医療事務の資格の種類 

2012年05月24日(木) 7時00分
 前回の記事では医療事務の基礎知識を説明しました。今回は、医療事務の資格の種類と選択方法について説明しますね。

 医療事務の資格の中で知名度が高いのは、
 ・医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)
 ・診療報酬請求事務能力認定試験
 ・医療事務管理士技能認定試験
  の3つになります。

 ・医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)
  診療報酬請求事務業務、窓口業務等医療事務職の能力が問われる。
  合格率:50~65%程度。

 ・診療報酬請求事務能力認定試験
  診療報酬明細書を作成する能力が問われる。医療事務の資格
  というのはこれを指すことが多い。
  合格率:30〜40%程度。

 ・医療事務管理士技能認定試験
  治療費の計算、患者受付、診療報酬明細書作成などの能力が
  問われる。
  合格率:50〜70%程度。

 医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)と診療報酬請求事務能力認定試験の2つは、厚生労働大臣に認定されている資格です。3番目の医療事務管理士技能認定試験は、厚生労働大臣認定資格ではないのですが、長年の歴史があり信頼のある資格です。

 この3つの資格の中身は大きな差異はないのです。
それではもし取得するのならどれがいいのでしょうか?続きはまた次回にお話ししますね・・・

〜はじめに〜 医療事務の資格について 

2012年05月16日(水) 7時00分
 この不況の中を生き抜いていくために何か資格を、具体的に医療事務の資格を取りたいと考えている方もかなりおられるのではないでしょうか。

 
 そういった方で誤解されている人が多いのですが、「医療事務」の資格はひとつだけではありません。つまりどういうことかと言いますと「医療事務」の資格は複数あり、これらを総称して「医療事務」の資格と呼んでいるだけなのです。ですから「医療事務」という名前の資格は存在しません。

 病院に行って少し観察すればすぐに分かりますが、医者や看護師の他にも働いている人達が居ることに気付きます。医療事務に関係している人達です。

 医療事務の仕事は多岐に渡りますのでそれに伴って資格の種類も複数あり、一般的な資格だけでも10種類以上になります。

 医療事務資格の取得を目指す方は、最初に上記のことを理解し、取得したい資格を決めることから始める必要があります。

 急に決めましょうと言われても10種類以上もあるなかからどれを選択すればいいのか分からないと思いますので、次回の記事ではたくさんある医療事務の資格の種類とその中からどれを選べばいいのか、どうすれば取得できるのかといったことについてお話していきたいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:医療事務協力隊
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる