例え、配偶者が浮気している場合でも今後も、

September 12 [Sat], 2015, 12:26
例え、配偶者が浮気している場合でも今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気している現場に直接行くことはするべきではありません。
浮気の事実を突き止められると配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、かえって、離婚という結果を招いてしまうこともありえます。その上、浮気相手との会話によって精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。日常生活の中で、相手の行動を気をつけてみておくことはだれにも頼まずに出来ることですが、浮気を認めざるを得ないような証拠を掴む場合には、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が失敗がありません。

そして、探偵に頼む場合、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験に裏付けされたアドバイスを貰える、という付加価値もあるのです。
貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気に対する慰謝料を請求する側になっ立とすれば、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を掴まなければなりません。


しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、捉えてくれますし、経験に裏打ちされた、ミスのない形で十分な証拠を整えて貰えます。

まず探偵に関して言うと、人に怪しまれることのないよう充分すぎる注意を払って地味にコツコツと調査していきますが、興信所の特長として身辺調査や企業調査が多いために、興信所から来たことを明かして公然と調査を行なうことが多いです。すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、対象についての情報収拾は興信所が上手いと結論できそうです。
料金体系が成功報酬制の探偵事務所は、調査が成功しなければ報酬を得られないリスクというが大聴く、成功した場合の料金が割高に設定されています。



そのようなケースも勘案した場合、成功報酬だからということで、浮気調査にかかる費用が安く抑えられるとは限りません。

調査に対するこれまでの実績などもチェックして、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼すれば心配ありません。浮気調査の費用の節約には、自分でできる範囲までは事前に調べておくことです。

調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで立派な調査資料になります。

毎日の出勤時間、帰宅時間、電話が掛ってきた場合は、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を依頼したら損しないかと言うとそうでない場合にも遭遇します。普通、成功報酬と言えば結果として不成功となった場合、料金の支払いをしなくてよいのでお願いした側にとって得になるような感じをもちます。
したがって、探偵事務所の中でも成功報酬を採用している所に絞って、見つけている人もいるのです。



自分の配偶者を調査してもらっ立ところ浮気が発覚してしまった場合、離婚するかしないか選択に困りますよね。


それを避けるために、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。

ほんとに離婚してもかまわない、その場合の慰謝料は少しで持たくさん取りたいとの考えなら、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。しかし1人で踏み込むという方法を取ると、揉め事を大聴くする可能性があるので、避けるのが賢明です。信頼している人を連れて行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。あなたが信頼できる方がいない場合、探偵等に頼むことを御勧めします。

浮気である証拠をカーナビによりつかめます。

カーナビ上の履歴を見ることで、浮気の相手とドライブデートした場所を見つけられるのです。見たことのないとこをの履歴を発見した場合気を付けてましょう。そして、よくもしガソリンを入れていたら、車で会っている可能性はゼロではありません。
探偵をバイトでしている人のいる場合があるんです。探偵をするアルバイトを検索してみると、なんと求人の情報があるのです。ということは、バイトを使っている探偵事務所も多くの例があるということです。


浮気調査を頼むときには、個人情報がないと調査のしようがないですよね。ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、見た情報を他人に流すことも否定できません。探偵事務所を探す方法としては、口コミ(失敗を減らすためには役に立ちますが、出会いを減らしてしまうことにもなりかねないでしょう)を確認する方法があります。当たり前のことですが、依頼を検討している探偵事務所のHPに紹介されている口コミ(失敗を減らすためには役に立ちますが、出会いを減らしてしまうことにもなりかねないでしょう)を参考にするのではなく、全く関係のないところが運営する掲示板や相談サイトにある口コミ(失敗を減らすためには役に立ちますが、出会いを減らしてしまうことにもなりかねないでしょう)を確認するといいでしょう。その探偵事務所の純粋な利用者による口コミ(失敗を減らすためには役に立ちますが、出会いを減らしてしまうことにもなりかねないでしょう)は、信頼性が高いのは明確です。夫の浮気相手のところに妻が談判に行って惨憺たる状態になるのは、小説やドラマでしばしば目にします。妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、傷害・殺人まで起きるというシナリオもよくありますね。情事の現場へ乗り込むのも選択肢の一つです。離婚まで覚悟しているならば、実行する余地はあるかもしれません。
同じ電話番号の人から何度もまた、掛けている電話番号があるとしたら浮気相手と連絡をとっているという見込みはある程度ミスないと思われます。そういったことが見うけられたらその電話番号の相手を見つけ出せばいいのです。


ですが、気の回るパートナーですと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後にはしっかりとその痕跡を抹消するという事もしばしばあることです。

探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。


簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、予想外の出来事が出てくるのが実際で失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので楽なことではないといえます。


変に思われてしまえば警戒されるので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。


相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、普通は3〜4日が目安です。



しかしこれはあくまでも平均の期間です。普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあると思っていてちょうだい。



それとは逆に、この日は浮気しそうだという日があらかじめ分かっているなら、一日で調査が終わるなんてこともあります。実際に探偵に頼むことで浮気の証拠を掴む事が可能です。

相手が浮気をしているのではないかと思った場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。

でも、浮気の証拠を自分だけで入手しようと思っても、相手に感づかれてしまう事もなきにしもあらずです。はっきり言ってその理由は、あなたの顔をおぼえているからです。



格別ちがうところが無いと言ってもよろしいでしょう。



共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、しごと内容は類似しています。でも、違いをあげるとしたら、興信所は、企業や団体からの依頼むけで、個人は探偵に頼るようです。
GPS端末を使い、頻繁に行く場所を調査して、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、必ず相手はやってくるはずなので、その実態を把握することは可能です。費用のご準備が十分ではないときには、端末などで調べるのも、試してみたいやり方です。GPS装置がつけられていることが知られてしまう事があります。動きを記録しておくことで浮気の裏付けが出来ることもあるでしょう。日々の人間の行動には、ほぼパターンができてくるものです。しかし、浮気すると、決まったパターンが崩れます。



変わった曜日や時間帯を特定することができたら、行動を注意深く見ることで、浮気を実証できる願望が高まります。

ケータイの通話履歴から浮気の証拠が掴めるのです。浮気相手への連絡手段として携帯をごく自然に使われるからです。近年はメール、LINEで連絡を取ることが多くなりましたが、浮気相手の「声」をききたくなるのは当然のことでしょう。

ですので、空き時間に電話することは十分ありえるのです。法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者以外の異性と故意に性的関係になることを不倫と定義しています。


ということは、法律の中では、肉体関係を持っていない場合には、食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではないのです。
個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、プロの業者に依頼するという方法もあります。



パートナーの浮気リサーチを調査員に行ってもらう場合、通常、調査をする人の数と調査にかける日数をあらかじめ打ち合わせをしておきます。


探偵は1万円以上の時給が相場と言われておりており、浮気調査をした時間が長ければ長いほど高額の調査費が必要になってしまうでしょう。調べる人の事務所により、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。
成功報酬の難しいところは、もし、浮気調査の依頼し立とすると、その際の調査期間が3日間だっ立とすると調査を行なう3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査は成功として扱われてしまいます。
実際には浮気してい立としても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、浮気とは分からないまま、調査についてはそこで完了し、事前にやくそくしていた成功報酬を支払うことになるのです。洋服の好みが変化してきたら、危ない予兆です。
浮気のパートナーの好きな服装にしていたり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。
突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものを選んで着るようになりだしたら、大変よくない兆候です。とりりゆうセクシーな下着を着用しだしたら、浮気をしているかもしれません。


配偶者が不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料をもとめる事ができます。
ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、家庭内で別居している状態であったり、もはや夫婦とは呼べない状態だっ立ときは、慰謝料をもとめることが難しいでしょう。

慰謝料は、あなたがどういった苦痛をうけたか、あなたの年齢、結婚歴等総合的に判断して裁判所が決定します。


浮気の根拠を手にするには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。


とはいえ、探偵への調査依頼は費用が高くつきますから、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。
探偵へ浮気調査を頼んだら、必要となるお金はどのくらいになるのでしょう?探偵事務所が変わればお値段は違ってくるので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。
飲食店を利用した際の領収証にはおとおしの注文数から同席していた人の数がけい載されている可能性があるので、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。あわせて、クレジットカードの支払い項目は月ごとに確かめるようにします。しごとでありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、同伴者がいた想像されてしまう事があります。探偵が使うという追跡グッズとは 自分でも買えるものかと言いますと、買えます。

一般的には、追跡グッズはGSP端末を使う事が多いためすが、誰でもネットなどで購入可能です。

車に載せているのをよく見るGPS端末は、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、いかなる人でも購入できるのは当然です。せっかく探偵が問題なくしごとをしていても、肝心の依頼者が普段とはちがう態度をとってしまい、相手に余計な警戒心を与えてしまって浮気調査が困難になり、証拠が揃わないこともあります。探偵が浮気調査をする場合、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。
成功しなかっ立ときの調査にかかった費用についても、調査を始める前に契約書に盛り込むことが必要なのです。
探偵の尾行代がいくら位かと言うと、調査員の数によって変わりますが、だいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。当たり前のことですが、調査員の数が少なければ安く、増えれば増えるほど高くなります。



また、尾行のために移動に車やバイクを使用するケースでは、交通費や車両費として別途請求されることがありますので要確認です。相手が全然知らないうちに、殆どの方が浮気していると分かるような証拠を手にするためには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。せっかく撮った浮気現場の写真も、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠にはできません。浮気調査を探偵に依頼した場合は、超小型のカメラを用意するなどして相手が気づかないうちに客観的な証拠を撮影してくれます。
浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調査期間は短くなりますので、調査代金はその分安くなるのです。
だからといって、浮気の日時をわかってい立としても、ユウジンを説得して写真を撮ってくれることになっても、骨折り損になることは確実です。

知られずに証拠写真を手にいれるには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。時間によって尾行料金が決まる場合、探偵の尾行時間が短い方が、費用が少なく済みます。



ということは、尾行を探偵に頼むなら、日常からパートナーの行動を理解しようと観察することが大切です。自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に追跡をお願いすると、探偵側も余計な手間がかからず、双方にとって利益があります。格好を確認することで浮気の裏付けをすることもできます。



浮気をしているときに、目立って現れてくるのは身なりの変容です。
お洒落には今まで関心がなかったにもか代わらず、おしゃれを急にするようになったらよく見ることが重要です。
いつか浮気しそうな人や、もう浮気の相手がいるかもしれません。コミュニティ型のWebサイトを通じて浮気の事実がばれてしまうこともあります。

コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるのでついうっかりパートナーが、隠すことなくプライベートについてアップしてしまう事が散見されます。時には、言い逃れのできない様な浮気の事実をネットに書き綴っている人もいるのです。



ユーザー名を知っていたら検索してみて下さい。
不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度という事もあるでしょうし、400万円くらいになる場合もあります。実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますけど、額は低くなるのです。



また、不倫の相手が配偶者との肉体関係を認めないときには根拠が必要です。無関係な人からみても明らかな不倫の証拠が不可欠です。
浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、相当低い料金設定であったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、より細かな料金プランが提示されていて、それ以上、料金がかからないような探偵会社を選択するのがいいでしょう。

他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか事前に調べておくべきです。法に反して調査を実施している業者には依頼しない方が得策です。


実際の浮気調査では、調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、どのような調査がおこなわれるかにもよりますが、多くの場合、2人程度で調査しています。



ただ、浮気がまだ推測の段階であるケースでは、浮気をしているかの確認を調査員1人で大体の場合は行ないます。浮気が明るみに出てきたのなら、再度相談をして調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。


慣れないことを自分でやるよりは、浮気調査は探偵に頼みましょう。
経験豊富な探偵に依頼したら、浮気の証拠を確実につかむことができます。



自ら浮気調査をしてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。



しかし、相手を責めたてても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、有利な条件で離婚できません。

有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。探偵は依頼されたことのみを調査すればいいということではありません。浮気の実態を調査し始めると、意外な問題が起こる場合もあります。そういう時には、依頼した人のことを最優先に考えてくれるのが信用すべき探偵なのです。信頼してもいい探偵なのかは、相談中の相手の印象を見るようにしてよく考えて判断するようにしてちょうだい。


不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談するようにしましょう。
離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談するようにしましょう。それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵や興信所に相談するべきです。相談者が女性の場合、近所の奥さんやユウジンを相談相手にしてしまう人も多いものですが、後で噂になりたくないなら、絶対にしてはいけません。
浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。
それは頭に血がのぼってしまう危険性があるのです。



普段は冷静でも、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースが多く報告されています。平穏に解決するためにも、何よりも、証拠を入手するために、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。


探偵が浮気調査する時でも時には失敗することもあります。探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、思わぬミスをすることが全くないとは言えません。

相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。



それに、浮気調査実施中に不倫している相手に関わらない場合には証拠写真も撮れません。
探偵に依頼したしごとが浮気調査だった場合、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。信頼のできなくなったパートナーと死ぬまで一緒にいるとなるとストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を請求したならば確実に別れさせることもできるはずです。領収書やクレジットカードから浮気の証拠をおさえる事もあります。


最初に、普段たち寄らないようなコンビニの領収書をほぼ毎回見ることが多くなったら、その周辺に普段から行っている事になります。

そこで逃さず見ていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。
運転する人の目につかないところにGPS端末を取り付けておいて、行動を常時監視し続け、今いる場所をモニターしたり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して分析することもできます。



車より、公共交通機関などを利用する人には、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。これで相手がどこをどう移動して、どのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。

浮気調査で先ずすべき事は、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。


浮気しているか否かが不明瞭な場合は一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。

残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。

パートナーの日々の行動を追跡したり、見張りなどの方法も用いて、不倫相手の正体を確認するのです。浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができ立としても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。
ご夫婦にコドモがいる場合ですと特に配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知っ立ところで簡単に「離婚!」とはいかないものです。
相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、やくそくをしても支払って貰えないことも多いですので、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。



男手一つで育てることも、また同様にしごとをしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。
探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。


実費には移動にかかる費用、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるようです。
そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、算出した費用です。

調査にかかる期間が短くて済めば支払いも安くすみます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ism17
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ism17/index1_0.rdf