医療事務という資格は再就職にも有利。医療事務ならお給料も比較的よいし、需要もある資格です。

医療事務の給料 / 2009年08月22日(土)
医療事務の給料が気になるところですが、
雇用・勤務形態によって給与や収入は異なってきます。


正社員として雇用される場合、
医療事務の給与水準は各地域の一般事務職と同等程度と考えて良いでしょう。

地域的な格差や経験、年数によっても異なってくるので、
月給は10万円台から40万円までと大きな幅が見られるのが現状です。

一般的な相場としては、だいたい15〜19万円くらいでしょうか。


派遣社員の医療事務の給与は時給制で、相場としては1200円前後です。
しかしこれも、各人のスキルが反映されるので、これより多い人も少ない人もいます。


医療事務は、病院や診療所や薬局だけではありません。
企業の中の健康増進センターや
製薬会社などの医療関連企業などもあります。

そういったところでは、時給は若干高めで1500円以上の時給が平均的なようです。

パート社員の場合、時給は派遣社員と比較するとやはり若干低めで、
800円〜1200円くらいの間で能力によって増減されているようです。


医療事務


 
 
   
Posted at 21:28 / 医療事務の給料 / この記事のURL
医療事務は有利 / 2009年08月22日(土)
医療事務の資格は

厚生労働省が認定している公的資格2つと、
十種類以上の民間資格があります。



どれもいまのところ、現在国家資格はありませんが、
希望者に対して資格試験が行われています。


また医療事務の資格は国家資格ではないため
資格を取得しないと医療事務の仕事につけないわけではありませんが、

多くの医療機関では実際のところ
採用の条件として資格を取得していること求めているところがほとんどです。

スキルの証明としていずれかの資格を取得しておいたほうがよいと言えます。



代表的な資格:

●「診療報酬請求事務能力認定試験(厚生労働省認定試験)」

医療機関から最も評価が高い資格です。
医療保険や診療報酬支払制度に精通しているという証明になります。


●「医療事務技能審査試験・メディカルクラーク(財)日本医療教育財団)」
医療事務ができることを証明するために好適な、30余年実施されている有名な資格です。


●「医療秘書技能検定(医療秘書全国協議会)」
医療事務のスキルの証明だけでなく、
医療全般の知識と秘書の技能を持つ医療秘書として活躍できます。


この3つの資格は医療事務の仕事に就く際、大変有利になりますので取得しておくとよいでしょう。



ほとんどの資格は
年齢、学歴の制限がありません。

医療事務希望者は誰でも受けることができます。



 
 
   
Posted at 21:08 / 医療事務 / この記事のURL
医療事務は再就職にも有利な資格 / 2009年08月22日(土)
医療事務など、医療関係の資格は再就職に有利な資格です。

高齢化社会を迎えて、医療関係の仕事は需要も高くなっていますね。

ハローワークで求人情報を見ても、
病院の受付などの医療事務のパートの求人も多く出ています。


医療事務の仕事の内容は多岐にわたり医療機関によってもことなりますが、
大きく分けるとだいたい次のようなものではないでしょうか。

「外来患者へのサービス業務」
「入退院患者へのサービス業務」
「レセプト業務」
「秘書業務」
「その他の業務」


といったように、だいたい5つに分類できます。


最新 医療事務のすべてがわかる本



 
 
   
Posted at 18:02 / 医療事務 / この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ


 
 
 Powered by yaplog!
資格や仕事に関するキーワードで検索!
SEO対策済みテンプレート


医療事務