おななだけどクリップスプリンガー

December 09 [Fri], 2016, 10:59
高校入学時に衛生看護科に進むと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。
でも、在学中に進路を変更したくなっても変更は困難です。また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、試験までの期間が短いために試験勉強や実習が不足して簡単には試験に合格できないという面もあるようです。看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいと感じる人も多いのです。看護学校はかなり厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。

看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとれることになっています。

月に8回までと国の指針では定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。病院における看護師の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師を辞める割合が高い理由のひとつと考えられます。


看護士の場合、求人はいっぱいありますが、希望に沿う条件での求人がある訳ではありません。看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤がない場所で働きたいと思う人が多いはずです。



望み通りのところに転職するには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。
看護師が転職をするにあたっては、将来のことを考慮して早めに行動を起こすことが大切です。それに、どのような条件を重視するのかを決めておく方がいいでしょう。



未来の自分の姿を明確に思い描いて、その希望に合った転職先の情報をちょっとずつ集めてください。

年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件もリストアップしておきましょう。
日本での看護師の年収は平均して437万円ほどです。ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになります。公務員看護師は給料の上昇する率も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合ですと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度開催されます。看護師不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを示し続けています。
看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格可能な試験です。看護師の勤務の形態は、他の職業に比べてかなり特殊であり、その上に職場によっても違います。

現場では一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれている場合が多いでしょう。

2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。
しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方が人気があります。看護士になりたい理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師になろうと思ったのかを入れたら印象が良くなるはずです。


転職の時の理由はこれまでに培った経験を有効活用したいより人の役に立つ技術を学びたいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。これまでの職場に対するマイナスのことは口にしないほうがいいです。



産業看護師は働く人の健康のために保健指導とかうつ病防止のための精神的な部分のケアも行うのです。
産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、職業案内所で見つけるのは不可能だと思います。

興味を持った人は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ください。

そういうサイトなら、産業看護師の募集も多数紹介されています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ほのか
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる