バランス、量感などを捉えるときしっかりしたデッサン力

November 09 [Fri], 2012, 17:19
 しかし全体のしっかりしたフォルム、奥行き、バランス、量感などを捉えるときしっかりしたデッサン力(骨組みを意識する力)を必要とします。
なんてことは、しじゅうあります。ハッスナ期(紀元前5000-4500年)、ハラフ期(紀元前4500-4000年)、ウバイド期(紀元前4000-3000年)、ウルク期(紀元前3500-2000年)である。ピカソの絵は、年齢によって大きく変化しています。息子の学校では絵画に力を入れていまして、よくコンクールに出品します。「絵のお教室ってどんなことから学ぶのかなー?」「短期間に集中して習いたい。透明水彩の展色剤は相対的に多く、不透明水彩の展色剤は相対的に少ない。最初は12〜18色くらいのセットから始めて、慣れてきたら単品で必要な色を購入していくのがいいと思います。ある目的に適した胎土を得るために粘土とその他の各種素材が混合されることが普通である。また、水彩のオリジナルの作品や有名な作品の模写をコレクションに加える上流階級の人も増えた。装飾的な目的で施されることが多いが、また胎土の欠陥を隠すためにも用いられる。自分が1番印象に残ったものをど真ん中にど〜んでいいんです。ですが、前側に足を挙げているのをあたかも横に広げているように見せているのも、理由の一つです。
東京渋谷駅ちかくの絵画教室のご案内
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ejaa
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/isogasuki/index1_0.rdf