キミだけは 

2006年10月20日(金) 21時21分
キミだけは素直なままで

キミ自身を愛せるように生き抜いて欲しい

死ぬことは生きることの一部 

2006年10月20日(金) 21時11分
なんとなく何も考えられないときもあるけどなんだか考えてしまう。
いつまで迷いながらこの道を歩いていくんだろう。
きっとずっとわからないことなんだろうけど。
難しいね。

いいことも悪いことも同じくらいの分量で神様はくれるのかな。

存在 

2006年10月20日(金) 21時09分
不可欠であり、でも意識はしない。
失って、そこで初めて気づく。
おろかな自分は
いつも、いつも大切なものを失っては後悔していた。

何度も、何度も繰り返しているのに
ほら、また無くしたものを憂いている。


バカだなぁ・・・・、ほんと。

記憶の果て 

2006年10月19日(木) 23時27分
こうして、離れていくのかな。

この想いから、遠ざかっていくんだろうな。

今日もココロで好きと繰り返し思って。

ボクは毎日を過ごしている。


何も伝わることがないのにも関わらず。


すれ違い 

2006年10月19日(木) 19時19分
似ている人を見かけたときに

似ている人だと決めつけてたり

似ている人だと言いきかせたり

顔を見ずにすれちがったり

それはそれで確かめられない

その人に似ているだけの

その人

許されず距離 

2006年10月18日(水) 21時16分
届かない想いは やがてどこへ向かうのだろう。

天国に召される 

2006年10月17日(火) 2時28分
友人が亡くなりました

あまりにも突然で言葉も涙もでません


どうしたって、あなたはもう帰ってこない。
どうしたって、あなたはもうどこにもいない。


今は現実?

月明かりの下で 

2006年09月29日(金) 18時08分
ボクねころぶ
キミしゃがむ

風吹き込む

ボクねころぶ
キミねころぶ

2人 キスする

風流れる

そんな夢


ハードコアな日 

2006年09月29日(金) 14時18分
取引先へ向かう途中に下町の花火屋さんの前を通りかかった所で、
何年か前の花火大会の日を思い出した。


○地元の花火大会に行った。

○花火大会当日、期限まで後1日だったが無事運転免許取得。
  受験番号が生年月日で、その時点で合格間違いなしと確信した。
  単純明快な自分。

○免許書交付時、収入印紙を購入し忘れ、危うく免許がもらえなくなりそうだった。
  結果的にもらえたので笑い話にした。
 
○花火の帰りトイレに我慢できずもれそうになって(立ちション禁止区域!看板たくさん)
  ラーメン屋にかけこみラーメン食べずにでてきた。

○2つ買った、たこ焼きが二つとも生焼けだった。

○やきそばを買おうと思って並んでいたらたこ焼き屋の列だった。
 
○串焼き1本300円のを3本買って歩いてたら
  1本500円の串焼きを見つけて300円の串焼きの写真を撮った。

○中学時代の友達がやっていた出店で豚キムチを買って
  いざ、食べようかと思ったら、もうなかった。

○ドトールのキャラメルラテフロートがフロートじゃなかった。

○親父が酒のつまみにしようと、魚屋から折角買ってきたイカ焼きをパクった。

○パクったイカ焼きをもって花火の陣地をとりにいこうと思ったら
  途中で魚屋のおばちゃんに呼び止められて同様のイカ焼きを
  もらった。思わずもっていたイカ焼きを隠す。

○「今年もこれか!なんだよ。今年もか!」と
  大声で叫んでるオヤジ。ウルさかった。だったら見るな、ワリャ。

○16年ぶりに再開した恩師。
  話に花が咲き、待ち合わせ時間に大幅遅刻。すいません。

○前のカップルが花火と共に何発もヤッテいた。
  キモチ悪かった。でも花火はキレイ。



花火、大好き。

キミとの時間 

2006年09月29日(金) 14時10分
キミがいるといつもふわふわして
暖かい夢見心地な空間に包み込まれる。

そうこの感覚。
懐かしいな。


恋心のいたずら

恋心の寂しい気持ち

恋心の素直な気持ち

恋心の勇気

キミと一緒にいると、
キミへの恋心がいろいろな表情を見せてくる。

至福の一時。

ボクにとって
キミとの時間は他の何にも変えられない大切な宝物。




そして、

その積み重ねが、

いつかきっといつまでもずっと一緒にいられる2人へと変わりますように





と、まぁ片思いしてるわけです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:is_my_life
読者になる
Yapme!一覧
読者になる