ふじろっくふぇすてぃぼー2011 完結編。

September 28 [Wed], 2011, 3:48
××××××そして迎えた最終日。まさかのまたまたまたまた起きたら雨。。。まだ行けるまだ余裕だよ疲れたと思うから疲れるんだよと自分に言い聞かし、ごまかしごまかしどうにか乗り越えてきていたがさすがの日連続起きたら雨ーにより疲労がグッとのしかかるのであった。ここまで続くともう半笑いだよね。んははっそんなわけでハンバートやらユアソンやらやら見たかったのをまたもや雨のせいにしてパスし、またすぐぐちゃぐちゃになるのにドロドロに濡れたスニーカーを綺麗に洗ってはドライヤーでかわかしたりしながら時のスタートめざしてレッツビギンいぞやのサマソニで出番直前にリズムマシンのデータ飛んでライブできなくなった上にキラーズですって間違えて紹介されて出てきたあのサマソニの夏が懐かしい彼ら。ロケンローなんだけどちょっとひねくれたギターリフと味のきいた打ち込みのリズム、そして媚びない二人の佇まいが超絶クール。あえて生ドラムとかサポートいれずに押し切るとこも潔いよね。天気も回復し、ビールがんまかった大好き(斉藤和義&中村達也)ちっちゃいステージなだけにもうものすげえ人、人、人。。。かろうじて見えたけど、リズムに身をゆだねる事すら不可能な混雑っぷり。しかし中村達也の生み出すグルーヴがはんぱなかった。達也氏が終始連発していた国や東電を皮肉った発言に、ちょっとおさえぎみだった斉藤和義も段々ッてきて後半ふっきれた感じになったような流れからのずっとウソだったそして終わった後にの人と加藤登紀子が登場。教授も声を荒げてぶちキレてましたね。少し見た後、を見にホワイトへ移動しようと歩いていると、ふらっと目の前に上半身裸姿にタオルをファサッとかけたイカツイ墨の入った男、そうさっきまで見てたばっかのまさかの中村達也が偶然目の前を歩いているではないかぬおおおおおおおおえか普通に一人で歩いて移動するんかいえええしかし周りも全く気付いていない様子で、まあ下手に自分が声かけたきっかけで囲まれたりしてもきっとうざいだろうからとりあえずすぐ後ろをしばらく尾行する事に。約メートル程尾行し、ホワイト裏に入って行く様子を見せたので、すかさず「めちゃめちゃかっこよかったです」と小声で話しかけると「ありがとー」と気の抜けた調子の返事。握手をしてもらい、裏へと消えて行きました。まあっこみどころはだいぶあったと思われるエルビスアイテムには一切触れられなかったよね。各方面で大絶賛&シャツがシャレオツな彼ら。二人なのにドラムはタムなしだわバカスカ叩いてるわなんて潔いいやかっこいいんだけどなんだろ、やっぱなんかあれでした。惜しいまたも居酒屋のためあんま見れなかったけど、オールタイムベストですよね。明るかったのがなんだか違和感。どうせならピーカンの空の下寝転んで見たかった。斉藤和義から連投のドラムス中村達也そしてギター藤井謙二さすがの歌ものなので達也ちょっとおさえぎみな印象。しっかし、幸福な朝食がめっさかっこよしほんでもってずっと好きだったからのずっとウソだったからの歌うたいのバラッドっていう贅沢な流れだったね。よかったよせっちゃん苗場で、これ至福。まるまる見たかったけれどワールドハピネスで見れるとの思いと、せっちゃんとのかぶりから数曲だけ体感し、そそくさと移動。か途中から見て途中で抜けるっていう見方するとたいていあんま印象に残らないよね。(結局ワーハピでは見れなかったってか、見たけど記憶にない)何年ぶりでしょうか、クアトロで楽屋にお邪魔させて頂いたあの思い出の日。前回ののも物販並んでてスタッフがくそ段取り悪かったため泣く泣く曲くらい見逃したっけ。出だしのフランクシナトラ(曲名ね)の鉄板っぷりトランペットの音色が涙腺を刺激しやがるぜちくしょうコール&レスポンスとか滅多にのらないけどだものやっちゃうよね。新旧おりまぜのセットリストでおいしいとこどりだったけどちょっとは自分的には惜しい感じ。是非単独でまた来て欲しい泣く子も踊る科学兄弟。下がぐちゃぐちゃじゃなかったらおれも走って前行ってたよ映像がほんとすばらしかった。今度のトリのダンス系は前で見ようと心に誓ったようオアシスに移動し、居酒屋。そしてここにきて最後だからてことなのかなんなのか友達からの連絡が重なる重なるいままで結構な時間ソロ活動だったのになんでここで申し合わせたかのように皆揃ってまとまってぶけてくるんだよう分散してよいじめかいじめなのかと内心あたふたしながら乾杯、電話そして乾杯そして電話、そして乾杯。みたいなしかしお会い出来た皆々様、ありがとございましたそして近くまで来ていただいたのにお会いできなかった方もいてすみませんでした。。。そしてそんだけてんやわんや人に会っていたのに割とあっという間にみんな帰ってしまい、なぜか再びソロに。。え、みんないいのねえ最後だよまだいけるでしょそんなちょっと疲れたくらいで年に一度のお祭りをもう終わりにしちゃうのねえねえってば。。。久々夜のの雰囲気にすごく合っておったというかぶっちゃけいままでそこまでだったけれどホントかっこよかったのでこれはちょっと単独行きたいぞ、と。そこまで思わされました。あっぱれ岩盤ブースにてちょっくら踊った後昨日カジで大勝ちしたという友人子の様子を伺いにパレスへ移動。途中で友人イシカツ氏に出くわし、ケミカルの人いて写真とってもらったよーなどとうらやま話をきかされカジバーへ着くとやたらハイテンションの友達あっちゃんと遭遇ししばらく踊りながら談笑。で、このカジバー的なとこなんですけどね、そんな広くないんだけどっーかせまいくらいなんだけどいわゆるお立ち台みたいな感じの台があるわけですよ。まあちょっと登りたい人は登って踊っちゃえばいいじゃん的なね。そんで自分もせっかくなのでそこ登ったりなんかして外人のおっちゃんと踊ったりイエイイエイしたりしていると、まあそれはセクシーでゴージャスな衣装に身をまとったお姉様方がどこからともなくぞろぞろ現れてはお立ち台に登り、場内それはそれは大盛り上がっちゃったわけですよ。そしたらもうそりゃあここぞとばかりに絶好の位置にいるとしては写真写真っって撮りまくらざるをえないじゃないですか。(いや、素材としてね)でナイスアングルで写真撮ってたんだけどもさっきの外人のでかいおっちゃんがなんか踊ってる手とか写りこんできて、もうまじ邪魔おっちゃんどいておっちゃんもうだいぶそこで踊ったでしょもういいからいいから台降りようか下で踊ろうねとか思いながらもおっちゃんをよけながらギャル達を激写しているとそこへ友人このちょそが現れ、フーとテンション浮上そしたらまたもやこのちょそまでも「ケミカルの人にハグしてチューしてもらったのー」とのことだったので「まじかーよかったじゃん、か目撃談多いけどどこで会ったの」と返すと「えそこにいるじゃん」ええええええその邪魔だと思ってたおっちゃん、まさかのケミカルのエドまじかーかさっき一緒にお立ち台登って踊ってたときケミカルのかかって横で一緒にフーーーっっって踊ってましたけどおっちゃんの曲だよねいやあ全然気付かなかったそんなこんなでその後ご機嫌なエドはスターオーラをかき消し、踊ったりなんだりしながらただの酔っぱらいと化して朝方までそこいらに居座り続けてたよね。おれのメガネを貸して写真とってあげたらえらい喜んでおり、オウマイフレンドなんていわれちゃったりねイエスそんなこんなで朝まで踊り倒したのち、会場に別れを告げ、今年の我がフジロックに幕を閉じたのでありました。いやしかしそんな貴重な体験をしなんなんですが、とった写真を改めて見ていて、ひと疑問が。こい、本当にケミカルのエドだったのかいや、ケミカルのエドって普段アー写だとグラサンかけててあんま顔わかんないんだけども見比べてみると、なんか似てない。。。というわけでケミカル好きな方、どうか検証願います写真は後ほどまとめてうするけん。おまけいにのファッションスナップにのってしまった今年も宿のおかみさんがブログにあげてくれたようフーーーーあとのスナップにも枚のってますが割愛フーーーはあやっと書き終えたフジロック。。。ソフトSM
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ishu9wdmgr
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ishu9wdmgr/index1_0.rdf