湯浅将平でよわし

December 09 [Fri], 2016, 11:22
バストアップ効果抜群といわれる食品では、豆乳が最も有名ではないでしょうか。


ご存知のように豆乳が含んでいる大豆イソフラボンという成分は、まるで女性ホルモンのような働きをするのだそうです。

昔と違い、最近は飲みやすい味の豆乳が売られていますから、豆乳を多く摂ることを心がけるのも効果的でしょう。でも、いっぱい飲めばいいというわけではよくないので注意しましょう。



お金を多く使わなくとも、自分でバストアップの実現のために頑張れることはたくさんの手段があります。まずは、睡眠について考えて見直すことです。

睡眠時間の不足はもってのほかといえますし、睡眠の質も、良いものを保たなくてはいけません。


成長ホルモンをちゃんと分泌させることがバストアップのためには必要ですので、22時から2時の間にはちゃんと寝ているというのを決めて過ごすようにしましょう。実際、いくら豊胸のためでも、偏って食べるのは間違っていますから、食生活で鶏肉や大豆製品しか取らないような食べ方ではなく、野菜もあえて取り入れるように意識しましょう。かえって、野菜ばかりを食べていてもおっぱいを大きくできないので、たくさんのタンパク質を含む肉も適当にとることが重要視されのです。

胸のサイズアップが目的でざくろジュースを買う時は、なるべく添加物を使用していないものか確認し果汁100%で作られたものを(天然であればよりOK)見つけましょう。



ざくろには余分な水分を体内から排泄するカリウムも沢山含まれているので、むくみがなかなか取れない人にもおすすめです。



バストが大きくなりむくみも解消できたらダブルで嬉しいですよね。


胸を大きくするのに効くと聞けばその食べ物だけを多くの人が食べてしまいがちですが、それでは、大体、裏目に出るので心に留めておきましょう。

栄養バランスの悪い偏った食事ばかりしていると健康に差しさわりが出てくることがありますし、肌が不健康になります。脂肪がついてしまうので、肥満の危険も高まります。
胸を大きくする手術は体をメスで傷つけたり、注射したりするので、感染症を引き起こすこともあります。



確率的にはかなり低いものですが、どんなに衛生管理を徹底しても、100%大丈夫と言い切ることはできません。
それに、プロテーゼの挿入やヒアルロン酸注入でも、後遺症の可能性は捨て切れません。

絶対に安全で、しかもバレない豊胸方法は残念ながら無理なのです。
キャベツを体内に取り込むことでエストロゲンの分泌が活発化され、それが胸が大きくなる事に繋がる不可能ではありません。

特にキャベツが含む成分がダイレクトに胸が大きくなる事を促す訳ではないので、確実にバストアップでいるとは確実ではありませんが、不可能ではないと思って良いでしょう。

正しい方法でブラをしていればバストサイズがアップするかといえば、バストアップの可能性はあります。
バストは脂肪なわけですから、正しい方法でブラをつけていないと、お腹や背中に移動しようとするのです。


逆に、正しい方法でブラを装着することで、お腹や背中にあった脂肪をバストへと変えることが可能となるのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルト
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる