感したものでした。



日夜、仕事に打ち込む介護士の給料は、他業種と比べると高めですが、職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。


では、退職金についてはどうなっているかといえば、国立や公立の介護機関の場合は、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、そうした規定に沿って支払われます。一方、個人経営の介護施設になると、介護施設によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。
勤め先が公立介護施設の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は介護施設次第ということです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aoi
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/it2omoreou6shl/index1_0.rdf