シフゾウがケフカ

August 10 [Wed], 2016, 18:09
介護士の勉強をするための学校には一般的に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。授業の内容などはそこまで変わらないのですが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。そして、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習時間が多く設けられているため、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。仕事場が介護現場であるだけに、介護士の責任は重く常に神経を使うことになりますし、そのために多くの介護士はストレスに悩まされます。


なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。
溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を知り、実行しているかということも、介護士というハードな仕事を続けていくためにはかなり重視するべき点ではないでしょうか。



「介護士」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていてローンを組むことを考えている際、比較的審査が通りやすいと言えます。ですが、介護士の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースでは注意しなければなりません。
スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと正規の職員として雇用されている介護士のように、安定している場合なので、介護士であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。

近頃は、ますます介護士は不足気味です。

介護士資格を持っているけれども、介護士をやっていないというケースは少なくありません。では、介護士不足の原因はなんでしょう。


それは、介護士の離職率が高いということが大きいと思います。
実際の離職率はどのくらいなのでしょう。なんと、常勤介護士で約11%にも上るのです。


大多数が女性の職場なので、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。高い給料をもらっている介護士でも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。一般的なほかの職業とは違って、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというようなその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。



しかし、メインの方の職場で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、その前に本業での介護士の仕事自体が、相当ハードなものとあって、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。介護士長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外にそれぞれの介護士に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。
普通に課長職といっても、その年収が企業によって違うように、介護士の収入も、勤めている介護施設の大きさで違ってくるのです。

そのほかの影響として、公立介護施設と民間介護施設、地域の格差等が影響しています。

稼ぎの良い公立介護施設に勤めるケースでは750万円位だと推測できます。介護士という仕事が激務であることには異論の余地がありません。勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、もし容態が急に変わったら大事になりますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いもすべて介護士の仕事となっております。

急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、人手の少ない夜間に限って患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、気の休まる時間はないくらい忙しい日もあるでしょう。

介護士が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。働く介護士が不足している介護施設などいくらでもあって、結果として、求人が大変多いわけです。


例えば今現在、勤め先で給料が相場より遥かに安かったり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、介護士が転職を希望するようになったわけは多様です。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、単に給料や労働条件だけを見ないで、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。殆どの介護施設において、介護士が十分に足りていないことは大きな問題です。
代表的な要因として介護士の仕事が過酷だということが挙げられます。法改正によって、医師の仕事を介護士が担当できるようになったため介護士にかかる負担が増え、勤務時間も長時間になって、休みを取るのも困難なのです。勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に辞める道を選ぶ人も多いのです。
もし、介護士が外科を勤務先として選択した場合の考えられる良い側面と良くない側面を知っておいた方が無難です。

これから手術を受ける患者や術後の患者のケアを行うことにより、介護士に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。考えられる短所はといえば、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長い間落ち着いて患者との関係を構築していくということが難しい点があります。
現在わが国では、インドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、外国人介護士候補生という方々を受け入れています。
ですが、介護士国家試験の勉強をして3年間の滞在期間中に介護士資格の取得ができなかった場合には自国に帰らなければならないのです。介護施設などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、とても大変だというのが現状です。

入院できるような大きい介護施設の介護士の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。
ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。
それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。そうすることで、それを活用できる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。

ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。



行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。公務員介護士になるには、国公立の介護機関で働くことです。



本来、職業としての介護士が長期にわたって務められる職業として勉強する人も多いのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけば安定性は確実です。

手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは魅力的なメリットです。少々昔の話ですが、介護士といえば極端に労の多い仕事であるという風に世間的に認知されていた節があります。
しかし、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できるといった事実について、急激に周知されてきているようです。
介護士の手にする給料というのは、家の屋台骨として充分に、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。つまり介護士というのは高給を得られる仕事であるのは確実です。


誰もが一度は見たことがあるであろう介護士の帽子。あの帽子というのは、介護士を志す学生たちが、介護施設の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが介護士の帽子といえるでしょう。そうはいっても、ここ最近においては介護士の着る制服というのも変遷を遂げており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。
過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは悲しい気もしますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。


実は、介護士にはちゃんとした階級が存在するのです。


トップに位置するのは、ほとんどの介護施設では総介護士長や看護部長と呼ばれている人たちです。

どういう人が出世するのかというと、長い間同じ介護施設に勤めて実績を残しておき、周りの人間の信頼を得るように努力することが必須になります。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ高収入になる事は間違いないでしょう。
入院設備のある介護施設に介護士として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子供がいる介護士にしてみれば不安材料となります。
子供が小学校に入るまでならば24時間保育を行っている保育所の利用や介護施設付随の託児室があればそこへ預けることもできますが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。

なので、パートで働く形に変えていくという介護士も相当数いると思われます。


介護士として、初めての介護施設勤務を始めた新人であったり、別の介護機関から転職してきたばかりの介護士に多いのですが、残業したことによって支払われるべき給金が払ってもらえないことがあるようです。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、新人だということは何の言い訳にもならず労働に関する法律に、明らかに違反しています。

就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、働いたらその分はちゃんと、対価をもらう権利があります。今どきの交代制勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、介護施設に勤務する介護士があります。職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、多くの介護施設では、病棟の方に人材を割くので介護士経験が浅い間はほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。
私の話になりますが、妻が介護士としてシフトに入っていましたから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって困った事を覚えています。入院施設のある介護施設に勤める介護士は、夜勤が必須の職業です。
具体的な時間帯ですが、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。
一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、3交代勤務の夜勤は夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。希望する介護施設がどういった交代勤務を採用しているのか早めに調べた上で検討することをおススメします。

病棟勤務の介護士は12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によってみんなが夜勤を務めます。


夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて医師と介護士も含め、人員がだいぶいなくなり、夜中の少人数体制の中で腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おそらく日勤を超えるでしょう。

意外に思うかもしれませんが、介護士の求人がある勤務先に実は、保育園があります。


保育園を職場にするのは、小さな子供が好きな方や育児の経験がある介護士であれば、理想的な職場だと思います。
ちなみに、どういった仕事かというと園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという働きがいのある仕事です。


介護施設で介護士として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどのくらいだと思いますか?資格を取得するための介護士国家試験の合格率は、90%前後となっています。試験内容自体が、専門学校や大学の講義を普通に勉強していた人だったら十分に合格できるものですので、全く介護士の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。

総じて介護士の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。

具体例として、二交代制の介護施設勤務について言うと、休憩を挟むとは言っても、全部で16時間勤務になるようなこともあります。

このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、一般的に、介護士の勤務というものが過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。



休みを自由にとれて、興味があってしてみたい、という仕事を選べたりもする、等々があえて派遣で働くということを選んだ介護士にとっての、主なメリットでしょう。
勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期で働ける方歓迎、というものもあって派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。ですから、今現在、仕事を探している人は条件を選べる介護士派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な介護士という仕事ですが、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。

挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。そして、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、何より介護現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。そういったことをわかった上で、介護士という仕事を目指そうとする人が大勢いるというのは、良くない点を打ち消せる程に長所も多いということに他なりません。数年ほど、介護士として働いているのですが、気付いたことは、介護士はどうやらタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。タバコが有害という認識が広まったこともあって、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。そして、飲み会などでみかける、介護士たちの酔っ払い方は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。患者という立場から見ると優しい言葉をかけてくれる介護士は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。


でも、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。覚える必要のある仕事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。このような仕事のストレスで、こころの病に侵される介護士も珍しくないのです。介護士の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、趣味がなくストレス発散が苦手というタイプは、注意が必要です。どういった場合に、介護士がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、回復して退院した患者さんが、後に改めて介護施設まであいさつにきてくれた時です。


また、特に患者さんのご家族から笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。

よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、やりがいを覚えなくなったら、介護士を辞めることを思って、悩むでしょう。



介護士として、初めての介護施設で働きだそうとする際、どこに配属されるかは大変気になりますが、大体希望を叶えてくれるケースも多いですが、人事担当者の考え次第で左右される場合もあるかもしれません。
配属先の決定は、介護施設側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、そこに配属になる事が多いのです。でももし、その配置に不満がやまないのなら新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヤマト
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/irwcsgtaaretti/index1_0.rdf