秋の気配 天声人語。

September 28 [Wed], 2011, 6:27
本日の小田さんので秋の気配が天声人語に載ったと言う事で調べました秋の気配は小学校の頃から大好きな歌です季節感風景があっていい下記は朝日新聞天声人語から起用近所の桜並木できのう、恒例の健康診断があった。先の台風が葉をさらったが、倒木や大きな枝落ちはない。老木たちかかりけの樹木医氏によると、街路樹を風から守るにはまず根を保護すること、危なければ風を通す枝切りが要るそうだ激しい雨風は列島に秋を置いていった。しこい残暑が去り、いわし雲の空は水彩の妙。〈夕焼けてサーファー赤き波に乗る〉田島もり。そんな夏の残像は、朝夕の涼にあせてゆくけれど今年は、夏ばてが尾を引く秋ばてに要注意らしい。思えば、節電でわが身に無理をさせた。冷たい物を引き受けた胃腸は弱っている。大地震がまた来るというストレスも、通奏低音のごとく心身に響くというならば火照る体を冷まし、乾いた心を潤そう。暑くも、寒くもない。春のような慌ただしさや、期待と落胆の山谷も少ない。私見エロアプリだが、胸中の寒暖計が最も安定する数十日である〈たそがれは風を止めてちぎれた雲はまたひとになる〉。オフコースの佳曲秋の気配で、小田和正さんは男女の別離を生地横浜の風景に重ねた。淡い喪失感は、秋が持別の味だ。〈大いなる河のように時は流れ戻るすべもない〉この彼岸、東北ではどれほどの人が真新しい遺影に手を合わせただろう。乱れたままのお墓も多い。流れる月日に抗し、亡き人の面影は濃くなるばかりかとお察しする。あれから三目の季節である。すっきりと晴れ渡る千金の、一日一日を大切に送りたい。この天声人語、いいですねぇ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:isxpe4yt2w
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/isxpe4yt2w/index1_0.rdf