(無題)

September 30 [Sun], 2012, 10:22
 
 
  snow...no1〜出逢い〜
 
 
  〜〜♪〜〜♪
 
  [もっしー?ひかる?寝てたの?]
 
  受話器越しに響く少し低めの日向の声
  時計を確認するとお昼過ぎだ
 
  [んーーっ今起きたぁーー]
  [おはよう♪あんた今日学校行くの?]
 
  [ん〜日向わ行くのぉ?]
  [あたしはひかるが行くなら行くよ]
 
  [なら準備したら行くからまた連絡するね]
  [はいはーい]
 
  日向との電話を切ってあたしわまた目を閉じた
  それと同時に頭を撫でられキスされた
 
  [学校行くの?]
 
  寝起きで掠れた低いトーンの声
  目を開けると上半身裸の男
 
  [行くよ]
  素っ気なく答えあたしわ起き上がった
 
  鞄の中から化粧ポーチをだし
  急いで化粧をしはじめるあたしを見ながら
 
  また頭を撫でてくる男
  それを無視して化粧を続けるあたし
 
  あたし達の関係わセフレだ
 
  ただ寂しい時に会うただやりたい時に会う
  それがあたし達の関係
 
  お互い深入りわしない詮索もしない
  あたし達の条件
 
  愛なんかいらない他人に深入りなんかしない
  そのほうが楽だから
 
  化粧を終え金髪の傷んだ髪にアイロンを当て
  ストレートにして着崩した制服を着た
 
  [制服そそるね(笑)送るよ]
  そう彼に言われ日向の家まで送ってもらった
 
  [送ってもらってありがとう]
  [全然いいよ♪また後で連絡するね]
 
  [うん♪ぢゃあ行ってきます]
  [いってらっしゃい]
 
  そう言ってお互い当たり前のようにキスして
  車をおりて手をふった
 
  
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ruru
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/is2yuuuuuuu/index1_0.rdf