視力回復手術、角膜フラップの作成は重要 

July 26 [Sat], 2008, 22:09
視力回復手術の手順のなかで、角膜フラップの作成は重要な最初の山場です。視力回復手術の時間は、両眼同時の手術の場合でも約20分くらいであっという間に終わってしまいます。視力回復手術で全身麻酔ではありませんので、リラックスして寝ていればよいのです。視力回復手術の患者さんに安心感を持っていたただくために、女性患者の場合は、人形を抱いてもらったり、また、看護婦さんが最後まで手を握り続けることもあります。最初に視力回復手術をする側の眼にドレーピングが行なわれます。一回で両眼の視力回復手術を行なう場合、左右どちらの眼から先に手術を行なうかは、クリニックによっても違うようですが、多くは右眠が最初になります。

ドレーピングの目的は、視力回復手術時にまつげが障害にならないよう覆うためです。テープを使用することもあります。片眼を視力回復手術する場合は、通常は矯正量が少ない眼から行ないます。視力回復手術では開眼機で眼の周りが引っ張られるような感じを受けるようです。医師も、患者さんが驚いたり、痛みを軽減させる意味でも、患者さんに声をかけながら、ゆっくりと上下に広げていきます。視力回復手術では、マーカーにインクをつけ、角膜に、幾何学模様のマークを付けます。角膜上に、マイクロケラトームが設置された吸引リングをのせます。視力回復手術中の角膜フラップが、ここでも、患者さんは少し違和感を覚えるようです。

視力回復手術の痛みはほとんどありませんが、眼に圧力がかかるために、患者さんは、見え方が暗くなったり、一時的に見えなくなることがあります。視力回復手術は、特に心配することはなく、吸引リングを外せばすぐ元に戻ります。
視力回復手術での吸引リングが正常にのっていて、位置がよければ吸引が開始されます。眼圧計を角膜上にのせ、吸引後の眼圧を測るのは、吸引が正常に行なわれたかどうかを確認するためです。

視力回復手術では、角膜の表面を薄く削ってめくる 

July 26 [Sat], 2008, 22:11
視力回復手術では、マイクロケラトームによって角膜フラップを作ります。フラップの厚さは200ミクロン前後で、視力回復手術の特徴と人気の秘密は、このフラップの作成にあります。視力回復手術では、角膜の表面を薄く削ってめくり、ほんの一部 (ヒンジ) を残してフタのようなものを作ります。視力回復手術でフラップ作成が終了しますと、マイクロケラトームを外します。完壁な視力回復手術を終了させるためには、患者さんの協力が欠かません。角膜にレーザーを照射するとき、時にしてわずか20〜40秒くらいですが、この間、絶対にをキョロキョロしないことです。

視力回復手術でレーザーを照射するとき、前に医師から合図が出されますから、目標をじっと見つめている必要があります。視力回復手術のときにレーザーがずれてしまうと、矯正力が落ちたり、視力が予定通りにならないことがあります。視力回復手術の将来構想としては、レーザーが患者さんの目の動きをキャッチし、患者さの目の動きにそってレーザーが照射される機械が開発されます。視力回復手術では精密な金の棒のようなものを、フラップの下に挿入して反転させて吸着スポンジの上にのせます。水分が含まれた吸着スポンジにフラップをのせるのは、乾燥させないためです。患者さんの頭位を確認し、フラップの作成が終了しますと、視力回復手術のためのレーザーの照射がスタートします。

視力回復手術では、レーザーを正確な位置に放射 

July 26 [Sat], 2008, 22:12
視力回復手術では、レーザーを正確な位置に放射するために、医師から声に従って、前方にみえる光をみてもらいます。ここは視力回復手術のなかで角膜フラップがめくられた状態なので、はっきりとは見えませんが、オレンジ色の明かりを見えてきます。視力回復手術では、マイクロスポンジで、レーザーを照射する角膜、つまりフラップ下の角膜実質層の水分を吸引します。これで、レーザー照射の準備が整えられたことになります。ここは視力回復手術の第二の山場ですが、角膜実質層にレーザーの照射が開始されます。視力回復手術ですから角膜実質層を精密に削り、角膜の屈折状態を変化させ、光りを網膜に集中させます。痛みはありませんが少し音がしますので、患者の方々驚かないように医師から事前に声がかけられます。

視力回復手術で照射されている時間は、屈折度数の矯正によって個人差もありますが、約2分以内です。レーザーの音が消えたら、視力回復手術はほぼ完了となります。まれなケースですが、例えば視力回復手術中、小さなトラブルが生じる場合もあります。このときは医師が視力回復再手術を前提にして手術をストップします。これで3カ月ほど延ばすことになります。視力回復手術の失敗とは考えるべきではなく、非常に精密な近視手術ですすから、ほんの小さなトラブルでも発覚した場合、術後の不正乱視、角膜斑などを考慮し、手術を続行しない方が賢明だからです。ほとんどのケースは3カ月後視力回復の再手術をし、正常な視力がかなえられます。

視力回復手術では、フラップの内側を洗浄 

July 26 [Sat], 2008, 22:13

視力回復手術では、角膜実質層の部分や、めくってあるフラップの内側などに分泌物や異物が残らないように十分に洗浄します。洗浄が充分でないと、後で異物が残って面倒なことになりますので、ここでは念入りに洗浄する必要があるわけです。視力回復手術では、反転して吸着スポンジの上にのせてある角膜フラップを、再び元の位置に正確に戻します。これも正確に戻さないと後からズレが生じてしまいますので、フラップが正確な位置に戻っているかどうか、視力回復手術前に付けたマークの一致などによって充分に確認しなければなりません。吸着スポンジを外し、フラップのしわなどをのばします。この後の工程は、視力回復手術術の終盤です。

視力回復手術において、角膜フラップの接着が確認されたところで、違和感があった開眼器が除去されます。その後、医師から指示に従って、まばたきをしてもらいます。視力回復手術の際にレーザーによって開いた角膜フラップがしっかりと付着して充分に安定したかどうかを確認するためです。この後、抗生剤、ステロイド剤の点眼をして視力回復手術が終了します。視力回復手術の最終段階で、必要に応じて、鎮痛剤を処方することもあります。点眼麻酔からスタートした視力回復手術が終了し、最後の点眼までの時間が約10分ですのでいかに短時間で終了するかを理解して頂けるのではないかと思います。

視力回復手術が終われば、その日に帰宅 

July 26 [Sat], 2008, 22:14
視力回復手術が終われば、その日にのうちに帰宅することができます。視力回復手術後の検査はひじょうに重要でです。万が一の事態に備えなえておかなければならないからです。視力回復手術後の検査に関するq&Aは、視力が回復するまでの過程および注意事項などについて答えます。視力回復手術を終わっても、それで全てが終わったわけではないのです。しっかりとそのことを認識しておきましょう。視力回復手術後のフォローがひじょうに大事だからです。視力回復手術後の翌日に行なう検査が最も重要です。なぜなら、手術に支障が起こったとしても、翌日の対応で解決できることが多いからです。視力回復手術後の対応が遅れれば遅れるほど処置が難しくなることを覚えておいてください。

視力回復手術後、目をこすってしまい、角膜フラップにしわができることがあります。もし、翌日の視力回復手術後検査で気が付けば、治療処置には全く問題がありません。視力回復手術をおこない、すぐに目をこすり、そのまま放置しますと、不正乱視が起こる可能性が高くなります。視力回復手術後翌日の検査が大変に重要になるのはこのためです。視力回復手術をした翌日に視力が回復したとしても、検査を休むようなことはしないようにこころがけましょう。視力回復手術後の翌日の検査で問題がでなければ、その後も問題が生じるようなことはまずないと言ってよいでしょう。角膜上皮が完全に再生するまで約3日前後かかります。約3ヶ月ほどで、視力は完全に安定してくるでしょう。
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像もう無理www
» 視力回復手術、角膜フラップの作成は重要 (2009年05月11日)
アイコン画像ジニアスeye
» 視力回復手術、角膜フラップの作成は重要 (2008年11月09日)
アイコン画像盗賊
» 日焼け止め対策リンク集 (2008年10月19日)
アイコン画像ぷるん
» 日焼け止め対策リンク集 (2008年10月05日)
アイコン画像視力回復法研究会
» 視力回復手術、角膜フラップの作成は重要 (2008年10月01日)
アイコン画像視力回復法研究会
» 視力回復手術では、レーザーを正確な位置に放射 (2008年10月01日)
アイコン画像汁大臣
» 日焼け止め対策リンク集 (2008年09月30日)
アイコン画像みしゃ
» 日焼け止め対策リンク集 (2008年09月26日)
アイコン画像50t
» 日焼け止め対策リンク集 (2008年09月25日)
アイコン画像隙間男
» 日焼け止め対策リンク集 (2008年09月23日)