心の花、入れても生香

July 16 [Thu], 2015, 16:04
それぞれの季節に咲く花も枯れまたはいくつか、紅塵の中でひっきりなしに繰り返し肩をこすると別れ。あの、一緒に赤い袖添香詩、一緒に酒にあって、一緒に梅酒の人、結局は紅塵のどこかに渡り見えずに。ただ世俗繁華を見抜いて、花の季節に栄枯、心年回り婉曲、お茶は酒清词、花開花落は春。

年月の美しい、総マイナス多情で、あれらの梅酒の昔の事、縦風情ある千万種、最終的にはマイナス1期繁華。いくら風塵を経て住んでいる花が尽き、やっとわかると紅塵やさしい事勿れ。ひか昔の水無痕、心はすでにられない繁華を聴いて風風、雨雨賞。1杯のお茶、暖かい涼しいと関係ない、自を味わう。

朝が出会いと別れの断片を、送るしかない紅塵、歳月は心に隠し、モザイク。賦新語を書いたことがもとで、柳の情熱の文に遡る、さんざんの物語で、あれらの染まる想いの诗、染まる多情な目。紅塵の上に、目の下に、いくら別れを経験し、体得して何度人茶涼しい、学ぶことができ云淡风轻、身の回りの人が出入りを笑って。今、その芳華昔の夢、もはや忘れ;あれらの風月情愁の思い出が、全ては刹那を照らし出す。

紅塵の道場で、千年落花流水、万世に従って、結局年回り帰った無痕。瞬間きらびやかで、かつてそこは、因縁パーティーにはとっくに定数。静水流の心、すべて無事、執念を云淡风轻だけ、と笑って、万考え事だけで中に殘して、あれらの熟知した清淡暖かい好きは時間の中にゆらゆらと生香。

忘れて場萍聚ウキクサ散雲洒脱さ、心;守1段の時間で静かな良い人なら、秋葉のように静かに。通り過ぎた季節の心は似水流年、習ったあの時間のように目の前で、あれらの山水物語は無地錦年に咲く不敗、随年回りエバネッセント瀋殿のもっと暗香浮動。守1部と淡々として、1部の優雅で生の年間に出会って、覚えてお互いの姿は、不安が暖かく守る。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:isrtro
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/isrtro/index1_0.rdf