【 更新情報 】

スポンサード リンク

石川県白山市の焼肉店

石川県白山市では、焼き肉屋さんが人気のようです。石川県に住んでいる人はもちろんの事、出張や旅行でキタ人にも人気の店があるようです。焼き肉が大好きな石川県の方が選ぶ人気の焼き肉屋さんは、どこでしょうか。だだいま、ブームになっているのが、焼肉酒家 えびす 松任バイパス店です。こちらは、値段も手頃だと言うところが人気です。そして、ランチタイムには、ランチ限定メニューもあり、更にお得なようです。そして、人気店なので、土日は混雑している事が多いので、予約をした方が安心で
きるでしょう。
 
焼肉・冷麺しちりん家野々市店、こちらは、JR野の市駅から国道8号線に合わさる交差点沿いに位置しています。こちらも、焼肉と冷麺が人気のお店のようです。
 
今話題なのが、普通の焼肉ではなく、金沢市で人気なのが豚足です。金沢市では、人気を誇る今伴の豚足は、コラーゲンが多いところが、若い女性の間でも話題なのです。ぷりぷりとしている食感が、ビールのつまみにももってこいです。
 
そして、金沢市では、焼肉吉法師の自家製チャーシューも、大人気のようです。焼き麩谷なりますが、このチャーシューだけを食べにくるお客も多いようです。

白山ひめ神社にあるハート型の石について

白山ひめ神社、正式には白山比盗_社といいます。石川県白山市三宮町にある神社です。全国に2000社ある白山神社の総本山とされています。そして、白山ひめ大神【しらやまひめのおおかみ】(菊理媛神【くくりひめのかみ】)・伊弉諾神【いざなぎのかみ】・伊弉冉神【いざなみのかみ】の三柱をご祭神としています。祭神については、くくりひめとされているみたいですが、元々は、山岳信仰であったもので、山自体が、神々しい御神体となっています。ただし、深く入っていくと確かに女神が出てくるみたいなのです。この女神が菩薩やくくり姫であるとされたものと思われています。

女神のおかげもあり、白山ひめ神社は、安産、縁結びの神様となりました。そして、日本有数のパワースポットとして、若い女性に人気があるようです。パワースポットとは、スピリチュアルな意味があり、そこへ訪れる事で、パワーがもらえるようです。
 
白山ひめ神社のハート型の石については、色々な噂があるようですが、未だよくわからない状態です。もしかしたら、隠れスポットとして、ハート型の石があるのかもしれませんね。

石川県白山市祭りのみせもの

大自然に囲まれた石川県白山市には、数々のお祭りがあります。
主なお祭りや行事は、冬の雪だるま祭り、おかえり祭り、文弥祭り、松任祭り、一向一揆祭り、ほうらい祭りなどです。
 
雪だるま祭りとは、毎年2月の上旬から中旬に開催されます。白峰の冬の一打いいイベントであり、毎年話題になった人物やキャラクターをかたどった雪だるまが勢揃いします。そして、白峰の名産
品や特産品の食べ歩きのオリエンテーリングとともに、可愛い雪だるまを楽しむ事が出来ます。
 
おかえり祭りとは、5月に入ると、三河では、「天下の奇祭」と言われる「おかえり祭り」が執り行われます。この祭りは、青年団が神輿を担ぎ、町内を回ります。その神輿や台車は、とても綺麗な蒔絵や漆で彩られており、一見の価値があり多くの観光客が訪れるお祭りです。
 
文弥まつりとは、国指定重要文化財に指定されています。この期間は、2月の上旬頃で、人形浄瑠璃を堪能できるおまつりです。
 
松任まつりとは、8月上旬に開催される夏祭りです。松任じょんがらの歌に乗って踊り、たいまつなどを持ち太鼓を叩く「火まつり」などがあります。
 
一向一揆まつりは、8月上旬に行われるお祭りで、一向一揆を戦い抜いた先人たちの遺徳をたたえるおまつりです。一向一揆行列を再現し、踊りなどで先人たちを偲ぶのです。祭りのクライマックスには、夏のお楽しみである盛大な花火大会です。

石川県白山ひめ神社について

石川県の白山市三宮町にある白山ひめ神社は、特に若い女性に人気のある神社であるようです。そして、現在では、スピリチュラルなブームにより、パワースポットとして、多くの人が訪れるようになりました。
 
白山ひめ神社は、霊峰である白山をご神体としいます。そして、白山ひめ大神、(正式には、しらやまひめのおおかみ、くくりひめのかみと呼ばれています。)、いざなぎのかみ、いざなみのかみを3柱として祭っています。地元の方からは、しらやまさんとの愛称で、とても親しまれている神社です。お正月などには、たくさんの参拝客が訪れるようです。白山神社3000余社の総本宮であり、白山信仰の中心として鎮座しています。
 
最近では、きくりひめは、くくりヒメとの愛称で、ご縁をくくってくれる神様であるらしいのです。そして、縁結び、恋愛の神様であると言われています。若い女性の間は、白山ひめ神社で、お参りをして、絵馬に恋愛成就を祈願すると言う観光パターンが定着しているようです。山の中の厳かで、空気のきれいな神社に行くと、それだけで心も綺麗に浄化されるような気にもなるでしょう。

石川県白山市の人口について

石川県白山市は、2005年2月1日い、1市2町5村が合併して新たに誕生しました。合併した市町村は、松任市・美川町・鶴来町・河内村・吉野谷村・鳥越村・尾口村・白峰村です。
 
そして、白山市は、白山国立公園や県内最大の流域を誇る手取川、白砂青松の日本海など、山・川・海の豊かな自然に恵まれた地域です。そして、石川県白山市の総面積は755.17km2であって、石川県全域の約18%を占めており、石川県内最大の広さとなっています。
 
また、石川県の地目別面積は、「宅地」が2.4%、「経営耕地」が5.8%、「林野」が73.5%となっており、事前に囲まれた土地であることがわかるでしょう。そして、白山市は、全国でも降水量・降雪量の多い地域です。年間の降水量は、2.326.4mmです。そして、年間の日照時間は、1665.9時間です。
 
石川県白山市の人口は、平成21年1月末現在の数値ですが、人口は、113、386人です。内訳は、男性が55、271人で、女性が、58、115人です。世帯数は、38,177世帯です。
P R
カテゴリアーカイブ