生命保険

August 08 [Sat], 2015, 15:35
生命保険に入っていれば事故や病気などの理由で死亡したときに受取人に保険金が払われます。、
万が一の事態に備えるには生命保険に入っておくのが一番合理的だといえるのです。
仮に保険でなく貯蓄で準備しようと思えば、30代・40代の一般会社員世帯では到底不可能でしょう。

以前は死亡保障が生命保険の一般的なものとなっていましたが、最近では死亡保障だけではなく、
医療保障や老後保障などに入るケースも増えています。これらを含めて「生命保険」と言われるのです。

生命保険は大きく分けて定期保険、終身保険、養老保険の3つがあります。
定期保険というのは、掛け捨てタイプが中心になっており、一定期間が終了すると保険は終了です。
その時点で解約金もありません。解約金がない分、保険料が割安で大きな補償を準備できるのです。

終身保険というのは、一生涯保障が続くという保険です。
一生続くということで何歳で亡くなっても保険金は支払われます。
主に相続税の支払いや葬儀費用の確保を考慮して入ることになります。

養老保険というのは、保障と貯蓄を合わせた保険です。
一見するとよく見えますが保険料は高額になっており、なかなか養老保険に入るには
家計に余裕がないと入れそうにありません。

最近注目の医療保険を準備するなら、
通販ではいることのできるメットライフ生命がいいかもしれません。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iryoutoganhoke
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iryoutoganhoke/index1_0.rdf