初メジャーに挑む森田理香子「ここにいるだけで緊張する

September 12 [Thu], 2013, 11:18
現在、国内女子ツアーの賞金ランキングでは2位の堀奈津佳に3,000万円以上の差をつけてトップに立つ森田理香子が、今年の「全英リコー女子オープン」で自身初の海外メジャーに挑戦する。しかも、その場所は913 d3 ドライバーの聖地・セントアンドリュース。「メジャーどうこうという問題じゃない。ここにいるだけで緊張する」と、森田の表情は硬い。
日曜日は18ホールを歩き、月曜日は18ホールの練習ラウンド、この日火曜日も18ホールのプロアマ戦を行った。月曜日の1番ティでは「いろんな思いがあって、構えて打ったけど緊張のあまりすごいトップしてしまった」と苦笑い。「実際に来てみて、景色とか、空気とか、思っていた以上にすごいです」と、感動しっぱなしだ。
師匠である岡本綾子からは、「イギリスのrocketbladez アイアンに慣れてきなさい。いつもと変わらず出来ていれば大丈夫」と言われたが、それが難しい。「今日もスコアが良くなかったので、不安ばっかり。試合になったらもっと緊張すると思うから、怖いですね・・・」。
幸か不幸か、この日発表されたペアリングでは、森田の初日は6時半にティオフする第1組の1番手。早い時間の好コンディションの中でホールを消化し、緊張からもいち早く解放されたいところ。「ティショットを決めたところに打つこと。バーディを獲っていくコースじゃないから、我慢するg25アイアンが必要。それを一番に掲げてやっていきたい」と、自らに言い聞かせた。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ishara201399/index1_0.rdf