たまゆラーメン 

August 06 [Sat], 2011, 3:01
恋はそう。まるでジェットコースター。
喜怒哀楽の連続で、昨日が下り坂でも明日は運気上昇してることもあって★

随分仲良くなった分、事務的な話だけだと物足りなくて
何か話したかった。

営業と制作。だから会社も違うし、接点なんてなかなか見付けられないけど
昨日はゴハン食べて帰った★

彼がそういうキャラなのか?違って私だからなのか、分からないけど
私の前で自然体で居てくれる彼の存在はウソじゃない。たしかなこと。

どうしてだろう。一緒にいると、
とても緊張する、なのに安心する。
ごはんも喉を通らない位になって、なのに一緒にいたくて。不思議。

気が合うなぁって思う。
多分彼も間違いなくそれは思ってくれてる。
同じものを見て聞いて、笑ってられる時間は、永遠に続くと思う。

私にとって恋でも、彼にとっては何なのか。
心を覗くことなんてできないけど、大切な存在になりつつある、お互いのことが。
とても良い友達になれる、そんな気がしてる。
そして、それはきっと一生涯連れ添っても消えることのない大切な部分だと、感じてる。

彼の話は不思議、すっと頭に入ってくる。調べてみたくなる。
私が人の話にちゃんと興味を持つなんて珍しいから。面白い。
それだけ感性が似てるってことなのかな^^

ラーメンを食べに行った。
ゴハン食べて帰ろって誘ってくれて。いつもの彼で嬉しかった♪

そして色んな約束をした★
神戸での暮らしの運気上昇が加速する!
お盆に遊ぶ約束。
彼はすぐに日を決めようとしてくれる。ちゃんと具体的にしてくれる。
これは、うまくいく時の前兆がある時の空気と同じ!
私がはぐらかして、日は決まってないけど。向き合おう!

彼は私の話をニコニコ聞いてくれる。
退屈な顔は見せない。多分時間あったら、もっと色々話せると思う。
席も奥を譲ってくれるし、取り放題の料理も取ってきてくれて、お会計も一緒。
どうして?そんなに優しいの?
その割に、一緒に遊ぼうとは言ってくれないから
私から誘ってみるしかないよね!

お兄ちゃんみたいな彼。
本当にお兄ちゃんみたいなんだ。ドキドキするっていうかは
ほたえ合う感じ?もちろんドキドキもしてる。
手を見つめて、指に触れたくて。
普段は信じられないくらい遠い、でも本当は心の距離は近い。

I谷さんみたいな関係にもなれそう。
もし私が心も体も許したら、間違いなくそういう関係に。
I谷さんとは休日遊んだことないけど、彼とは最初からちょっと違ってたね。

彼とは平日の昼間じゃなくて、夜や休日に会うのがバランス良い関係と感じる。
だって仕事の話してるより、関係ない宇宙やお笑いや音楽の話してる方が楽しいから。
だから休日の人になってほしいな♪彼女候補に入れるかな?

彼の恋愛スタイルは分からない。
シャイな気もするし、勝ち気な気もする。でも威張ったりしないんだろうな。
男の子って、恋の始まりの時は、自分を良く見せたりするもんじゃないの?
恋心を抱いたら、そうなってくれるんだろうか★
自分の話をしてくれるようになったら、もっともっと近づけるかな。

家に遊びに行く話で言うと、びっくりしてて、でもすぐに日程の話してくれるから
多分駆け引きとかしない、素直な恋愛をしてきたんだと思う。
一緒にいて楽しいなって思える子と、自然に仲良くなって付き合って。

そしてちょっと嫉妬深いかもしれない。
自分の好きな人が他の人と喋ってたら機嫌悪くなりそう。
そこも素直な表現をするからなんだろう。

昨日で、少し彼は意識をし始めたと思う。
私が、彼を恋愛対象として見てるかもっていう感じで。
そこで今避けられてないことが救いだな、って思う!

これからもっともっと仲良しの友達になれると思う。
土日に一緒にゴハン食べたり、ゲームしたり、DVD観たり。
それって彼氏ですか?そうですね★
私が好きな気持ちをちゃんと伝えられたら、彼の人生の一部になれると、そう思う!

Power of LOVE !!!! 

July 24 [Sun], 2011, 1:39
こんなことってあるのかな、って思うくらい。
少しずつだけど、前と違う。

今までの恋愛ともちょっと違う。
いや、全然違う。
だって私素直になった。心を自由にする方法を知った。
心に負担をかけない方法。

そして、笑って素直に心開いたら、口から滑り出る言葉も変わった。

特に彼の前では、ずっとずっと忘れてた、一番笑い合える自然な関係が見えた。

何で今まで、その重要性に気付かなかったんだろう。
そして、おざなりにしてた自分自身を愛してみたら、
どうしてこんなに世界は楽しいことに満ちているんだろう★

それに気がつけた今が本当に嬉しい!


営業のカレは、プライベートでは一番楽しい関係に発展する可能性を多いに秘めていて
どんな時でも、こんな風に誰とでも話すのかな?とか考える余地もなかった。

アポの木曜日。会ってすぐにランチのアポを入れてくる彼。
確かにお腹はすいてるけど、仕事終わった後のことをすでに考えてる時点で
もう、私の顔みたらパブロフの犬状態に、ランチの気分になるのかも☆

これからクライアントと打ち合わせって直前まで私の服に注目して、色々いじってきたりね。
話を楽しそうに聞いてくれるから、嬉しくて嬉しくて。

モデルルーム見てる時も楽しかった♪
確信に触れないように触れないように・・・ってしてる感じがすごく分かるんだけど
カラリ床の待ち受け、あれどういうこと??昨日までは入ってなかった。
どうして待ち受けにしたの??びっくりした。
仕込みやとしても、意識してしまうやん!!!
だって、それは私と彼の中の重要な始まりの笑いポイントだから。
あんなに会社で笑ったのは初めてって位、同じことで笑った!

彼も私との楽しかった時間を、携帯を見る時に思い出したくてそうしたのかな?
でも、そうだったら何てハッピーなんだろう♪
そして、それきっかけで個人携帯のメアドまでゲットした☆
同じ待ち受けやで?!意識せずにいられない!
何の躊躇いもなく、プライベートな世界に踏み込んでいく。

うん。いい感じ。

アポ終わったらすぐに「ランチ行ける?」だし★
私が「うーん」ってなったら、「えー行こうよー」と押しが強い。
結局行くのだけど、一瞬たりとも仕事の話にはならなくて、歩いてる時にちょっとそんな話したけど
私と話すことじゃないって思うんかな?結局は笑ける話してる☆

仕事のパートナーとして必要とされたい、っていう思い。もちろんあるけど
それ以上に、それ抜きで話せる友達になれてるのが、めっちゃ嬉しいことやん★

オシャレでかわいいカフェに連れってくれた。
思ったけど、どんな客のいない静かな室内でも楽しく話せれば
場の空気なんて気にならないんだね。
外の力借りないと保たない関係なら、こんな風にはなっていなかった、ってふと思う。

音楽の話。宇多田ヒカルの曲で好きな曲とか。
シングライクトーキングのこと、すぐネットで調べてた。
彼は何でもすぐ調べるんだ。

そして気になってたハンカチ。
3個も持ち歩いててしかも洗ってなくて、一人暮らしの男子って感じで
やっと一安心したw
定位置男子でキレイ好きすぎたら、絶対無理だもの。。
洗濯してあげましょか?って言いたいくらいの人がいい。
そのハンカチの匂いかいでって言ってくる。何でそんなこと言うんか全然分からんけど
だいぶ心を許してることだけは分かる。ほんまバカやがなw

そういえば最近は触れてないな。
いや、会う度に指には触れてるわ。それではもう触れてるっていう関係に感じないってすごいね!

そういえばYケンの話したら、
「〜やったら、〜すればYケンと付き合えるよ」って言われて
あれ。。って思ったっけ。何ともない話のつもりやったけど、
それって悲しいなぁよく考えたら。。でもその後ケータイ見て、その話から違う話に変えたいって感じやったけど。
私鈍感なこと言ってるのかな・・?

兄弟の話になって、私にはお兄ちゃんかお姉ちゃんがいるって予想してた。
彼から見たら私はMっ気があるらしい。当たってる。。
私の予想はことごとく外れて、彼は長男。2人の妹がいるらしい。

間違う私に、めっちゃふてこい顔でブーって言うから
ムカツクーって言って何回もそのネタ繰り返してやってた。
めっちゃふてこいねん、まじでw
私にもやってやってって言ってくるけど、やらない。恥ずかしいわ!

食事中にね、
食べてる時にね、こっちを見てくるのは何故?今まで食べることに集中してたけど
その時にすら、一緒にいる私のことを気にしてる感じが、今までになかった変化。
どうしちゃったのかな、彼。

唐揚げは一つあげた★
「食べれた☆」ってかわいかった♪

時間気にしてくれながらも、いい感じに時間過ごして、何かすごいプライベートな感がした^^
喋る時は絶対お互い目を逸らさないから、私たちは随分見つめ合ってるんやろーな★
こんな目を見る人、他にいないよ。

それでも何故か、彼の影響100%受けてそうなっているって感じではなくて
二人だから、この空気が出来上がっていく感じがして。相乗効果?楽しさが倍増していく気がする。
私が笑うと彼は嬉しくて、彼が話すことは私にとってとても楽しくて。だからだと思う!

昨日はね、打ち合わせにK原さんが乱入してきて、また爆弾発言とコメントを残していった。。
まずは「この人ね、好きな子には冷たいから」って。
おいおい、ちょっと!っていう空気になった。
否定もせず、肯定もせず、私がハイハイっていう顔したら、話流れたけど、ひやっとするわ。
何でかって?だって今まで二人の中ではそういう話はタブーみたいにして言及することを避けてきてたからね。
もっと友達になりたかった時期だったから。
でも昨日からは少し違うのかも。もう、十分に友達かも★

K原さん、図版のことも色々と話に入ろうとしてきたけど
彼は一切受け付けなかった。
「これは俺の仕事やから」的なこと言ってた。
仕事には絶対的に決定してやりたい気持ちを持ってることを知った。
もしかして仲悪いのか?って思う程の感じやった。どっか行かはるまで、顔も見なかったから。
私はその後ダメ出しされて凹んだけど、まぁ仕事だから仕方ない。

でも比較的真面目な打ち合わせの中にも、また「ブー」っていうやつはさんできて
「それキライー!」怒ったら、めっちゃ笑ってた☆ホンマからかうのが好きやねん。
あと、思いっきり変顔して、どうしようもなく笑ってしまって、それでもずーっとその顔してるから
ほんまどうしてそんなふざけてるんやろ?って思う。
営アシさん来て、イケメンが台無しやんっていなされて、やっと止めたけど
彼女が来なかったらずっとやってたやろな。。
F野マーくん位ふざけてる。多分一番居心地いいのがそうやってる時なんやろって思う。
私が何しても笑いに変えるから、もっと調子に乗るんやろう。
そういう関係って素敵だと思いませんか?★


彼から人の悪口とか、デリカシーのない発言を聞いたことがない。
そういう意識を持ってないからだと思うけど、それって居心地の良い時間に重要な要素。

客観的に二人の関係を見ることはできないし、
私が今恋をしている気持ちを取り払えば、アグレッシブに踏み込めるかって言われれば、よく分からない。
ただ言えることは、楽しくて、もっと話してたいこと。

それが恋人とか付き合っているっていう関係じゃなくても
例えば休日に会って遊ぶことができるのかな?
今遊ぼって誘ったら、ちょっと下心見える。ずっと見えないようにしてたけどね。
そんな不器用な現し方じゃなくて、言葉から伝えたい。
そして状況がついてきたら最高!

なかなかどうして、彼のように自然体に振る舞うことはまだまだ難しいけど(だって食事の時も緊張してる)
これからもっと言葉で喜ばせる!言葉で近づきたい☆
言霊を信じてる!

「あなたと居たら楽しい!」

をもっと!もっと!


わたしの所為 

July 21 [Thu], 2011, 1:00

マックウェルの悪魔orPrettyWings 

July 16 [Sat], 2011, 1:49
これまでの私の、
あまりにもネガティヴな恋愛の、
軌跡を読み返せば、今の自分が今までと少し異なってきてることが解る。

一番の違いは
自分を好きになったこと。
ありのままの自分を認めたこと。

一番楽な自分は、かっこ良くもなく、頭も良くなく
しょーもないことでゲラゲラ笑ってたい
子供のままの私。

そして、そんな自分が自由に振る舞える環境が
最も必要な場所だと気付く。
今の私にとって、、
そしてこれからの人生にとって・・・きっと大切なんだ。

だって背伸びしてない、一番居心地の良い生き方を選ぶってことだから。

今、好きな人がいます★
多分、私が歴代好きになった人の中でも
かっこいい部類の上位に上がってくる、美貌の持ち主。
にし先生。
最初は何とも思わなかったんだけどね。本当全く。
でもその後、ちゃんと話してみて、おおおぉステキな人かも。って思ってしまった。

始まりはアポから。ただただ緊張してた。
きちんとお話したこともないところから、ランチを一緒に食べた。
当たり前のように。

そうして、瞳を合わせて美しい笑顔を向けてくれることに
素直に感動した。
性格が表れる、屈託のない笑顔だ、って思った。
宇宙の話。ロマンにあふれる歴史の話。高田純次bot。メダルの話。そして音楽業界。

もしかして気が合うの?っていう序章の始まり。

でも好きになるなんていうレベルじゃなく。
良い人だな、って。もっと知りたいな、っていう。

土曜日も一緒に写真撮りに乙仲に出かけたり。
もちろんランチして、カフェ行って。

かれこれもう何回ランチしたろう?2人ランチでは会社の中の人の中ではダントツNo.1回数。
始まりは旧居留地。そして元町商店街のうどん屋、カフェ。乙仲のカフェ。元町のカフェ。天一。トアロード。

そこから忙しい毎日の私は、目が回るような日々の中
彼の姿を目で追いかけるようになり。見付けるとココロが躍った。

打ち合わせの回数も増えて。

彼が絵を描くことが好きなのも知った。
かわいらしい鼻歌を歌う。君が代だけど。
ノリが好きなのも、打ち合わせで知った。
私が心を開き始めたのは、やっと先週。

カラット床のネタ。西くんは好きみたいで。
ずっと引っ張って、今も続いてる。
おバカな言葉遊びが連続して、どこまでも止まらなくなった!
笑い声立てて、涙出る位笑ってる。
そして、西くんは私が大笑いしたら嬉しいみたい。

めっちゃ笑った。先週の金曜日から。
そして今週は、ほぼ毎日お話をして。
しっかりとキッチリとしたチェックバックをくれて、その字さえも力強く素直で。

それから打ち合わせはどんどん楽しい方向へ。

昨日が一番嬉しい日記念日になった。
私の席でレイアウトの事決めた。
距離が近くて嬉しかった。すぐそこに触れられる彼がいて、あったかかった。
もっと喋ってたかったけど、時間に限りもあって。
いつでも冗談で笑わせる。そんな時は元気になるって言ってた。

眠い眠いって言いながらも、楽しい会話。

そして、嬉しいことにプライベートな話。
マックスウェルの悪魔やラプラスの悪魔。そしてSing Like Talking
長いこと目が合う。
大した話じゃないけど、私が興味あることに関係してるから、そのポイントはかなり高くて。
お兄ちゃんみたい、って思った★

ずっと話聴いてたいもん。

私は思わず「あー楽しかった!」って言ったら、笑ってた。
西くんもきっと間違いなく、楽しんでくれている。
それが伝わる2人の関係。

そして本日。もう私は変な緊張を覚えることなく
自然に彼の横に居られるようになっていることに気付く。
当たり前にランチをご一緒して、仕事の話をしたり
全然覚えてないような、他愛のない笑い話ばかりを。
でも彼の仕事に対する姿勢と、経験と、
そこから導かれ出る言葉たち。
とても好ましかった。人を責めないけど、きちんと話す人。自分の意見を持ってた。

今日は、ずーっとずっと目を見て話した。

とても凛々しい横顔と、長いまつげ。
素直な鼻筋と均一に日に焼けた美しい肌。
手は男らしくて、姿勢が良くて、豊かな黒髪がいつも嫌味なくキマってる。
スーツのセンスもステキで、ハンカチはいつもきちんとたたまれてる。ちゃんとしてる。
力強い字。快活な話し方。そして最大の魅力の笑顔。冗談が好きなところ。
こんな素敵な人、そんないないよ。

思い出すだけで、笑顔になりながら、泣きそうになる。

西くんを幸せにする方法、あるならば知りたい。
満ち足りた人生を歩いているとしても
私が必要だと思う気持ちは、、もう止まらない。
ぽっかりと穴の空いたような気持ちなんだよ。
これからの3連休は、楽しかった旅行から帰ってきた後の寂しさに似てる。
誰のモノにもなってほしくない。久しくなかった気持ちが生まれる。
嫉妬という気持ち。


一緒にいたい。
笑いたい。抱きしめたい。ここから先の彼の人生を知りたい。
友達になれるかな。もう友達ですか?
楽しいのは、恋愛の対象に入るの?彼が愛おしくなるような人はどんな人なの?
慕っている。とても。そして慕っていることを知っている。

会社の中で、目は合わせない。
でも今日は、感覚として、互いを目で追う感じを少し思った。
彼は目が合いそうになると、しらんぷりするでしょ。立ち上がってこちらを見て。

どんな恋愛をしてきたの?
私に触れてほしい。

次も大笑いできるかな。
おバカな冗談をとばしながら、あの未来の彼方まで。
ポジティブなイメージしか浮かばない、今君との関係。

良質な遺伝子狩り 

September 05 [Sun], 2010, 23:19


色恋沙汰。

付き合うならば何が必要と思う?
愛情、思いやり、支配欲。

軽いものから割と重めのものまで
書き綴ってかれこれもう何年?

読み返す度にあと一歩が踏み出せていない自分のもどかしさ、痛感する。

まーくんと出会ってしまった。
史上最強にわかんない。
私に何を必要とするかな?
芽生えたのは服従心。自分自身を投げ打ってしまう位の。
不確かな感情の中で、確かな人生成功へのルート。


萌えポイントが多いの。
そして、良質な遺伝子。

欲しいのはね、結局良質な遺伝子だってことです。
1級建築士、体が丈夫。容姿もまずまず良く、収入も十分にあり、家柄も多分心配なく、趣味も美的感覚も共感できる。
もう十分なんです。
思いやりがないとかあるとかは、問題視していない。
ただ持ち物検査で合格したのです。
そのほうが確信的なんです。理由として自分自身が納得している。
今の私はシビアですか?
それともまともになったのですか?

燃えるような恋もしてみたかった。
激しく互いを求め合うような。
でも二人を遮る環境なんて一度もなかった。自由恋愛の時代だからね。
そうこうするうち現実は迫ってきた。
安定を求める気持ちが勝ってしまった。
だからあんなに勝手な人でも、持ち物検査合格!で待っててしまうんだろうね。

一生傷付くとは思わない。
ラフな感じで何となく上手くやって行けると思うから。
逆に気を使われすぎて、気を使う方が辛い。
ジョージは素晴しい人やったのかもしれない。
でも私には反発心があった。下に見られることを嫌った。
そしてそれを口には一生出来ないと思った。
そこまで謙虚な女性じゃない。でも傷つける勇気もなかった。


まーくんは自由すぎて少し、かなり、振り回されている。
忙しすぎるし、自分の都合を優先しすぎる。
自分の話をあんまりしたがらないし、でも何故か今も繋がっている。
どんな話をして女子と接したいの?あんまり友達いないのかな?付き合い全般が自由すぎるから。
よしじゅんにも似ているかもしれない。でもまーくんの方が寂しがりやだと思う。
毎晩仕事終わったらメールくれる。

今夜、会いたいって「会いたいよ」って耐えきれず言ってしまった。
曖昧な返事。もし会えたら、、日曜日、どんな格好して会えばいいの?
何を考えてるの?
「付き合うようになっても、会えるのは週に1回くらい?」
「そうやで(少し怒った感じで)。忙しいもん」
そんなくせに、どうしてメール続けるの?
会えなくても良い関係?何を求めるの?


そんな話は面倒で、すぐに眠たくなってしまったようで。
何故にそんな態度?本当に寝てしまったみたいだよ。
疲れたんだね。そんな時にごめんね。
でも私はまーくんと過ごすその30分弱の時間だけを楽しみに生きていると言っても過言ではないのですぞ。
こんなに自分のためだけに時間を使ってきた私が!
だから混乱具合もハンパないわけで。
分かってほしいなんて言ったら何様?かもだけど。本当に待つ時間って辛い。辛くて身が切られる思い。


何故まーくん?
いとおしい。いとおしさは本能?  押さえきれない。

恋愛してる感はある。
恋に恋したいなんて、絶対嫌なの。でもこの状況は何なんでしょうか?

体に悪いことだけわかる。
もう連絡来なかったら・・・って思う息苦しさ
他の女の子はいるの?・・・って不安。
携帯を睨みつける。
まとまらない思考。

でも人生の最優先事項は、婚活なんではないか。
私は足元がグラグラしてるから。
まーくんを惹き付けることが出来たら、私の人生は拓けるのではないか?
他人に自分の未来を託すこの不安定さよ。
でもそうしないことには結婚なんてずっと出来ない。
だからちょっと本気になっている。

どんな人がタイプかな?
どれくらいの連絡取り具合がベストかな?
ちょっと連絡取れないくらいがちょうどいいのかな?
すねさせちゃう位に。

こうやって色々考えて実行することは楽しい。
待つことの辛さを例外として。

まーくん。

ゆっきー。

ほんとはね、
名前を呼んでくれるだけで心から幸せだよ。

それくらい恋してるのは本能。
愛していきたいです。(希望)

part of the world 

May 26 [Tue], 2009, 0:15
世の中の異性は、2種類に分けられる。

「触れられたくない人」
「触れられても良い人」


動物的勘か
生まれ持った感覚の賜物か
容赦なく線引きされて、カテゴライズされる。
たった二つに

今夜、世界中の男のひとは二つに分けられる。

「電話がかかってきて嬉しい人」
「電話に出るのが憂鬱なひと」

間違いなく
愛の言葉がほしいのに
短い短すぎる沈黙たちが間を埋めてゆく
言い出せない自分が悔しいのも
電話を切った後。

出かかった大切な言葉を唇の裏に隠した
退屈な女性になった。

何も共通点のない、
彼女のいるあの人へ
傷付く言葉は、全て唇の上で乾いてゆく

次こそは、も
いつかは無くなってしまう。

焦っても仕方ないので
とりあえず、明日は。

you always be 

May 23 [Sat], 2009, 2:22
漂流する感情
流されて感傷

どこが なにで どう そうなの

泳ぎきりたい 向こう岸まで
by myself

こんな私でどこまでゆこう
こんな明日は終わりにしよう

今すぐ言いたい好きと言いたい
今すぐ会いたいずっと見てたい

姿が見えないのは  こんな場所だから
抱きしめたいのに 突き放してまた

ロジカルにいられない
目が合った途端
規格外の出会い 取り消しはできない

隣にいる意味を知って
これ以上の時を待つなよ 止めよう

はめはずして
予想以上に寂しいかえりみち
浮かれてる訳に気付く


家で恋に堕ちる 

December 14 [Sun], 2008, 15:52

絶対に好きにならないと思っていても
人の心とは分からぬものです。

どうして考えてしまうのか。

どうしてこんなにフワフワした気持ちのまま過ごすことになったのか。

まさやんの時も一緒だった。
絶対に、絶対に好きになるはずがない。。って思っていたのに。
私の絶対って一体何やろう。

私の感情って一体何が支配しているんだろう。
苦しみじゃない、フワフワだ。
いつも心ここにあらずの状態になる。

名張行き準急の感情になる。
よりによって、想像を絶するタイミングで。
人はひっかかる。そして絡まるクモの糸のように
ほどけなくなった感情の中で、ただ静かに思いの行方に身を任せる。

幸せって何だろう?
人が我慢できる限界の寂しさってどこだろう?
幸せになりたくて、孤独リミットを下げ続けて。
それとこれとをごちゃ混ぜにして、愛だ恋だと勘違いしてるんじゃなかろうか?

本当に幸せって何だろう?
満ち足りた気分の破片を、彼といて思い出せそうだった。
友哉でもケイジロでもなく、よしじゅんでも感じられなかった感情。

守られている、という感情。
そこにあるのは、痛み。裏切るかもしれないという不安。
気遣いが苦しい。
だけどそうじゃないとイヤなんだ。

裏切る苦しさ。どうして生まれて来る感情?
だから自分が好きになる方が楽だった。
自分が好きでなくなったら簡単に終わることができるから。
その居心地の良さに慣れすぎていた。。
しかし、両思いになりたいって思う気持ち、心と体は切り離せない。

正直イヤだと思っていたのに。
早く別れて家に帰りたい。でももう少し話していたい。
複雑だ。私をイヤな気持ちにさせないでいてくれたことは。

こうして書き綴ること自体、何か変だ。
好きじゃないって言った所で、気になる枠には既に入っている。。
しかも、昨日よりおとついより、、
「Fallin' love at home」いつもそう。想像は現実よりも強い。

はりきることができなくなるのは何故だろう?
軟体動物的脳シナプスつながる。

次のステップに入ったら、またイヤな思いをするのか?
桜の木の下を思い出す。キス
大人の意見。子供の感情。
お互いの利害が一致すればいいのか?
それが付き合うってことなのか?

私は構われすぎるのが好きじゃない。
気にされすぎることが窮屈に感じてしまう。
期待に応えられないからか?

私は才能のある人が好きだ。
何かにひたむきに打ち込んでいる人が好き。
そんな大切なものがあるにも関わらず、私との時間を大切にしてくれるような人がいい。

私のように、すぐに溺れてしまうのは、愚かだ。
なるべくなら、かわいい人がいい。
涼しい顔をしている人がいい。重い感情は醜いよね。
•••そんなこと言ってるから、人一人の気持ちも受け止められないんだ。

悲しかった。

もっと会っていたいと思う自分も
会ったら嫌気が差すかもしれないと思う自分も。

こうしてどんどん堕ちていく、
どんどん好きになれば良い。
目に見えている。
連絡をすることも次の食事の約束も。
見え透いたストッパーはないほうが良いよ。

尻尾を振る犬よりも、こちらに見向きもしない猫の方が好きだった。
よその恋人達はどんな付き合いをしているのだろうか?
甘えさせてくれる大人の人。
意見があること。
一つだけしか見えない人。
バカな人。
中続きするのはどっちだろう?
がっかりするのはどっちだろう?
性欲と安定とどっちもほしいけれど、
そんなのはムリだぁって分かってる。
だったら今必要なほうはどっちだ?
ライトな片思い。
ヘビーな両思い。

板谷さんもまーしーも川添くんもいる。
どれも心は落ち着かない。
問いかけがないから。

既に答えが出ているように思う。
何もしないのも手だとは思うが。
それに耐えきれず私は送信してしまうよな。

書き疲れるまで考えまくって。
思いはまとまらないままだけど
これが一番幸せで楽なんだって思うから
このまま続けて


成長痛 

November 02 [Sun], 2008, 0:16

24歳になっても
生きていくことには慣れない。

人は生まれた時には無傷で
でも生きれば生きる程 傷付いていく。

知れば知る程 

耐えきれずに、はきだされる


誰かに話したい。でも、それが何か分からない。

板谷さん。
毎日のメール。彼女。仕事。

どんくさいのは私のことだから 自分が一番分かってる。
好きになる人だって タイミングだって 自信がない。

これ以上の深入りは絶対に避けなければいけないんだ
どう考えたって辛い先しか見えない。
だから私は  仕事に逃げるのか

でもその仕事の辛さ 
話せる人は いなくて 求めて

誰でもいいのかもしれない。
優しくて 顔のいい誰か。

適当に求めるから 適当な人にしか出会えない。

そうであっても
私は求め続けるだろう
それも分かっていること


好きなこと認めたくはないけれど



そら 

May 10 [Sat], 2008, 1:36
遠くて近いよな
すぐ忘れるようで ずっと覚えているような 君の笑った顔

私は間違いなく惚れやすいんだけど、
これだ!ってビビは必ず恋に落ちてしまう 危ないサインだ。

話をしてて楽しいのもっと前
会った瞬間に目が合った 神様の合図で 私はもう恋に落ちている

「まだ2回会っただけ」
なのに何でだろう。1回目から私の胸は恋のパルスを発し続けていたけど
楽しくて 楽しくて
私は涙が出るくらい笑ってしまう。

恋に落ちるタイミングはきっと 素直さを見たときなんだと思った。
彼はとても自分を分かっていて とても正直で とても優しい。
別れた後、微熱に気付く。あたかも昔からの習わしのように居座っている気持ち。

私にはないものを持ってるね。


「そんな人やめとけば」って一言が
実はすごく嬉しかったんだよ。君みたいに優しくて素敵な人に恋したいって思ってて、そんな君が言った言葉だったから。
君に恋してるよ。
多分それは嘘のようで真実なんだ。私は愛されるのを待っている。君のような素直で温ったかい人に。
とても私の好きな人の話を聞き出していたけれど、
上手く言えなくて、君のほうがずっと愛すべき人だって思いながらも まだ好きみたいなふりをした。
嫌われたくないのは誰だってそうだけど、でも
一生に何人かは放してはいけない人が居る。谷口君はその一人かな?

前の彼女、今の状況、 悲しむべきはこのスタイル
努力家の彼、 夢追いかける私
今彼女いない好きな人もいない それ本心。
好きな人がいるの。でもすごく辛いよ。
あんなに素敵な彼に、アマノジャクになるのは本当に馬鹿だと思う。莫迦。



話のしやすさは二人のフィーリングそっと寄り添えたから



P R
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像康之
» 粉雪の夜景 (2008年02月29日)
アイコン画像ネオニート
» addicted (2008年01月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:issy-issy
読者になる
Yapme!一覧
読者になる